イメージを意図した形にする思考

1d0e5dd474426561836ecf64dbc0f9f8 - イメージを意図した形にする思考

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回の内容は
インスピレーションやアイデアが出た際、
それを具体的に表現しやすくする方法です。

スポンサーリンク

良いアイデアがあっても
なかなか形にならない。

アイデアがあっても
「どう形にすればいいんだろう。」
「何が一番相応しい形だろか、、」

そう思いつつ
「とりあえず形にしてみよう。」
「今すぐ作業をしよう。」

そう意気込んで、試行錯誤して
つくったりデザインしても
納得できないものができるだけ
ってことありませんか?

それはアイデアの変換が
うまいことできていないからです。

スポンサーリンク

アイデア・イメージの変換

それを解消するのが、
「抽象的なアイデアの言語化」です。

つまり、デザインや制作する前に
イメージしたものやアイデアを
あなたの中で言語化してしまい、

その表現方法や伝えたいことを
明確にするということですね。

例えば、

  • スポーツ系のイラストなら
    生き生きした躍動感あるイラスト

  • 保険会社のビラなら
    クールで真面目に見える
    信頼が伝わるようなデザイン

このように言語化することにより、
相手に伝わるデザイン・作品を
つくり出していくことができます。

言葉として表現する。

そのためには、まず普段から
イメージを言葉にする必要があります。

colorful webdesign18 300x218 - イメージを意図した形にする思考

例として「ケーキ」をテーマにした
デザイン・イラストならば、

「甘い匂い香る美味しそうなケーキ」

というように相手に伝わりやすいように
要素を加えて言葉にしてみます。

このとき、理想とするケーキに
形容詞や形容動詞をつけることで、
具体性を持たせることができます。

言葉(言語)にしただけで、
想像できるくらいになれば完璧です。

あとはこのように
イメージを少しずつ言語化できれば

必ずあなたは、自身の思い通りの
表現方法ができていくでしょう。

イメージした言葉がでないなら
調べてみるのもありです。

早速1つ言語化の練習

下図の画像を言葉にして見ましょう。

stunningmesh graphic poster5 300x188 - イメージを意図した形にする思考

「どうですか、言語化できましたか?」

今回は、ぼくが選んだ画像でしたが、

実際には、あなたが作りたいものの
アイデアやイメージを言語化したり
依頼者のイメージの言語化です。

少しずつ意識して言葉に
変換できるようになっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする