デザインの意味と本来の姿。あなたは勘違いしているかも?

スポンサーリンク
lgf01a201411170600 - デザインの意味と本来の姿。あなたは勘違いしているかも?

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は「デザインという言葉」に
ついてお話したいと思います。

デザインとは何なのか?

あなたはデザインと聞くと
どういう言葉を想像し思い浮かべますか?

「クリエイティブなこと?」

「オシャレなこと?」

「洗練されたこと?」

などのことを想像しがちです。

この記事を読み終える頃には

あなたは「デザインって?」と
説明や意味を聞かれても迷うことなく
はっきり答えることができるでしょう。

また、あなた自身の
「デザイン」という言葉の理解が深まり
どこかで、もやもやしていた
概念や本質がはっきりしてきます。

それがデザインする際や作品作りの過程で
良い影響を与えてくれると思います。

スポンサーリンク

デザインの正体

では、デザインとは何かというと
「問題解決の手段」ということです。

これを理解するのが大切。

デザインという言葉は、

  • 意図(工夫をめぐらすこと。傾向) 

  • 計画
  • 設計、図案 

  • 構想

という意味が広義です。

補足として

語源はラテン語のデザインという言葉で
DESIGNARE = 指示・表示する。

DE(off,out)+SIGN(mark)

形態や意図に関わらず、人間の行為(その多くは目的を持つ)を
より良いかたちで適えるための「計画」も意味する。
人間が作り出すものは特定の目標を持ち、それに適うよう
デザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。

– Wikipedia

デザイン【design】(名)スル
作ろうとするものの形態について、
機能や生産工程などを考えて構想すること。
意匠。設計。図案。「自分でーした服」

– 大辞林

勘違いされやすいデザインの意味

これからもわかるように
デザインという言葉には
見た目に関する記述がないんです。

「あの服のデザインかっこいいよね。」
「このポスターデザイン好き。」

など見た目を褒めるのに
私たちは何気なく使っています。

ぼくも見た目に対して
デザインという言葉を使うので
これが悪いという訳ではないですが

デザインは「見た目」ではなくて
「手段」だと分かれば、

何か、見た目で悪い評価、批判を
受けてもその過程がだめだったんだと
思えるので落ち込まなくて大丈夫です。

逆に言えば、過程や手段を磨けば
見た目の評価もあがっていきます。

つまり、デザインの見た目の評価は
あくまで結果であり目的ではありません。

なので、デザインとは何か迷ったら
問題解決のための手段だと
思い出してくださいね。

それと合わせてデザインしたものが

  • どのような過程できたか。 

  • 何を使ったか。
  • 手段はどうだったか。 

を見直すことも大切です。

デザインで見直すことは

grocery list 1670408  340 300x200 - デザインの意味と本来の姿。あなたは勘違いしているかも?

一度最近、デザインしたものを
思い出して見て下さい。

そしてデザインしたものをつくる過程で
良かった・悪かった手段、方法を
最低1つずつ書いて見直しましょう。

これを毎回し、合わせて
デザインは見た目ではないと
しっかり理解していって下さい。

スポンサーリンク

シェアする