ロングテールキーワードの基礎知識・選び方「SEO対策」

seo-search

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、ロングテールキーワードの
選び方のコツ等を紹介する記事です。

スポンサーリンク

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードって一体何?
SEOに効果があるって聞いたんだけど、
実際はどうなのかを知りたいと思っている。
それと合わせてロングテールキーワードの
選び方や記事の書き方なども学びたい。

そういった疑問を解決していきます。

この記事では、SEOで大切な概念である
ロングテールキーワードの選択の方法と、
ロングテールSEOのメリット等について
分かりやすく解説していこと思います。

2020年、個人ブロガーにとってSEOは、
かなり厳しくなっていると言われますが、
ロングテールからニッチなキーワードを
攻めることで、収益に繋げることも可能。

そして、ビックワードで上位表示も実は
無理な話ではありません。

これからSEOにチャレンジしたい人にこそ
SEO攻略の1つの要素であるロングテール
キーワードの重要性を知って欲しいです。

この記事を読み終える頃には、
ロングテールキーワード知識が0の状態から
ロングテールキーワードで収益アップさせる
方法を理解することができることでしょう。

では、前置きはこの辺にして。

※この記事は「ブログで広告収入を稼ぐための
手引き「具体的な仕組み・方法・手順」の
ステップ ⒄ に該当する記事となっています。

スポンサーリンク

ロングテールキーワードの基礎知識

「ロングテールキーワードの基礎知識」

  • ロングテールキーワードとは
  • ロングテールSEOとは

  • ロングテールキーワードのメリット

収益アップの方法を知る前に、そもそも
ロングテールキーワードとは何かという
基本的なことについて紹介していきます。

① ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは、
検索数の少ない複合キーワード
(例: 〇〇 〇〇 〇〇) のことを示します。

例えば、大手ECサイトを運営している
 Amazonは、ロングテール戦略で大きな
成長を遂げたと言われています。

当時、人気の少ない商品を買う方法が
なかったのですが、Amazonは人気のない
商品もECサイトを通して販売することで、
ニッチな需要に応えました。

人気ではないけどコアなファンいる商品は、
販売経路さえあれば確実に売れていきます。

ロングテールキーワードも同じように
ニッチなキーワードを狙って記事を書く際、
使うキーワードです。

② ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、
ニッチなキーワードを狙うことで、
検索流入を増やすSEOの手法です。

例えば、「SEO」のようなビッグワードは
競合が強いですが、「SEO おすすめ 本」
のようなロングテールキーワードであれば、
上位表示を狙うことも不可能ではないです。

ロングテールキーワードは検索ボリュームが
少ないため、記事を量産していくことで、
ビッグワードに対抗する必要がありますね。

(ロングテールキーワードの選定方法は、
後ほど説明していきます。)

③ ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードを利用する
メリットは、ロングテール記事を積み重ね
ビッグワードで上位表示させれることです。

もう少し噛み砕いて説明すると、
以下のようなメリットになります。

「ロングテールキーワードのメリット」

  • コアなニーズに応えて収益アップできる。
  • 個人サイトでも企業サイトに勝てる。

  • 積み上げればビッグワードも狙える。

ロングテールキーワードを頑張ることで、
検索されたニッチなニーズを満足させて
収益アップしつつ、積み上げることにより
ビッグワードでも上位表示を狙えます。

大資本で攻める企業サイトもカバー不可能な
ロングテールキーワードを狙って書ければ、
個人サイトでも企業サイトに勝つことだって。

ロングテールキーワードで収益を
アップさせる方法

「ロングテールキーワードで収益UPの方法」

  • ロングテールで収益UPの仕組み
  • ロングテールの積み上げでビックワード

  • ロングテール記事は3,000文字以上

続いて、実際にロングテールキーワードで
収益アップさせる方法について解説します。

① ロングテールで収益アップする仕組み

ロングテールで収益アップする仕組みは、
「サイトへのアクセス→ 広告クリック→
 コンバーション」です。

「普通のSEOアフィリエイトと
何も変わらないのでは?」と思われる人も
いらっしゃるかもしれませんが、基本的に
ブログやアフィリの収益の構造は同じです。

通常のSEOアフィリエイトと違うポイントは
検索ボリュームが少ないため、記事を大量に
作ることでアクセス数を稼ぐ必要があること。

例えば検索ボリューム5,000のビッグワードで
1位をとった時と、検索ボリューム500の
ロングテールキーワードで1位をとった時では、
アクセス数に10倍の差が出ます。

つまり、ロングテールで収益アップする方法は、
ニッチな記事を大量に作るということですね。

② ロングテールを積み上げて
ビックワードをとる。

今はロングテールキーワードを狙うけど
いつかはビッグワードでも上位表示させたい。
このように思われている方に朗報です。

ロングテールキーワードは、積み重ねれば、
ビッグワードでもSEO上位を狙えます。

例えば、「漫画 おすすめ 恋愛」
「漫画 おすすめ アクション」
「漫画 おすすめ ファンタジー」等の
ロングテールキーワードを1ずつ狙います。

  • 「漫画 おすすめ」
    ∟「漫画 おすすめ 恋愛」
    ∟「漫画 おすすめ アクション」
    ∟「漫画 おすすめ ファンタジー」

上記のように、ロングテールキーワードで
まずは上位を狙います。

その後、ビッグワード記事への内部リンクを
設置することにより、ロングテール記事への
アクセスをビッグワード記事へ繋げることが
可能になってきます。

③ ロングテール記事に必要な文字数は
3,000文字以上

ロングテール記事に必要な文字数は、
3,000文字以上です。

理由は、ロングテールキーワードとはいえ、
最近のSEOはコンテンツが命です。

検索意図を満たしつつ、ユーザーを100%
満足させる記事を書くには3,000字程必要。

正直いうと、1記事1,000文字程度では、
ロングテールとはいえども上位を狙うのは
現実的に厳しいと言えます。

文字数が正義ではありませんが、
ロングテール記事でも最適なコンテンツを
作り上げることをしっかり意識しましょう。

ロングテール=情報量が少ないという場合が
多いので、コンテンツ内容が充実している
ロングテール記事を投下することで、
他の競合を差し置いて上位を目指せるはず。

ロングテールキーワードの選び方

「ロングテールキーワードの選び方」

  • ビッグワード+関連キーワード
  • 検索ボリュームは気にさなくてOK

  • キーワード選定をしたら記事量産

最後に、ロングテール記事のキーワード選定の
方法について、話したいと思います。

① ビックワード+関連キーワード

ロングテール記事のキーワードの選び方は、
「ビッグワード+関連キーワード」です。

関連キーワードとは、
ビッグワードと一緒に検索されることの多い
キーワードやサジェストワードのことですね。

例えば、Google検索窓に「漫画 おすすめ」
というビッグワードを入力してみることで、
サジェストワードが表示されます。

「漫画 おすすめ 〇〇」の〇〇の部分が、
つまりサジェストワードにあたります。

ロングテール記事は、このようなサジェスト
ワードを参考にしながら、キーワード選定を
行なっていきましょう。

② 検索ボリュームは気にしなくてOK

「ロングテールキーワードは検索ボリュームが
少ないから、書いても意味がないのでは?」

こんなように思われる方も多いと思います。
しかし、ロングテール記事を書いていく際は、
基本的に検索ボリュームは気にしなくてOK。

検索ボリュームが少ない記事だとしても、
思わぬワードで流入することがあります。

なので、検索ボリュームにとらわれずに、
ニッチなキーワードを攻めていきましょう。

③ キーワード選定をしたら記事の量産

狙いたい記事のキーワード選定が終われば、
あとはひたすら、コンテンツの内容が
充実した記事を量産していきましょう。

ロングテールSEOは、陣取りゲームだと
よく言われていますね。

キーワード選定をしてからコツコツと
ブログの記事を積み上げていくことで、
ビッグワードでも上位表示されるように
なるはずです。

まとめ、ロングテールSEOで
ニッチな記事を書いていこう。

今回は、ロングテールキーワードで
収益アップをする方法を紹介してきました。

ロングテールSEOは地道な作業が多いですが、
1本1本のコンテンツを充実させましょう。

では、今回はこの辺で。

スポンサーリンク

シェアする