「デザインと視覚階層」相手の目線を誘導させる方法

large - 「デザインと視覚階層」相手の目線を誘導させる方法

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は 「デザインにおいて大切な視覚要素」
についてお話しようと思います。

スポンサーリンク

デザインと視覚

この概念が分かっていると

あなたのデザインしたもの・作品の
1番見てもらいたいところに
相手の目線を誘導できます。

特に、webでは目的のものを
クリックさせたりすることができますし

ポスターやビラ、広告などでは
相手を目的の場所に足を運ばせたり、
行動を促せたりすることも可能。

スポンサーリンク

視覚を操作する。

今回の概念は「視覚階層」です。

視覚階層とは、
「人間の目が対象物を把握する順番」
のことです。

階層といっても大きさだけでなく
色の場合もあります。

基本、人はそのデザインに占める
要素の割合の大きい順に

それが重要度が高いと判断して、
自然とその順に目がいってしまいます。

さらに、目立つ位置にその要素を
置くことで的確に相手の目を
誘導することが可能なんです。

その具体的な視覚誘導

では、どうすればいいかというと
まず、そのつくる目的に応じて
デザイン上の要素に順位をつけていきます。

つまり、何を優先すべきか考えていきます。

下の画像を例に挙げて簡単に説明すると、

2014 04 03 14.40.05 300x184 - 「デザインと視覚階層」相手の目線を誘導させる方法

  1. まず最も目につくのがハンバーガーで
    ( 食べたくなります。)

  2. 次に左の説明
    ( 購入を刺激します。)

  3. 最後に上のリンク、メニュー
    ( 何処で購入できるのか、他の商品)

といった順に目を運ばすことができます。

典型的な「視覚階層」になっています。

このように相手にどの順で
要素を伝えたいのかを考えて
大きさを変えて配置していきましょう。

webサイトを例にとって説明しましたが
ポスター、ビラ、リーフレット、雑誌など

どんなデザインであっても
使うことができるテクニックです。

実際にどう使われているのか。

下の画像の視覚階層を意識して
見てみましょう。

JRunway EC1 - 「デザインと視覚階層」相手の目線を誘導させる方法

「意識してみれましたか?」

このwebサイトも巧みに
「視覚階層」を利用して
お客さんの物欲を仰ってきます。

視覚階層のテクニックをマスターし
良いデザインを作っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする