デザインの考え方・仕事の仕方が学べる書籍・本まとめ

cloud-worry

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザインの考え方・仕事の仕方が
学べるような書籍を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

デザインの考え方・仕事の書籍・本

デザインを学ぶ前に、デザインの基本の
全体像をザックリと押さえておくことは
大切のことです。

そこでこの記事でデザインの考え方や
仕事の仕方の基本を学ぶことができる
おすすめの書籍・本を紹介。

ぼくが、デザインの勉強をしていく中で、
参考になったもの・役立ったものの中から
デザインの初心者には、是非読んで欲しい
書籍を厳選してまとめています。

初心者はもちろん、既にデザイナーとして
活躍するベテランの方も改め考えを整理し
より良いデザイナーになるためには
是非読んでおきたい書籍・本になります。

どんな本なのか、どんな人におすすめなのか
簡単に説明しているので、世の中に存在する
多くのデザイン関連の書籍・本の中から、
購入を判断するための参考にして下さい。

スポンサーリンク

デザインの考え方・仕事の仕方を
学べる書籍・本

「デザインの考え方・仕事の書籍」

 系統  書籍名
 デザインの
 考え方・仕事の仕方
 たのしごとデザイン論
 なるほどデザイン
 デザイナーになる!新版

たのしごとデザイン論

デザインの仕事のあり方が分かる書籍。

 特徴 ・グラフィックデザイナーである
 カイシトモヤさんの著書。
・デザインを仕事にする上で考え方の初歩が
 易しく丁寧に書かれている。
・クライアントとの関係、仲間との関係等、
 デザイナーとしてどう活動するかについて、
 考えるきっかけになる良書。
 おすすめの人 ・これからデザイナーを目指す人
・デザインを楽しく仕事にしたい人
 その他 ・著者はデザイン事務所 room-composite
 代表であり、東京造形大学でグラフィック
 デザイン専攻領域の准教授をされている方。

なるほどデザイン

目で見て楽しめる、分かり易いデザイン解説書。

 特徴 ・文字を読んで理解するのではなくて、
 図解やイラストで見て理解する感じの本。
・内容も面白く、スラスラ読み切れる。
・デザインする上で必要な基礎、概念、
 ルール、プロセスが図解やイラスト、写真等
 ビジュアルで丁寧に解説されている。
・この本のデザイン構成と伝え方そのものが
 とても参考になる。(デザインの表現や企画に
 役立てたい内容)
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ人
・デザインを依頼する企業の広告宣伝担当者
 その他  

デザイナーになる!新版

グラフィックデザイナーの永井弘人の著書。

 特徴 ・デザインの基本と活かし方を学べる書籍。
・デザイナーになるための入門書として、
 デザイナーの心構えから、仕事の流れまで
 丁寧に解説されている。
・事例ごとにデザインの要素を解説している
 ページはとても勉強になる。
・グラフィックデザインの仕事の全体像を
 把握できる。
 おすすめの人 ・これからデザイナーを目指す人
・デザインの仕事のやり方を見直したい
 デザイナーの人
 その他 ・著者は、atooshi代表、東京デザイナー
 学院で非常勤講師もされている。

デザインを楽しむために、基礎となる
考え方をしっかり学ぼう。

この記事では、デザインの考え方が
解るような入門書をまとめました。

定期的に書籍を読み、色々なデザインの
考え方や手法、テクニックを知ることで、
よりデザインの仕事が楽しめると思います。
気になったら書籍は確認して見て下さいね。

その他のデザイン関連の書籍は、
下のまとめ記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする