デザインをする上で大切なフォント・書体の選び方

o0789043613225552356 - デザインをする上で大切なフォント・書体の選び方

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はあなたのデザインにおける
フォントの選び方と使い方について
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

フォントを学ぶ前に

デザインのクオリティを大きく
左右せざるを得ない要素の
1つとしてフォントがあります。

フォントのことを知ることで
ビジュアル面において大きく
デザインを引き立てれるでしょう。

「フォントを選ぶこと」もデザイン。

意外にも感覚で選んでいる人が
実はとても多いので勿体無いです。

スポンサーリンク

フォントの種類

あなたは、沢山あるフォントの中から
どのようにフォントを選んでいますか?

フォントの種類は、沢山ありますが、
大まかに分けると3つです。

  • 明朝体

  • ゴシック体

  • デザイン書体

そして、フォントには
それぞれに役割があります。

  • 見出しに適した書体

  • 本文に適した書体

  • ヘッダーに適した書体

どのフォントがどれに適した
フォントかわかりますか?

フォントの適した組み合わせ

上の、質問の回答です。

見出しに適した書体は、
すぐ目に入ってこないとダメなので
「ゴシック体」になります。

本文に適した書体は、
長文を読んでも目が疲れてこない
書体が良いので「明朝体」になります。

最後にヘッダーに適した書体は、
インパクトがあるのが大切なので
「デザイン書体」となります。

つまり、

  • 見出しに適した書体 × ゴシック体

  • 本文に適した書体 × 明朝体

  • ヘッダーに適した書体 × デザイン書体

ということですね。

個々のデザインで
若干の違いがあるときがありますが、
基本的には、これで大丈夫です。

なぜ明朝体が本文に適すのか。

3つの書体にそれぞれに
適したフォントを紹介しましたが、
「どうして、長文に適した
書体が明朝体か知っていますか?」

その理由は、明朝体には
横線に対して縦線が太いことと
「うろこ」と呼ばれる書道でいう
「止め」のような飾りがあるからです。

このようなことから、
長文でも目の負担が軽減されて
読み進めることが可能なんですね。

なので、ゴッシク体のように
線が均一な書体は、どうしても<
読みにくく感じてしまいます。

こういった少しのテクニックで
ブログやサイトの離脱率も下げれます。

最後に、フォント選びの手順を
紹介しておきますね。

フォント選びの手順

bunrui - デザインをする上で大切なフォント・書体の選び方

フォント選びは、基本的に
次の手順で決めていきます。

  1. フォントの系統を選びます。

    ・「和文フォント」か「欧文フォント」
    ・「格調高い」か「親しみやすい」

  2. 次に選んだ系統から書体を選びます。

    ・「かたい」か「やわらかい」
     ( ヒラギノ〇〇、小塚〇〇など )

  3. そして、書体のウエイトを決めます。

    ・「細い」か「太い」

  4. 最後に文間の調整です。

    ・「狭い」か「広い」

この流れで、つくるデザインの
最適なフォントを決定します。

フォントで大切なことは、
「選び方」と「知ってる書体数」です。

選び方の基本は説明したので
あとは、どれだけ書体数を知るかで
さらにデザインの幅も増えると思います。

どんどん、新しいフォントを知って
デザインスキルを上げていきましょう。

なお、フォント・書体の見本となる
書籍は次の記事にまとめています。

スポンサーリンク

シェアする