ガラス (玻璃・硝子) が使われている様々なデザインやアート

abyss-horizon-art

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、ガラスが使われている
デザインやアートをまとめた記事です。
(作品は随時追加していく予定をしています)

スポンサーリンク

ガラスが使われている
デザイン・アート

「ガラス」

物質の状態のひとつ、
またケイ酸塩を主成分とした透明な物質

– Wikipedia

ガラス (玻璃・硝子) 素材を用いている
デザインやアートは思っている以上に多く、
同じ素材とは思えないものばかりです。

スポンサーリンク

ガラスが使われている
デザイン・アートまとめ

「デザイン・アート一覧」

  • フィボナッチ比率を用いたガラス彫刻
    – Jack Storms
  • 幻想的なガラスと光のアート
    – Chris Wood

  • 大自然からインスピレーションを得た
    ガラスや大理石を利用したアート作品
    – Eduard Locota
  • 「Abyss Horizon」- Duffy London

  •  パート・ド・ヴェールで作られた
    光が透過する透明な陶器
  • 「Fluid Rocks」- Flavie Audi

  • ガラス細工のクラゲ – Daniela Forti
  • ボロシリケイトガラスマーブル
    – 定榮政隆

  • 自然で柔らかい印象を感じる
    ガラスのローテーブル「soft」
    – Studio Nendo
  • マルチカラーでミラーボールのような
    枕の形をしたプレキシガラスの作品
    – Colin Roberts

  • 金太郎飴方式で制作された
    ステンドガラスのアート作品
    – Loren Stump

フィボナッチ比率を用いたガラス彫刻
– Jack Storms

個体の状態にある冷たいガラスをカットし
それぞれを研磨して、それを組み合わせて
このような1つの作品をくみ上げています。

1つのアート作品に4〜5ヶ月もかかるそう。

他の幾何学模様のデザインやアートは、
次の記事にまとめています。

幻想的なガラスと光のアート
– Chris Wood

ガラスを通過した光が、互いに干渉しあい
美しい色彩を作り出しています。

大自然からインスピレーションを得た
ガラスや大理石を利用したアート作品
– Eduard Locota

大自然の美しさがひしひしと伝わる作品。

「Abyss Horizon」
– Duffy London

美しい深海がリアルに表現された
神秘的なテーブルです。

他の海が使われているデザインやアートは、
次の記事にまとめています。

パート・ド・ヴェールで作られた
光が透過する透明な陶器

ガラス素材の特徴も含んでいるため、
光が透過して陶器とは決して思えない
雰囲気を醸し出している。

その他の陶芸を使った作品は、
次の記事にまとめています。

「Fluid Rocks」- Flavie Audi

幻想的な風景を想像させてくる
流動的で宝石みたいなガラスの彫刻。

ガラス細工のクラゲ – Daniela Forti

溶けたガラスの雫は、
まさにクラゲの触手を思い起こさせる。

他のクラゲがテーマのデザインやアートは、
次の記事にまとめています。

ボロシリケイトガラスマーブル
– 定榮政隆

見る角度で表情が変わるので、
ずっと見て入れそうな作品ですね。

自然で柔らかい印象を感じる
ガラスのローテーブル「soft」
– Studio Nendo

斜めの小口にグラデーション印刷を施した
高度な技術と、繊細な滲みの印刷表現により、
硬質でありシャープな素材といったような
ガラスの持つイメージを裏切るアート系家具。

その他のグラデーションが使われている
デザインやアートはこちらにまとめています。

マルチカラーでミラーボールのような
枕の形をしたプレキシガラスの作品
– Colin Roberts

枕をモチーフにした作品だそうですが、
見方によっては丸みを帯びた猫みたいで
可愛い作品ですね。

金太郎飴方式で制作された
ステンドガラスのアート作品
– Loren Stump

普通の筆で描くのも難しいような絵柄を
ガラスで表現しているのでかなり凄い作品。

最後に

以上がガラスが使われている
デザインやアートでした。

なお、世界のクリエイティブな
デザイン・アート・イラスト作品等は
以下のページに一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする