幾何学模様が使われている様々なデザインやアート

michael-strevens-art

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、幾何学模様が使われている
デザインやアートをまとめた記事です。
(作品は随時追加していく予定をしています)

スポンサーリンク

幾何学模様が使われている
デザイン・アート

「幾何学模様」

幾何学模様は、三角形、四角形、六角形などの
多角形や円、楕円、直線などの単純な図形を部品として
それに平行移動、反転、回転、色の変化、拡大・縮小、
分割などの操作を加えながら連続して組み合わせ配列を
展開してつくった模様。

– Wikipedia

スポンサーリンク

幾何学模様が使われている
デザイン・アートまとめ

「デザイン・アート一覧」

  • 美しくコントラスト高く表現された
    幾何学的なグラデーションパターン
    – Michael Strevens
  • Geometric Variants
    – Erika Zolli

  • 60〜70sヴィンテージポスター
    – 永井一正
  • 「Faberg Fractals」
    – Tom Beddard

  • 幾何学的デザインの折り紙
    – Goran Konjevod
  • フィボナッチ比率を用いたガラス彫刻
    – Jack Storms

  • ハンドスピナー「SQUARE WAVE」

美しくコントラスト高く表現された
幾何学的なグラデーションパターン
– Michael Strevens

様々な幾何学模様のパターンと
小さな人が描かれたイラストレーション。

Geometric Variants
– Erika Zolli

モノクロの幾何学模様と女性の
錯覚効果のあるビュアルアート。

60〜70sヴィンテージポスター
– 永井一正

幾何学模様の作品は、時代に左右されず
いつ見てもカッコいい気がします。

「Faberg Fractals」
–  Tom Beddard

地球外からやってきた物体のような
美しいフラクタル構造を持った作品。

幾何学的なデザインの折り紙
– Goran Konjevod

繊細に奇妙に折られた紙は、
見たこともない幾何学模様のデザイン。

他の紙を使ったデザインやアートは、
次の記事にまとめています。

フィボナッチ比率を用いたガラス彫刻
– Jack Storms

個体の状態にある冷たいガラスをカットし
それぞれを研磨して、それを組み合わせて
このような1つの作品をくみ上げています。

1つのアート作品に4〜5ヶ月もかかるそう。

他のガラスを使ったデザインやアートは
次の記事にまとめています。

ハンドスピナー「SQUARE WAVE」

ハンドスピナーの最上級版と言える
芸術的なアイテムですね。

最後に

以上が幾何学模様を使っている
デザインやアートでした。

なお、世界のクリエイティブな
デザイン・アート・イラスト作品等は
以下のページに一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする