グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

night-moon-space

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、グラフィックデザイナーを
目指す人におすすめの学校を紹介します。

スポンサーリンク

グラッフィクデザインを学ぶのに
おすすめの大学・専門学校

デザインを学べる学校は多いですが、
業界で有名で就活でも有利になる
おすすめの学校をまとめてみました。

グラフィックデザイナーを目指すなら、
まずは知っておくべき超有名校です。

学校の選び方は色々とあると思いますが、
この記事ではデザイン会社に勤める人の
出身校で特に多い学校を優先的に紹介。

同校の先輩がいると会社によっては、
就職に有利になることもありますね。

これから学校を検討する人は、
優先的にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

グラフィックデザインを学ぶのに
おすすめの大学・専門学校まとめ

「グラフィックデザインが学べる学校」

① グラフィックデザインを学ぶのに
おすすめの大学

「グラフィックデザインが学べる大学」

  • 多摩美術大学
  • 武蔵野美術大学

  • 東京芸術大学
  • 女子美術大学

  • 大阪芸術大学
  • 東北芸術工科大学

  • 日本大学 芸術学部

ここで紹介されてないからと言って、
他の大学はレベルが低い優秀でない
という訳では決してありません。

あくまで、知名度やブランド力等があって
就職や出世に有利な大学を選んだだけです。

寧ろ知名度が低い学校のトップ学生の方が、
精鋭という可能性も大いにあり得ます。
なので、参考程度に見てくださいね。

多摩美術大学

tamabi - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

多摩美術大学は、言わずと知れた
グラフィックデザイン業界では
最も有名な美術大学になります。

有名デザイナーの多くが多摩美の
グラフィックデザイン学科卒業です。

このグラフィックデザイン学科を出れば、
就職にもとても有利になることでしょう。
また、フリーランス (個人) で活躍したり、
別業界で大物になった卒業生も多数。

 学校  多摩美術大学
 学部  グラフィックデザイン、情報デザイン、
 プロダクトデザイン等
 学費/年  ¥1,889,000 〜 ¥1,920,000
 特徴 ・デザイナー界のエリート
・就職先は名のある大手が多くて、
 全ての企業に就職しやすくなる。
・グラフィックデザイン、Webデザイン、
 ゲーム/映像デザイン、プロダクトデザイン等
 そういった道に進む人が特に多い。
・私立なので学費が非常に高いのがハード
 その他 ・倍率が高く入るのが難しいので、
 高校2年〜3年生の時点から、デッサンの
 有名予備校の通う必要がある。
 (御茶ノ水美術学院等が有名、年間50万弱)

多摩美術大学

多摩美術大学の公式WEBサイトです。大学案内、研究活動、入試、学生生活などの情報から、生涯学習や展覧会情報、学生・教員・卒業生の作品など、多摩美術大学に関する情報をご覧頂けます。

武蔵野美術大学

musabi - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

武蔵野美術大学は、多摩美と並んで
有名で大人気な美術大学です。

出身デザイナーの著名度で測ると、
多摩美に一歩劣るイメージですが、
実力では少しも劣らない優秀な大学。

 学校  武蔵野美術大学
 学部  視覚伝達デザイン、工芸工業デザイン
 空間演出デザイン、デザイン情報等
 学費/年  ¥1,570,900 ~ ¥1,606,900
 (入学金 ¥300,000)
 特徴 ・美大のトップス5には入る名門
・私立なので学費が非常に高いのがハード
 その他  

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学の公式webサイトです。大学概要、学部学科・大学院、学生生活、進路・就職、国際交流、研究・社会貢献などの情報や、入試・受験案内、展覧会情報などを掲載しています。

東京藝術大学

tokyo geidai - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

東京藝術大学は、通称「芸大」と言われて
日本で唯一の、一番格式の高い国立芸術大学。

ここの出身のデザイナーは超尊敬されます。
(ただ、難易度は東大並み)

生徒は比較的芸術肌で、就職の希望は少数。

 学校  東京藝術大学
 学部  芸術学部デザイン学科等
 学費/年  ¥642,960
 特徴 ・上野公園内に校舎がある。
・古くから著名な芸術家を多く輩出。
 ( 岡本太郎氏、福田繁雄氏、坂本龍一氏等)
・高い倍率(15倍程) と留年数から、
 難易度は東大並みと言われる。
 (5浪している人とか普通にいる。)
・国公立なので、学費はかなり安い。
 その他  

東京藝術大学

日本で唯一の国立総合芸術大学として、創設以来、世界水準の教育研究活動を展開し、数多の傑出した芸術家を育成・輩出するとともに、国内外における広範かつ多様な芸術活動や社会実践等を通じて芸術文化の継承・発展に寄与

女子美術大学

joshibi - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

女子美術大学は、有名デザイナーを
排出する芸術のエリート大学の1つ。

卒業生は比較的個性的で芸術肌の
デザイナーが多いイメージですね。

とても優秀な女性デザイナーが、
実は女子美術大学出身ということは多い。

 学校  女子美術大学
 学部  デザイン・工芸、アート・デザイン表現等
 学費/年  芸術学部  ¥1,876,360 ~ ¥1,909,360
 短期大学部  ¥1,794,930
 特徴 ・芸術のエリート大学の1つ。
 その他  

女子美術大学

女子美術大学・女子美術大学短期大学部の公式ウェブサイトです。1900年創立、日本唯一の女子の美術教育機関です。大学案内、入試、図書館・美術館、展覧会などの情報をご覧いただけます。東京都杉並区、神奈川県相模原市。

大阪芸術大学

osaka geidai - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

大阪芸術大学は、西日本でも最も有名かつ
優秀な美大で有名なデザイナーも沢山います。

学科の幅広さが特徴的で、舞台芸術や映像、
デジタルアート等と様々なことが学べます。
(色々な分野の芸術家とともに学べます)

 学校  大阪芸術大学
 学部  アートサイエンス・美術・デザイン・工芸・
 写真・建築・映像・キャラクター造形等
 学費/年   ¥1,170,000 ~ ¥1,820,000
 特徴 ・西日本で最も有名な芸術のエリート大学。
・学科が非常に幅広い。
 その他  

大阪芸術大学

大阪芸術大学公式サイト。大阪芸術大学・大学院のご案内。大阪芸術大学は専門的な知識と技術が身に付く総合芸術大学です。

東北芸術工科大学

tuad - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

東北芸術工科大学は、
東北で最も力のある美術大学です。

力の入った講師陣が特徴の1つで、
卒業生は色々なデザインの現場で
お会いすることがあると思います。

グラフィックデザインだけではなく、
プロダクトデザイン分野等でも
活躍する人が多い気がしますね。

 学校  東北芸術工科大学
 学部  デザイン工学、芸術等
 学費/年    ¥1,430,660 ~ ¥1,515,660
 特徴 ・東北の芸術のエリート大学。
・力の入った講師陣
 その他  

東北芸術工科大学

東北ルネサンスを掲げる美術系・デザイン系の大学 山形県山形市 芸術学部 文芸学科 美術史・文化財保存修復学科 歴史遺産学科 美術科 総合美術 日本画 洋画 版画 彫刻 工芸 テキスタイル/デザイン工学部 プロダクトデザイン学科 建築・環境デザイン学科 グラフィックデザイン学科 映像学科 企画構想学科/大学院芸術工学研究

日本大学 芸術学部

nu art - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

日本大学の芸術学部は、
映画人の輩出で有名なイメージですが
グラフィックデザイナー等も多いです。

巨大大学の日大の卒業は多いので、
どの会社にも1人は日大生がいるなんて
言われるくらいですよね。

日大という信頼感は社会人になってから、
きっと役立ちます。

 学校  日本大学
 学部  芸術学部
 学費/年   ¥1,520,000 ~ ¥1,720,000 
 (入学金 ¥260,000)
 特徴 ・非常に規模の大きい大学
・映画人の輩出で有名
 その他  

日本大学 芸術学部

日本大学芸術学部は、8学科を備える総合大学の中の芸術学部です。

② グラフィックデザインを学ぶのに
おすすめの専門学校

「グラフィックデザインが学べる専門学校」

  • 東洋美術学校
  • 桑沢デザイン研究所

  • 阿佐ヶ谷美術専門学校

東洋美術学校と桑沢デザイン研究所は、
圧倒的に実力やメリットがあります。

大学と専門学校の違いですが、
専門学校の学費は私立美術大学の
70%ほどとなっていることです。
(少し安いですね。)

また、2〜4年制の学校があるので、
学費が払えない学生も入りやすいです。

試験はほとんどなく入学できるため、
入学の壁も低いと思います。
(桑沢デザイン研究所はデッザン試験あり)

ただ、就職選びでは圧倒的に大学が有利で、
大手企業は大卒しか採用しない会社も多い。

東洋美術学校

tobi - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

東洋美術学校は、4年制と2年制の
グラフィックデザイン学科がある学校。
出身デザイナーも優秀揃いです。

予算が許すなら、4年制が断然おすすめ。
4年制は唯一、「高度専門士」という
特別な資格も取ることができます。

この資格があれば、
卒業後大学院へ進学することが可能。
これは他の専門学校では叶いません。

 学校  東洋美術学校
 学部  クリエイティブデザイン、グラフィック
 デザイン、インダストリアルデザイン等
 学費/年   ¥1,119,000 ~ ¥1,353,000
 入学金 ¥170,000 ~ ¥190,000
 特徴 ・圧倒的に実力があるデザインの専門学校
 その他 4年制は高度専門士という特別な資格が取れ
 卒業後大学院へ進学できる。

東洋美術学校

デザイン・イラスト・マンガ・アートの専門学校

桑沢デザイン研究所

kuwasawa design school - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

桑沢デザイン研究所は、
デザイン系の専門学校で一番有名な学校。

専門学校で唯一、入試にデッサンがあり、
しっかりしたデッサンの技術が必要です。
当然デザイン全般の技術が高いですね。

グラッフィク、ファッション、プロダクト等の
デザイン分野で強みがある学校になります。

 学校  桑沢デザイン研究所
 学部  ビジュアル、プロダクト、スペース、
 ファッション等
 学費/年  ¥1,580,000、2年・3年次 ¥1,280,000
 特徴 ・数あるデザイン系専門学校の中でも
 トップクラスの信頼が置ける学校。
・3年制専門学校
 その他 ・専門学校は総じて入試試験のハードルは
 低い (書類選考のみ) のだが、
 この専門学校はデッサン試験があるため、
 デッザン予備校に通う必要がある。

桑沢デザイン研究所

<桑沢>は、あらゆる角度からデザインを学ぶ、日本初にして最先端の学校です。小手先の技ではなく、独創や応用力をひき出す「デザインの原動力」を培うため、デザインの基礎から総合的に学び、専門的な技術と応用を実践を通じて身につけていくカリキュラム構成となっています。

阿佐ヶ谷美術専門学校

asabi - グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

阿佐ヶ谷美術専門学校は、
デザイン会社でよく出身者がいる学校。

しっかりとした実力があります。

 学校  阿佐ヶ谷美術専門学校
 学部  視覚デザイン、リビングプロダクト、
 映像メディア、キャラクターデザイン、
 イメージクリエイション、絵画表現等
 学費/年  ¥1,210,000 ~ ¥1,390,000
 入学金 ¥200,000
 特徴 ・デザインを学べる専門学校の1つ。
・3年制専門学校
 その他  

阿佐ヶ谷美術専門学校

アサビは、美術とデザインの三年制美術学校(東京都杉並)様々なカリキュラムで美術とデザインを学びます。デザイナー、クリエーター、イラストレーター、アーティスト、作家など様々な分野へのアプローチをサポートします。

学校を比較し検討する時に便利なサイト

グラフィックデザインを学べる学校は、
実は日本だけで500校以上あります。
(あまりに多くて迷ってしまいますよね)

なので学校を比較したり検討する場合は、
次のサイトも利用してみて下さい。

トップから「グラフィックデザイン」の
ワードでジャンル検索を行えば、
全学校を比べることでできます。

各学校ごとに無料で気になる学校資料を
請求することだって可能となっています。

しかもスタディサプリ進路」では、
高校生限定で無料パンフ・願書取り寄せで
1000円分の図書カードももらえますね。

最後に

大学か専門学校なら、
やはり大学を優先して選択すべきです。
就職先の幅がかなり広くなりますね。

専門学校卒だと、博報堂や電通等の
超大手広告代理店には入りません。

ですが、美術大学は非常に学費が高いので、
実家にお金の余裕がないと難しいです。

その場合は、やはり専門学校を
おそらく選ぶことになるでしょう。

それでも、優秀なデザイナーにはなれます。
大学卒生よりも専門学校卒生の方が、
優秀ということは現場ではあります。

自ら努力して身につけた知識やスキルは、
学校に関わらず皆平等です。

是非、色んな道を検討してみて下さい。

進学情報サイトの詳しい説明はこちら。

なお、未経験からデザイナーになる手順や
デザインの勉強方法については以下の記事に
一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする