デザインが学べる大学・専門学校を探す方法「情報集めに便利な進学情報サービス」

university-blue

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

この記事ではデザインを学べる大学や
専門学校の情報収集に利用ができる
便利な進学情報サービスを紹介します。

スポンサーリンク

デザイン系大学・専門学校を探す方法

高校生だけど将来デザイナーになりたい。
高校を卒業したばかりの既卒者だけれど、
今からデザイナーを目指したい。

また、20代前半のフリーターなんだけど、
デザイン系専門学校への進学を考えてる。

そんな方のためにこの記事を書いてます。

ぼくが、WebやSNSでデザイン・アートの
情報を発信する中で、このような目標を
持っている人は沢山います (いました)。

そこでこの記事では、デザインを学べる
大学や専門学校等の情報の収集に役立つ
便利な進学情報サービスの中から、
おすすめのサービスをまとめています。

進学には、何より情報収集が大切です。

情報収集のポイントは、
ほとんどの大学・専門学校が登録している
「無料利用できる有名進学情報サービス」
から資料請求することです。

上の記事でも書いていますが、これから
デザインを学ぶために大学や専門学校を
選択するのは主に次のような人になります。

  • 高校生・高校既卒者
    (高校卒業後、数年以内・フリータ含む)
  • 非デザイン系大学生・専門学校生

そしてデザイン系大学や専門学校への進学は
特に次のような仕事をしたい人におすすめ。

  • 誰でも知っているような大企業や
    商品 (プロダクト) の仕事をしたい。
  • 車や家電のような工業デザインをしたい。

  • まずは分野を特定せずに幅広く学びたい。

様々なデザインの仕事の種類については、
以下の記事が参考にしてみて下さい。

なお、社会人の方や既に他の分野の
大学・専門学校で学んでいる方には、
コスト面や学習をしていく時間を考えると
民間デザインスクールで学ぶ方が良いです。

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

それでは、おすすめの
進学情報サービスをご紹介します。

スポンサーリンク

進学情報サービスを利用するメリット

大学や専門学校への進学情報サービスを
利用するメリットは以下の通りです。

  • 無料で利用できる。
  • 資料請求が一括でできる。

① 無料で利用できる。

登録も資料請求も無料です。

より良い情報を集め、
良い学校・スクールを選択できるように、
大手のサービス (サイト) に複数登録して
チェックすることをおすすめします。

② 資料請求が一括でできる。

資料請求も一括でできてしまうので、
各学校に個別で請求する手間がかなり
省けるのもメリットの1つになります。

資料を確認して、気になった学校は全て
オープンキャンパスや学校説明会に参加し
しっかりと納得する判断をしましょう。

複数のサービスに登録する理由は、
もれなく情報収集をするためです。

大学・専門学校側が全てのサービスに
情報を掲載しているとは限りません。

おすすめの進学情報サービス

進学情報サービスは多数あります。
しかし、その中でも次に紹介する
2社は特に有名な進学情報サービス。

大手の2社なので、全国どこの学校でも、
大抵の情報を収集することができるはず。

① スタディサプリ進路
(旧 : リクナビ進学)

shingakunet

情報サービス大手のリクルートが
運営する進学情報サイト。

 特徴 ・情報掲載している大学・専門学校が
 非常に多く、まとめて情報収集するのに最適
・都心から地方まで幅広く情報がある。
・サービスは無料で、登録は必須。
 おすすめの人 ・これから大学・専門学校に進学を
 考えている人全員。
 その他  

 

スタディサプリ進路

 

② マイナビ進学

shingaku-mynavi

大手の株式会社マイナビが
運営する進学情報サービス。

 特徴 ・情報量が多いので情報収集するのに最適。
・スタディサプリ進路に載っていない学校も
 載っている場合がある。
・サービスは無料で、登録は必須。
 おすすめの人 ・これから大学・専門学校に進学を
 考えている人全員。
 その他  

マイナビ進学

進学ならマイナビ進学マイナビ進学は大学・短期大学(短大)・専門学校の情報を紹介し、資料請求できる進学情報サイトです。学校情報のほか、学校見学会・オープンキャンパスや入試・出願情報も数多く掲載しています。

その他「日本の学校」「なるには進学」等
多数の進学情報サービスがあります。

しかし、上記2のサイトに登録しておけば
資料請求やオープンキャンパスなどの
情報収集は基本的にはできると思います。

その他のサイトは補足的に
使っていくイメージで良いでしょう。

無料でまとめて資料請求し、
大学・専門学校を比較しよう。

この記事ではデザインを学べる大学や
専門学校を見つけるために利用ができる
便利な進学情報サービスを紹介しました。

ぼくがデザインを学べる学校を紹介する際
よくおすすめするのが上記の2つのサービス。

デザイン系の専門学校の広報担当者も、
この2つのサービスはほぼ利用するように
生徒さんに勧めているようです。
つまりそれくらい有名なサービスなんです。

利用も無料なので迷うことはありません。
まずは情報収集という形で始めましょう。

そして、気になった学校は実際に
オープンキャンパスや学校説明会に参加し、
実際に学校を見てみることも大切です。

評判が良くても、自分に合う・合わないは
必ずあるので、確認をするのは忘れずに。

なお、状況や年齢によってデザインの
学び方は本当に様々になってきます。

高校生・高校既卒者 (高校卒業後 数年程度)
以外の方は下記事を参考にしてみて下さい。
良い方法が見つかるはずです。

スポンサーリンク

シェアする