デザインの職業紹介。デザイナーの種類 (肩書き) にはどんなものがあるのか?

スポンサーリンク
business

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はデザインの職業・種類を
ぼくの分かる範囲で書いてみました。

デザインの職業

「デザインが好き」「ものづくり」が好き
そういった人はデザイナーになりたかったり
今目指している人も多いと思います。

ですが、「デザイナー」という職業は、
大まかにまとめられてしまいがちであり
実際は色んなデザインの職業があるのに
具体的に知られてないことも多いんです。

「デザイナー」でもデザイン分野が
違うだけで仕事内容も全く違うんです。

そこでこの記事では、

「これからデザインや就活を始める人」
「デザイン・ものづくりが好きな学生さん」
「違うデザインへの転職を考えている人」

そういった人のために
色々なデザイナーの職種や仕事内容を
簡単にまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

デザイナーとは?

デザイナーの種類の紹介の前に、
改めて「デザイナー」というのは
どういった職の人か説明しますね。

Wikipediaではデザイナーとは
以下のように書かれています。

視覚領域において
意匠計画や図案、設計を手掛ける人のこと。
日本で単に「デザイナー」という場合、
主に視覚的な設計を行う人物を示すことが多い。

– Wikipedia

つまり、視覚的にもの・ことを美しくするため
形や色、模様、レイアウトなど工夫を与える
そういう人を一般的にデザイナーと言いますね。

デザイナーという肩書きを名乗るにも
実は、特に資格も必要はないんです。

これが絶対という正解は決してないので、
デザイナーとは何かデザインをする中で
見つけていくのもいいかも知れません。

またデザイナーは作家、アーティストと違い
クライアント (依頼する人) が存在しており、
そのクライアントの必要としているものを
作成したり、表現していくことになります。

分野によっては「意匠や編集」
デザイナーのことを言いますね。

では、これらのことを理解し踏まえつつ
デザイナーの種類をみていきましょう。

関連記事

デザイナーの種類を知ることで

デザインは、多数の様々な分野と
関わりあって成り立っています。

なので、やりたい物事が〇〇デザインや
肩書きで〇〇デザイナーなどと一括りに
できないことや場面もよくあります。

ぼく自身もグラフィックデザインを
中心にデザイン制作をしていますが、
webや映像、イラストなどもするので
〇〇デザイナーとは名乗っていません。

でも、デザインがどんな分野に
分かれているのかをある程度知ることで

「目指すデザインがどの分野なのか分かる。」
「なりたいデザイナー職を見つける。」
「他のデザイナーの仕事を理解する。」

そういったことにも繋がると思います。

デザイナーの種類一覧

知っているデザイナーもあると思うので
知らない・詳しく知りたいことだけ
チェックするのがいいかも知れませんね。

類似した分野(ジャンル)も多くあって
どのデザイナーがどの分類に当たるのか
曖昧なものもあるので大まかに見て下さい。

 デザイナー種類  
 グラフィックデザイナー  広告デザイナー
 パッケージデザイナー
 ロゴデザイナー (CI,VI)
 Webデザイナー  UIデザイナー
 UXデザイナー
 DTPデザイナー  エディトリアルデザイナー
 ブックデザイナー
 ゲームグラフィックデザイナー  キャラクターデザイナー
 メカニックデザイナー
 背景デザイナー
 エフェクトデザイナー
 インダストリアルデザイナー  プロダクトデザイナー
 家具デザイナー
 カーデザイナー
 イラストレーター 1  フリーランスイラストレーター
 社員イラストレーター
 その他のデザイナー 2  

1 デザイナーと兼任する方もいるので、デザイナーの種類にいれました。
2 その他のデザイナーでも26種類のデザイナーを紹介。

スポンサーリンク

グラフィックデザイナー

ポスター、チラシ、ビラ、パッケージ等の
印刷物の制作や企画をメインにします。

グラフィックデザイナーは、
アートディレクターと兼任することもあり
様々な種類があるデザイナーの1つです。

「グラフィックデザイナーの種類」

  • 広告デザイナー
    ポスターや雑誌の広告のデザインをする。

  • パッケージデザイナー
    商品パッケージなどのデザインをする。
  • ロゴデザイナー(CI、VI)
    商品や会社のロゴ・シンボルマークなどの
    デザインをする。

関連記事

Webデザイナー

Webサイト (HP) のデザインや
構成・企画等を中心に行います。

最近だと、Webで使用する画像の制作、
コーディングまでも行うデザイナーが
増えつつあり必要な知識も増えています。

Webデザイナーはビジュアルだけでなく
Webサイトの目的や意図等によって、

ユーザーに使いやすく、行動しやすい
デザインを考え作らないといけません。

「Webデザイナーの種類」

  • UIデザイナー
    サービス画面の見た目などの
    デザイン的設計をする。

  • UXデザイナー
    サービス使用の際、経験や満足度などが
    最大限得られるようデザイン設計する。

関連記事

DTPデザイナー

文字や図形、写真、イラストなどを
レイアウトした印刷用のデザインをします。
データを印刷するところまでが仕事。

デザイナーが作成したデータをもとに
修正・加工をし、印刷できるデータを作る
「DTPオペレーター」と呼ばれることも。

「DTPデザイナーの種類」

  • エディトリアルデザイナー
    パンフ・冊子のページデザインをする。
    グラフィックデザイナーが行う場合も。

  • ブックデザイナー
    本の表紙やブックカバーの装丁をする。
    本文の全てデザインすることもある。

ゲームグラフィックデザイナー

ゲーム内のキャラクターやゲームに使う
背景などのデザインを行います。
制作には、2D・3DCG技術が必要。

たまに、グラフィックデザイナーと
間違われますが全然違う仕事です。

「ゲームグラフィックデザイナーの種類」

  • キャラクターデザイナー 
    ゲームキャラのデザインをする。
    イラストレーターと似た点が多い。

  • メカニックデザイナー 
    架空ロボットやメカニックキャラの
    デザインをする。
  • 背景デザイナー
    ゲーム内の背景をデザインする。

  • エフェクトデザイナー
    ゲームで使用される効果
    (攻撃・動きなど)のデザインをする。

インダストリアルデザイナー

家電製品や自動車などの
工業製品のデザインを行います。

工業デザインにプラスして、製品デザイン
(パッケージや家具などのデザイン)を
行うデザイナーをプロダクトデザイナーと
まとめて言うことも時々あります。

製品の安全性・機能性・生産性・コスト
色んなことを考慮してデザインをします。

「インダストリアルデザイナーの種類」

  • プロダクトデザイナー
    製品のデザインをメインにする。

  • 家具デザイナー
    家具のデザインをメインにする。
  • カーデザイナー
    自動車の内装・外装のデザインをする。

  • 玩具デザイナー
    おもちゃ・食玩などのデザインをする。

イラストレーター

本の表紙、広告、ポスター、絵本などの
イラストレーションをします。

イラストレーターも作家・画家
アーティストなどとは異なり、

クライアントの求めている
イラストを描く必要があります。

デザイナーと兼任する人もいるので
「デザイナーの種類」に入れました。

「イラストレーターの種類」

  • フリーイラストレーター
    フリーランスのイラストレーター。
    イラストを描くだけを仕事にできるが、
    仕事は自分で探さないといけない。

  • 社員イラストレーター
    会社に所属したイラストレーター。
    イラスト以外に事務作業などもする。

関連記事

office supplies 1149055  340 100x100 - デザインの職業紹介。デザイナーの種類 (肩書き) にはどんなものがあるのか?

その他のデザイナー

その他にも専門のデザインを得意とする
多くのデザイナー職があります。

随時、他のデザイナー職も
紹介していく予定をしています。

「グラフィック系のデザイナーの種類」

  • GUIデザイナー
    (グラフィカルユーザーインターフェース)

  • モーショングラフィックスデザイナー 
  • タイポグラフィデザイナー

  • 書体デザイナー 
  • コミックデザイナー

「情報・システム系のデザイナーの種類」

  • 情報デザイナー
    (情報分野のデザイン)

  • ゲームデザイナー
    (ビデオゲーム各種設計)
  • コーポレートデザイナー

  • システムデザイナー
    (システム設計)

「装飾・ファッション系のデザイナーの種類」

  • 衣裳デザイナー
    (映画・舞台衣裳のデザイン)

  • 宝飾デザイナー
    (宝石・貴金属に用いるデザイン)
  • ファッションデザイナー
    (ブランド・販路を持つデザイナー)

  • テキスタイルデザイナー
    (服飾やインテリアなどの布地をデザイン)
  • ジュエリーデザイナー

  • フラワーデザイナー
  • ヘアーデザイナー

「空間系のデザイナーの種類」

  • エクステリアデザイナー
    (造園)

  • ガーデンデザイナー
    (造園)
  • インテリアデザイナー

  • セットデザイナー
    (撮影用美術セットのデザイン)
  • アーバンデザイナー
    (都市計画デザイン)

  • 街並みデザイナー
    (町並みのデザイン)
  • 観光デザイナー

  • 環境・ランドスケープデザイナー
    (都市計画・景観のデザイン)
  • 照明デザイナー
    (照明での空間演出)

  • 空間・スペースデザイナー

デザイン職といっても様々

デザイナーと言われても、
色々な種類があって仕事も様々ですね。

デザイナーを目指している人は、
自分にあった職を探すのが大切ですが、

分野(ジャンル)はあなたの目指す
方向性がわかる1つの基準です。

他のデザインができなくなる
わけでは決してありません。

分野にとらわれることなく、
あなたの好むデザインやものづくりができる
デザイナーを志すのが1番いいと思います。

また、今デザインをされている方は、
自分がやっているデザイン以外の
分野の理解に何か繋がったなら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする