グラフィックデザインの勉強に役立つ書籍・本まとめ

book-people

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、グラフィックデザインの勉強に
役立つ本をまとめた記事になります。

スポンサーリンク

この記事の目次

グラフィックデザインの
学習に役立つ本・書籍まとめ

「テーマ別おすすめのデザイン書籍・本」

 テーマ  書籍名
 ① デザインの基礎  ノンデザイナーズ・デザインブック
 デザイン入門教室
 ② レイアウト  けっきょく、よはく。
 余白を活かしたデザインレイアウトの本
 レイアウトデザイン見本帳
 レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック
 レイアウト、基本の「き」
 デザインの組み方
 見てわかるレイアウトの新ルール
 ③ フォント・書体  実例付きフォント字典改訂版
 定番フォントガイドブック
 ④ 配色  配色デザイン見本帳
 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック
 配色アイデア手帳
 めくって見つける新しいデザインの本
 ⑤ デザインテクニック  なるほどデザイン
 [買わせる]の心理学  
 消費者の心を動かすデザインの技法61
 ⑥ 名刺・ショップカード
 デザイン
 名刺・封筒・ビジネス文具
 デザインコレクション
 名刺&小型カードのデザイン
 自由な発想と多様なバリエーション
 ⑦ ロゴデザイン  ロゴデザインをするということ。
 成功と失敗から伝える、君へのアドバイス
   ロゴと展開
 ブランドイメージを伝えるデザイン
 ⑧ 広告デザイン  何度も読みたい広告コピー
   コピーが刺さる広告デザイン
 ⑨ デザインツール   Illustrator しっかり入門
   Photoshop しっかり入門

グラフィックをこれから学んでいく人、
現役のグラフィックデザイナーの人にも
きっと参考になる書籍をピックアップ。

それぞれ楽天ブックスとAmazon、
Kindleへ飛べるようになっています。

スポンサーリンク

① デザインの基礎関連の書籍・本

「デザインの基礎となる書籍・本」

  • ノンデザイナーズ・デザインブック
  • デザイン入門教室

その他の書籍は下の記事を参考に。

ノンデザイナーズ・デザインブック

Web限らずにデザインを学び始める人が、
一番はじめに読んで欲しい書籍の一冊。

 特徴 ・海外の訳本ですが、既に第4版まで
 出ているデザインの良書。
・デザインのコツ・意味をしっかり理解可能
・内容もかなり分かり易く書かれている。
・デザイナーを目指していない人でも
 デザインの基本が学べる。
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ初心者
・非デザイナー
 その他  

デザイン入門教室

デザインの基本を抑えることができる一冊。

 特徴 ・デザインの基礎力となるグラフィック
 ワークや、企画・プレゼンまで図解と共に
 学べる良書。
・デザインの大切なところを一通り
 紹介していて基礎をしっかり学べる。
・書店でもよく見かける書籍。
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ人
・デザイナー1年生の人
 その他  

② レイアウト関連の書籍・本

「デザインのレイアウトが学べる書籍・本」

  • けっきょく、よはく。
    余白を活かしたデザインレイアウトの本
  • レイアウトデザイン見本帳
    レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック

  • レイアウト、基本の「き」
  • デザインの組み方
    見てわかるレイアウトの新ルール

けっきょく、よはく。
余白を活かしたデザインレイアウトの本

「余白」を題材に書かれている書籍。

 特徴 ・余白(レイアウト)でデザインの良し悪しが
 決まってしまうことを教えてくれる一冊。
・NG・OK例それぞれ比較できて、
 具体的な場面を理解しやすい。
・余白以外に新人デザイナーがデザインで
 つまずきやすいところを教えてくれる。
・読みやすい工夫が色々ある。
 おすすめの人 ・レイアウトを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他  

レイアウトデザイン見本帳
レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック

デザイン配色を色相・印象・年代別等に
見ることができるデザインの見本帳。

 特徴 ・配色・レイアウトのアイデアの参考になる
 おすすめの人 ・レイアウトを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他  

レイアウト、基本の「き」

レイアウトの基本の基本が学べる書籍。

 特徴 ・レイアウトのコツを教えてくれる本。
・レイアウト (余白) で当たり前すぎて
 忘れがちなことや、普段なかなか人に
 確認できないことが書かれている。
 おすすめの人 ・レイアウトを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他  

デザインの組み方
見てわかるレイアウトの新ルール

良いデザインと悪いデザインを
見比べれるレイアウトの書籍。

 特徴 ・悪いデザイン (Before) と良いデザイン
 (After) の2つのデザインが並べて掲載される
・解説も分かりやすく丁寧
・デザインで知っておくべきポイントや
 豆知識等も多く盛り込まれている。
 おすすめの人 ・レイアウトを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他  

③ フォント・書体見本関連の書籍・本

「フォント・書体見本関連の書籍・本」

  • 実例付きフォント字典改訂版
  • 定番フォントガイドブック

その他の書籍は下の記事を参考に。

実例付きフォント字典改訂版

まず、持っておきたいフォント字典。

 特徴 モリサワフォントワークスと言った
 定番日本語書体メーカーの全書体見本と共に
 最新の使用事例などを一緒にまとめてある
 本当に便利な書籍。
 おすすめの人 ・フォントを学びたい人
・グラフィックデザイナーWebデザイナー等
 書体・フォントを扱う全デザイナー
 その他  

定番フォントガイドブック

タイトル通り、定番フォントが
豊富に掲載してある書籍の一冊。

 特徴 ・和文・欧文の定番フォント、和欧混植の
 フォントなど約700種類の見本を収録した
 ガイドブック。
・タイトル向けの大きいサイズ、
 本文用の小さいサイズ、五十音、記号、
 アルフォベットなどの組み見本が掲載。
・ぱらぱらとページをめくりながら、
 イメージに合った書体を直感的に探せる。
・定番の和文フォントと組み合わせれる
 欧文フォントも紹介されている。
 おすすめの人 ・フォントを学びたい人
・グラフィックデザイナーWebデザイナー等
 書体・フォントを扱う全デザイナー
 その他  

④ 配色関連の書籍・本

「デザインの配色が学べる書籍・本」

  • 配色デザイン見本帳
    配色の基礎と考え方が学べるガイドブック
  • 配色アイデア手帳
    めくって見つける新しいデザインの本

その他の書籍は下の記事を参考に。

配色デザイン見本帳
配色の基礎と考え方が学べるガイドブック

配色の基本知識からアイデア、
配色の実践まで学べる分かり易い書籍。

 特徴 ・配色の入門書に相応しい本
・本のタイトルに「見本帳」とあるが、
 色彩や配色を学ぶ上で大切な基礎の部分が
 抜かりなく全部載っている。
・本の対象が色の知識が全くない人なので、
 かなり分かり易い内容。
・構成は「色の基本知識」「配色の基本」、
「配色の実践」と大きく3つに分かれる。
 おすすめの人 ・色使いを学びたい人
 その他 ・レイアウトデザイン見本帳と合わせて、
 持っておきたい参考本の一冊。

配色アイデア手帳
めくって見つける新しいデザインの本

色々なテーマに沿って、おすすめの
配色パターンが紹介されている書籍で
デザイナーさんからの指示も高い一冊。

 特徴 ・イメージを形にできる新しい配色の教科書
・様々な場面で使える配色のアイデアが
 これでもかと言う程に豊富にある。
 (配色パレットを使ったデザイン例有り)
・基本配色の組み合わせが網羅されている。
・全テーマ見開き完結で読みやすい。
・本のサイズ感もコンパクトで丁度良い。
・CMYK/RGB/カラーコードもきちんと掲載
・「印象別、年代別、国別、色相別」等
 全127項目のテーマと計3,175種類の配色。
・Amazonの「芸術理論・美学」カテゴリの
 書籍でも売り上げ1位獲得
・累計10万部突破の2018年一番売れた
 デザイン本シリーズ(2冊だけど)の一冊。
 内容 ・全13パートで構成されている。
 1. カジュアル・アクティブ・ポップ
 2. ロマンティク
 3. ナチュラル
 4. フレッシュ・クリア
 5. エレガント
 6. ゴージャス・ラグジュアリー
 7. ダイナミック・エスニック
 8. クラシック・シック
 9. ミステリアス
 10. シャープ・モダン
 11. カラフルワールド
 12. カラフルヒストリー
 13. レインボー・カラーパレット
 おすすめの人 ・色使いを学びたい人
 その他  

⑤ デザインテクニック関連の書籍・本

「デザインのテクニックが学べる書籍・本」

  • なるほどデザイン
  • [買わせる] の心理学  
    消費者の心を動かすデザインの技法61

なるほどデザイン

目で見て楽しめる、分かり易いデザイン解説書。

 特徴 ・文字を読んで理解するのではなくて、
 図解やイラストで見て理解する感じの本。
・内容も面白く、スラスラ読み切れる。
・デザインする上で必要な基礎、概念、
 ルール、プロセスが図解やイラスト、写真等
 ビジュアルで丁寧に解説されている。
・この本のデザイン構成と伝え方そのものが
 とても参考になる。(デザインの表現や企画に
 役立てたい内容)
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ人
・デザインを依頼する企業の広告宣伝担当者
 その他  

[買わせる] の心理学
消費者の心を動かすデザインの技法61

デザイン制作において心理学を使う
テクニックがまとめてある書籍。

 特徴 ・普通のデザイン書籍で学べない
 観点からアプローチして書かれている。
人の心理をつかむデザインの本質などを
 理解できるであろう興味深い一冊。
 おすすめの人 ・人の心理をつかむデザインを学びたい人
 その他  

⑥ 名刺デザイン関連の書籍・本

「名刺デザイン関連の書籍・本」

  • 名刺・封筒・ビジネス文具
    デザインコレクション
  • 名刺&小型カードのデザイン
    自由な発想と多様なバリエーション

その他の書籍は下の記事を参考に。

名刺・封筒・ビジネス文具
デザインコレクション

名刺等のビジネスツール見本の書籍。

 特徴 ・名刺をはじめ素敵なビジネスツールが
 沢山紹介されている。
・印刷方法や紙質、印刷会社名の記載もあり
 実際に手法を試したい時にも便利。
・アイデアの引き出しを増やせる書籍。
 おすすめの人 ・デザイン初心者からベテランの人
 その他  

名刺&小型カードのデザイン
自由な発想と多様なバリエーション

様々な名刺やカードのデザインが
数多く掲載されている参考書籍。

 特徴 ・ショップカードや同人作家の名刺など
 小型カードのデザインに役立つヒント集。
・素材や形、特殊印刷など工夫をこらした
 ユニークな実例、280作品。
 おすすめの人 ・デザイン初心者からベテランの人
 その他  

⑦ ロゴデザイン関連の書籍・本

「ロゴデザイン関連の書籍・本」

  • ロゴデザインをするということ。
    成功と失敗から伝える、君へのアドバイス
  • ロゴと展開
    ブランドイメージを伝えるデザイン

その他の書籍は下の記事を参考に。

ロゴデザインをするということ。
成功と失敗からる伝える、君へのアドバイス

感覚的でなく、一方上のブランド戦略まで
踏み込んだロゴデザインをするための必読書。

 特徴 ・北アイルランドでブランド・アイデン
 ティティ専門のデザイナーをしている
 デイビッド・エイリー氏による日本語訳書籍
・既に改訂第2版となっていて、初版よりも
 大幅にページ数も増え充実。
・ロゴの必要性から、デザインするための
 考え方・手順、料金やクライアントとの
 やりとりの注意など、仕事として
 ロゴデザインをする際に非常に役立つ良書
 おすすめの人 ・ロゴデザインを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他 ・デイビッド・エイリー氏が運営する
 下のロゴデザインのブログも参考に。
 (英語のブログだが、なんとなく画像と文を
 見ているだけでも勉強になる。)

デイビッド・エイリー氏のブログ
LOGO DESIGN LOVE

Logo Design Love is a website and bestselling book for designers with an interest in logos and brand identity design.

ロゴと展開
ブランドイメージを伝えるデザイン

ブランドイメージを伝えれる
ロゴデザインを学べる書籍の一冊。

 特徴 ・多くのデザイナーのロゴデザイン事例と、
 そのロゴを使った展開事例が紹介されている
・事例が分かり易くまとまった書籍なので、
 手元に1冊あるとデザインワークのヒントに。
 おすすめの人 ・ロゴデザインを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他  

⑧ 広告デザイン関連の書籍・本

「広告デザイン関連の書籍・本」

  • 何度も読みたい広告コピー
  • コピーが刺さる広告デザイン

何度も読みたい広告コピー

タイトル通り、何度も読みたくなる
広告コピーが載っている書籍。

 特徴 ・広告デザインで大切なキャッチコピーの
 アイデアの参考になる。
 おすすめの人 ・広告デザインを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他  

コピーが刺さる広告デザイン

広告コピーだけでなく合わせて
ビジュアルの重要性も学べる本。

 特徴 ・「言葉の持つ力」が発揮されたデザインや
 文字自体がメインビジュアルになっている
 広告事例が紹介されている。
 おすすめの人 ・広告デザインを学ぶ人
・(グラフィック) デザイナー
 その他  

⑨ デザインツール関連の書籍・本

「デザインツールの使い方が分かる書籍・本」

  • Illustrator しっかり入門
  • Photoshop しっかり入門

その他の書籍は下の記事を参考に。

Illustrator しっかり入門

Illustratorの使い方を初心者に向けて、
丁寧に紹介しているイラレの入門書。

 特徴 基本操作をこの一冊で大体マスター可能
・情報が綺麗にまとめてある。
・作業別にレッスンが細かく分かれていて、
 必要な部分だけを抑えながら読める。
 おすすめの人 ・これからIllustratorを学ぶ人
 その他 ・Illustrato関連の入門書は多くありますが、
 その中でも特に個人的におすすめのもの。
・超初心者の場合は、初めの一歩の解説が
 やや少ないかも?

Photoshop しっかり入門

こちらもIllustratorの入門書と同じ
シリーズのPhotoshopの入門書です。

 特徴 基本操作をこの一冊で大体マスター可能
・他の特徴はIllustratorシリーズと同じ内容
 おすすめの人 ・これからPhotoshopを学ぶ人
 その他 ・Illustratorと合わせて読むと良い。

最後に

グラフィックデザインの勉強に役立つ
書籍は正直言って沢山ありますが、
その中でも特に読んで良かったものや
有名で人気なものをピックアップして
テーマ別に一通り紹介してみました。

紹介した書籍全部と言いませんが、
ある程度これらのものに目を通せば
グラフィックの土台はできるはずです。

是非、気になるものがあれば、
勉強のために購入して読んでみましょう。

なお、その他のデザイン関連の書籍は、
下の記事に一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする