Webデザイナーとは?「仕事内容・収入・職場・働き方など解説」

pc-desk

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、Webデザイナーという
職業の様々な面の解説記事になります。

スポンサーリンク

Webデザイナーの理解を深める

「Webデザイナーに興味あるから
より具体的に職業や仕事等のことについて
理解を深めていきたいと考えている。」
そんな方に向けてこの記事を書きました。

Webデザイナーという職業は
デザイン関連職の中で現在とても需要があり、
まさにWeb (ネット) を使用しどこでもできる
仕事なので人気の高い仕事となっています。

参考記事

そして、Webデザイナーという特性上、
インターネット上でオンラインスクールも
充実していて学び易く目指し易い職業です。

社会人でもきちんと学習すれば転職をして
Webデザイナーを目指すこともできますし、
在宅勤務やフリーランスとしての需要も多く
主婦等にも向いている職業になっています。

それでは、解説していこうと思います。

スポンサーリンク

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーはインターネットが普及した
現代ではとても需要があり魅力的な仕事です。

簡単に言うとWebサイト(ホームページ)の
見た目をデザインし、視覚的にも機能的にも
美しく且つ使い易く仕上げる仕事になります。

① Webデザイナーの仕事とは

Webデザイナーの仕事は多岐に渡りますが、
例えば、次のようなものが挙げられます。

  • 企業やお店のWebサイトをデザインする。
    一番分かり易い内容ですね。各会社やお店の
    Webサイト(ホームページ)をデザインする仕事。
  • インターネットサービスをデザインする。
    例えば、YouTubeのインターターネット
    サービスのユーザーが触る部分 (見た目) を
    操作性と美しさを考慮してデザインする仕事。

  • スマホ用のアプリをデザインする。
    スマホで使われているアプリもWebの一種です。
    使い易さやターゲットに合っている見た目等を
    デザインする仕事。
  • Webシステムのインターフェイスを
    デザインする。
    企業等が使用するようなビジネスシステムも、
    Webを用いることが今では多くなりました。
    主に機能に考慮し使い易いデザインをする仕事。

上記のデザインの内容を見れば分かる通り、
Webデザイナーは現代の世の中にある
パソコンやスマホ、タブレット等で使われる
様々なサービスにとって欠かせない職業です。

② Webデザイナーの仕事の進め方

Webデザイナーの仕事の進め方は、
その仕事の内容によって変わってきます。

例えば、企業やお店から受注して
Webサイト (ホームページ) を作る場合は、
ざっくり次のような流れになるでしょう。

  1. Webサイト作成の目的をヒヤリング

  2. 必要となるページ内容等のサイト設計。

  3. デザイン案を作成する。

  4. デザインが確定したらコーディングする。

  5. 表示テストをしてOKならば納品を行う。

※ コーディングはHTMLやCSSといったWeb言語を使用し
PCやスマホでしっかり表示・動作するようにすること。

インターネットサービスやアプリの場合は
さらに大きく社内のプロジェクトの中で、
仕事の流れが決まってくるようなものなので
そのフローは千差万別となってきますね。

Webデザイナーの給料・年収

Webデザイナーを目指している人は、
給料や年収も気になるはずですよね。

厚生労働省が調査している
「賃金構造基本統計調査」の結果によると、
2017年デザイナーの収入平均は以下のもの。

「2017年デザイナーの平均給与・年収」

   性別  金額
 デザイナー平均給与  男性  33.6万円
   女性  26.6万円
 デザイナー平均年収  男性  477.1万円
   女性  394.8万円

参考 : 厚生労働省 賃金構造基本統計調査

ただ、この調査は様々なデザイナー職
かつ様々な年齢の平均値になっています。

Webデザイナーも様々な働き方があるので、
一概にいくらほどの給料・年収になるとは
言い切れないのが実情です。

次の項目の「働く場所」で書きますが、
一部上場のIT系企業で働く場合もあれば
中小の制作会社で働く場合もありますし、
一般企業のWeb担当となる場合もあります。

その他の職場によっては、Webデザイナーは
デザインだけではなくプログラミング要素を
多く求められる場合だってあります。

プログラミングのスキルが高い人は、
より高い年収を得られる可能性が高いです。

なので、もしもWebデザイナーを目指すなら
デザインだけでなくてWebプログラミングも
一緒に学んでしまうことが良いでしょう。

Webデザイナーの働く場所

さて、Webデザイナーが働く場所は、
どのような場所があるのでしょうか。
いくつか多いものを挙げておきます。

  • デザイン事務所
  • Web制作会社

  • IT企業
  • 一般企業のWeb担当

大きく分けると、Webサイト制作を
お客さん(クライアント)から受注の場合と
自社内のWebサイトやWebサービス等を
デザインする場合の2種類に分かれます。

ただ選択肢に非常に様々な道があるも事実。
就職・転職の場合には、できるだけ多くの
情報を収集することをおすすめします。

おすすめ記事

Webデザイナーの働き方

次にWebデザイナーの働き方ですが、
これもまた多岐に渡っているものであり
ライフスタイルに応じ色んな選択が可能。

主に次のような働き方(勤務形態)があります。

  • 正社員・派遣社員・パートとして
    企業内で働く。
  • 正社員・派遣社員・パートとして
    在宅で働く。

  • 独立してフリーランスとして働く。
  • 企業してWeb制作会社を経営する。

  • 企業してWebサービスを提供する。

特に注目すべき点は、インターネットを使い
どこなところでも仕事が行い易い点であって、
組織に属してリモート勤務が可能であったり
フリーランスとして活動することもできます。

クラウドソーシングや案件紹介サイトを使うと
比較的に仕事も探し易く、量も多いことから
その需要があることがよく分かると思います。

関連記事

おすすめ記事

クラウドソーシングで特におすすめな2社
クラウドワークスとランサーズ (準備中)

Webデザイナーに関連する資格

Webデザイナーになるのに
「資格はいりますか (必要ですか)?」
「有利な資格ってありますか?」
というような質問を実際によく聞きます。

しかし結論から言って資格はいりません。
というのも、大切なのは制作物そのものや
その効果が大切な仕事であるからです。

ただこれは、医者や弁護士等のようなに
資格がないとできない仕事でない限りは、
どんな職業であっても一緒なはずですね。

なので、資格が幾つかあるからといって、
特には有利になることは殆どありません。

Webデザイナーの魅力

この記事ではこれまでにWebデザインの
仕事や働き方等を紹介してきました。

その内容から考えると
Webデザイナーはモノやサービス作りの
楽しさや職業・働き方の観点から見ても、
とても魅力的なことが分かると思います。

そして、何よりも現在非常にニーズが高い
職種であることも大きな魅力でありますし、
社会人でもオンラインスクール等の活用で
目指し易い職業であることもメリットです。

  • あらゆる業界に関わることができる。
  • 様々な雇用形態で働くことができる。

  • 独立や起業をすることも可能。
  • 社会人からでも目指せる職業。

デザイナーという仕事についての魅力は
下記事でまとめているので合わせてどうぞ。

Webデザイナーになる方法

Webデザイナーを目指すのであれば、
もちろん独学という手段もありますが、
その特質においてオンラインスクールの
活用するのもかなりおすすめだと思います。

まずWebサービス利用経験は役立ちますし
WebデザインをWeb上で学習することは、
理にもかなっていると言えるでしょう。

マンツーマンで学べるスクールもあるので、
まずは無料体験をしてみるのがおすすめ。
以下のWebデザイン学習オンラインスクール
まとめ記事を参考にして探してみて下さい。

なお、デザイナーがプログラミングを学ぶ
メリットは下記事で詳しく解説しています。

デザインとプログラミング(コーディング)の
ダブルスキル習得は本当におすすめなので、
これから学ぶのであれば検討してみましょう。

関連記事

まとめ

Webデザイナーについて色々書きましたが
これからの時代Webをデザインすることが
できるスキルは本当におすすめです。

誰かのためWeb制作するのはもちろんですが、
Webデザインとプログラミング(コーディング)
2種類のスキルを持ち合わせていることにより
自分でサービスを作って稼ぐことも可能です。

例えば、個人でWebサービスを作っている
例として「イリテク」さんがあります。

また、WordPressというWeb制作システムの
テンプレートを個人で開発し販売している
事例としても「Emanon 」等、多数あります。

方向性は後からでも決められるものなので、
まず知識や技術を身につけWeデザイナーを
目指すのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする