グラフィックデザイナーからWebデザイナーを目指す「可能性と転職方法・手順」

child-sky-cloak

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、グラフィックデザイナーから
Webデザイナーへの転職記事になります。

スポンサーリンク

グラフィックデザイナーの
転職の質問と回答

Q.「グラフィックデザイナーとして
現在デザインの仕事をしているのですが、
正直言うとグラフィックデザインだけでは
長い目で見てみると不安に感じています。

なので、今からWebデザインを学習して
Webデザインの仕事もできるようになり
転職も考えているのですが可能ですか?」

A.「結論から言うと、十分に可能であり
上手く転職活動を行うことができれば、
良い条件で転職できる可能性もあります。
方法としては次の3つのステップが必要。」

  • Webデザインの基礎知識を身につける。
  • 転職活動の準備を始める。

  • ポートフォリオサイトを作る。

現役のグラフィックデザイナーとして
デザインの仕事で活動されているならば、
デザインの知識・技術は身に付いており
Webデザインと共通して使うツールである
Adobe IllustratorやPhotoshop等の操作も
当たり前のようにできるはずだと思います。

ということは、Web特有の知識であるような
HTMLやCSS等のレイアウトに必要な言語と
機能や動きをつけたりする場合に利用する
プログラミング的知識を勉強すれば良いだけ。

Webデザイン特にHTMLやCSSはそこまで
比較的難しいものでは決してありませんし、
最近はオンラインのスクール等を利用して
Web上で学ぶことだってできてしまいます。

また、Webデザインの知識があることにより
転職先もWebデザイン会社だけではなくて、
一般企業の広報部等も選択肢に入れれます。

色々と魅力的なキャリアアップできてしまう
可能性がある分野なので、興味を持ったなら、
是非やってみることを強くおすすめします。

それでは、具体的なステップを解説しますね。

スポンサーリンク

Webデザインの基礎を身につける。

まずWebデザインの基礎を学びましょう。

ちなみにですが、Webデザインは独学で
学習することも可能な分野ではあります。

しかし、グラフィックデザイナーとして、
ある程度キャリアがあり、年齢も30前後か
それ以上である場合には時間を大切にして
下記事で紹介してるオンラインスクールで
効率的に学ぶことをおすすめします。

Web関連プログラミングも同時に学習でき、
そもそもWebデザインであるのでWeb上で
学ぶのは効率的かつ経験としても良いです。

また、これからの時代はデザイナーが、
プログラミングを身に付けることは重要で、
大きなメリットにも繋がってくるでしょう。
下の記事でも解説しているので是非一読を。

転職活動の情報収集・準備をする。

グラフィックデザイナーとして
デザインの知識・スキルもあるはずなので
Webデザインについては基礎的なことが
できるだけでアドバンテージとなってきて
転職活動等でもそれなりに有利になります。

そこは自分の魅せ方なので、
これまでのグラフィックデザイナーとしての
スキル・経験やキャリア等をアピールしつつ、
次のステージに向け投資・挑戦しているのを
相手に上手く伝えれるとさらに良いでしょう。

先にオンラインWebデザインスクールで学び、
Webデザインの基礎を学ぶという「行動」を
しましょうと書いたのも、それが理由です。

実績と投資・挑戦の部分を意識しながら、
転職のために情報収集をきちんとしましょう。

無料で登録して利用できる転職情報サイトや
転職エージェントをしっかりと活用するのが
上手くいく、成功する転職の秘訣ですね。

デザイン事務所や制作会社等だけではなくて
一般企業のインハウスデザイナーはもちろん、
広告・宣伝部等の想像していなかったような
転職の求人情報を見つけることも可能ですし、
一般企業は労働条件も良い場合もあります。

まずは、いくつかの転職求人情報サイトや
転職エージェントに無料で登録をしてみて
掲載の情報を数ヶ月間チェックしましょう。

手始めに、以下の記事にあるサイトから
利用していくことをおすすめします。

また、当サイトでは「転職の手引き」として
自分のことを知り、上手くいく転職のための
ステップをまとめているので是非参考に。

ポートフォリオサイトを作る。

さて、Webデザインスキル技術を学びつつ
転職に向けての情報収集を始めたならば、
並行して自分のポートフォリオサイトも
作ってみることをおすすめします。

転職活動での実践アピールにも使えますし、
下の記事を参考にしつつ作り込んでいけば、
フリーランスとしての独立を視野に入れたり
副業としても活動するのが可能になります。

これは独立するデザイナー向け記事ですが、
これからは副業で実績を作るのも大切でし
そこで作った実績は転職の役にも立ちます。

またポートフォリオ自体がWebデザインの
実績になるので、グラフィックデザイナーから
Webデザイナーに向けての勉強の一環として
作ってみることは価値は非常にあるでしょう。

ポートフォリオやWebサイト作り方

損することはないはず。
まずはWebデザインを学ぼう。

この記事ではグラフィックデザイナーが、
Webデザインを学ぶメリットも含めつつ
転職のステップについて書いてきました。

始めの方に書いたように
結論としてはグラフィックデザイナーから
Webデザイナーになるのは可能なことです。

しかし明日からすぐという訳にはいきません。
先に進むにはできる限り早く始めるのが大切。

Webデザインを学ぶのは今の時代において
損をすることでは絶対ないのは確かですし、
情報収集も無料でありデメリットもないです。

まずは一歩踏み出すことから始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする