デザイナーのための転職求人情報サイト・サービスまとめ「総合・専門タイプの活用方法」

resume

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザイナーのための転職求人の
情報サイトの紹介記事になります。

スポンサーリンク

デザイナーのための転職求人情報サイト

デザイナーとしてキャリアアップしたい。
スキルを活かして異業種に転職をしたい。
地元にUターンしデザインの仕事がしたい。

ある程度デザイナーとして経験を積むと、
自分の目指す将来像やライフスタイルを
現実するため転職を考える人も多いはず。

今すぐの転職でなくとも、
早めに情報収集だけでも始めておくことで、
より良い転職ができる可能性が高まります。

デザイナーの転職活動では下記事の手順で
自分の特性・強みをしっかり理解した上で、
まずは「転職求人情報サイト」を活用して
情報を収集することをおすすめします。

ポイントは、転職活動を思い立ったら、
すぐに情報集めをスタートさせること。

理由は求人情報は常に入れ替わってるので、
転職情報求人サイトに登録しておくことで
最新情報を常にいつも把握できる状態にし、
良い案件を見逃さないようにするためです。

またそうすることで常に掲載されっぱなし
求人等を見つけることもできてしまうので、
「ここは人の入れ替わりが激しい?」とか
「ここは急成長しているのかな?」などと
自分なりに分析することもできます。

そこでこの記事では、転職求人情報サイトを
活用するポイントやメリット・デメリット等
書いているので参考にして下さい。

スポンサーリンク

複数の求人情報サイトに登録しよう。

なお、転職は良い求人を見極めるために
下記で紹介するサイトに複数登録を行い
数ヶ月から1年間くらいは求人情報を
チェックすることをおすすめしています。

因みに、理由としては次の通り。

  • 求人の傾向が見えてくる。
  • お宝求人に出会える可能性がある。

  • 求人先のブラック度等が垣間見える。

① 求人の傾向が見えてくる。

ある程度のスパンで求人をチェックすると
今後、拡大していきそうな領域・分野や
業界全体の仕事量等が見ることができます。
求人の内容や量をチェクしてみましょう。

② お宝求人に出会える可能性がある。

常に求人チェクしていると自分にとって
お宝求人を見逃すことがなくなります。

良い求人というものは応募が殺到して
すぐに求人募集が終わってしまいます。
また、複数サイトを利用するのも大切。

③ 求人先のブラック度等が垣間見れる

一度終了した求人がすぐに再募集する場合
よく検討をした方が良いかもしれません。

事業成長が早いのか、入れ替わり多いのか
しっかりと見極める必要があるからです。

長期スパンでチェックすることにより、
求人企業の傾向がさらに見えてきます。

転職求人情報サイトを利用するメリット

また転職を考えた際に、求人サイトを
利用するメリットは次の通りになります。

  • 無料で情報を集めることができる。
  • 登録することで非公開求人情報を見れる。

  • 最新求人情報をメールで受け取れる。
    (検索条件も指定可能)

それでは、チェックしておくべき
転職情報求人サイトを見ていきましょう。

王道の転職求人情報サイト
(地方の求人も多い。)

まずは、有名どころの一般的転職情報
サービスを利用するのがポイントです。

デザイン業界以外にも一般的な企業の
広告宣伝部や販売促進部などの多くの
求人を見つけることが可能になります。

また、地方の求人情報も豊富なため、
地方在住の方やUターン・Iターン等を
目指す人にとってもおすすめですね。

① リクナビNEXT

rikunabi-next

リクルートが運営する大手の転職情報サイト。

 特徴 ・都心から地方まで非常に多い求人が記載
 まずは登録しチェックしておきたいサービス
 メリット ・大手で利用者も多く安心して使える。
・地方の求人情報が多い。
・条件登録を登録すると、新規の情報を
 メール受信できるなど使い勝手も良い。
 デメリット ・利用者も多いので、良い求人に対する
 競争率が高い可能性がある。
 その他  

リクナビNEXT

リクルートキャリアが運営する転職・求人情報サイトで、あなたに合った求人を見つけよう!【リクナビNEXT】は、転職・求人情報はもちろん、スカウト機能や転職のノウハウなどお役立ちコンテンツで、あなたの転職活動をサポートする転職・求人情報サイトです。

② マイナビ転職

mynavi-tenshoku

リクナビNEXTと同様に大手転職情報サイト。

 特徴 ・リクナビNEXTにないレアな求人情報が、
 掲載されているイメージ。
 こちらも登録必須サービスの1つ。
 メリット ・地方の求人にレアなものが多いため
 思いもよらない求人を見つけられる。
・王手ならではの安心感も魅力的。
・サイトの使い勝手も問題ない。
 デメリット ・利用者も多いので、良い求人に対する
 競争率が高い可能性がある。
 その他  

マイナビ転職

転職は【マイナビ転職】。転職準備のすべてが分かる!日本最大級の転職サイト。プロによる「履歴書添削」「面接ノウハウ」「WEBセミナー」など転職サポートが充実。企業と直接話せる転職フェアも全国で開催。正社員の転職 ・求人情報を豊富に掲載中!

③ doda (デューダ)

doda

サイト上で公開されている求人企業に
直接応募することができる求人サイト。

 特徴 ・求人企業に直接応募可能な転職求人サイト
・エージェントのサービスが利用できる。
・情報を登録しておくと利用できる
 スカウトサービスがあることも大きな特徴
 メリット ・非公開求人も多いので登録しておくと、
 魅力的な求人を紹介してもらえる可能性あり
・求人情報サイトとエージェントが、
 一体化したようなサービスで利用しやすい。
 デメリット ・転職求人の情報だけを見たい場合は、
 エージェントから連絡も来る可能性があり
 少し面倒臭いかもしれない。
 (ただ、連絡に関しては今は必要ない意思を
 あらかじめ表示しておけば問題なし)
 その他  

doda (デューダ)

デザイン・クリエイティブ業界に
特化した求人情報サイト

業界に特化した情報が集まっており
特に有名であるデザイン事務所などの
魅力的な転職の案件が比較的多いので、
是非チェックしておきたい求人サイト。

特化サイトならではである求人情報を
上手いこと転職活動に利用しましょう。

① デザインのお仕事

desgn-jobs

デザインの情報サイト「JDN」が、
運営を行なっている求人サイト。

 特徴 ・デザイン事務所等の、いわゆる
 デザイン業界の求人が集まっているサイト。
 メリット ・デザイン情報サイトを運営するだけあって
 デザイナー職にぴったりの求人が多い。
 デメリット ・あくまで、求人情報の掲載サイトなので
 各企業に合わせ個別に応募する手間が必要。
 その他  

デザインのお仕事

グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、建築、アート、WEB、エンターテインメントなど、デザインやクリエイティブに関わる人のための求人サイト「デザインのお仕事」。

② JOB STAGE

job-stage

株式会社アルトソフトが運営する
デザイナー・クリエイター専門の
求人情報サイトの1つになります。

 特徴 ・デザイナー・クリエイターに
 特化した求人情報サイト。
・会員登録しておけば新着情報をメールで
 受け取ることができる。
 メリット ・デザイナー・クリエイター求人情報が
 幅広く掲載されている。
・補足的な情報収集におすすめ
 デメリット ・あくまで、求人情報の掲載サイトなので
 各企業に合わせ個別に応募する手間が必要。
 その他  

JOB STAGE

プロフェッショナルのグラフィックデザイナー・Webデザイナー・空間デザイナー・プロダクトデザイナー、カメラマン等、クリエイターの為のデザイン・クリエイティブ関連の求人広告・お仕事情報を掲載中!転職ガイド・キャリアプランガイドは転職活動・採用活動にお役立て下さい!

③ アートとデザインの現場

art-design-jobs

美術手帳というアート系雑誌を発行する
美術出版社が運営する求人情報サイト。

 特徴 ・デザイン事務所等の、いわゆる
 デザイン業界の求人が集まっているサイト。
 メリット ・超有名デザイン事務所等の求人もある。
・求人の応募フォームがあるので、
 サイト単体でも利用しやすいサイト。
 デメリット ・求人情報が少ない。
 その他  

アートとデザインの現場

美術手帖がお届けするアートとデザインの求人サイトです。アート、デザイン、ファッション、出版、広告・マスコミ、WEB・デジタル、インテリア 等に携わる求人案件を掲載しています

情報収集は今すぐスタートするのが
転職を成功させる鍵

転職情報サイトは、利用者側がサービスを
無料利用できるので、迷わずまず行動に
移すことが成功する転職の秘訣になります。

いつかは転職と考えているのならば、
登録し情報収集だけでも早めにしましょう。
すぐに動き出せるかどうかが転職では大切。

なお、下記事を参考に転職エージェントと
合わせながら利用していくのがポイント。

デザイナーの転職ステップは下記事で紹介。

スポンサーリンク

シェアする