デザイナーのための上手くいく転職の手引き「自分の特性・強みの理解方法と転職先の探し方」

sky-picture

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

この記事は、デザイナーのための
成功する転職の手引書となります。

スポンサーリンク

デザイナーの転職の手引き

これまでデザイナーとしてある程度
仕事の経験を積んできたんだけれど、
そろそろ次のステージに進みたい。
自分が本当にやりたいデザイン制作と
働き方等が可能な環境に転職をしたい。

そう考えているデザイナーさんに向け
この記事を書いてみました。

デザイナーとして実務経験を数年積んだら
デザイナーとしてのキャリアのアップや、
ライフスタイルに合った働き方をするため
転職を検討する場合も多いと思います。

どうせ転職するならば、自分にとって
今よりも最適な働き方をしたいですよね。

仕事内容はもちろん、給料、休み、
勤務場所等、沢山の希望条件があるはず。

そこでこの記事では「デザイナーのための
上手くいく転職の手引き」と称して、
上手くいく(成功する) 転職のために必要な
方法や手順等を分かり易くまとめています。

ポイントは、まず自分の目指していく
ワーク・ライフスタイルを定めること。
そして、自分の特性・強みをしっかりと
把握しながら転職活動を行うことです。

ステップ形式で解説していくので、
順番に実践して頂ければと思います。

スポンサーリンク

転職活動で大切な5つのこと

「転職活動のステップ」

  • 自分にとっての転職成功を意識する。
  • 自分の特性・強みを理解する。

  •  自分の市場価値を測定する。
  • 転職求人情報サイトで情報収集をする。

  • 転職エージェントで転職活動をする。

① 自分にとっての転職成功を意識

まずは、転職活動を始めるにあたり
自分にとっての「転職成功」を
意識してきちんと考えてみましょう。

人によって「転職成功」の定義は様々で
今の仕事より収入アップの場合もあれば、
休日日数が多くなることかもしれません。

もしくは、地方移住できること
故郷にUターンできることかもしれません。

まず、自分が転職に何を求めているのかを
把握することで、転職活動が報われるはず。

また、条件がはっきりすることによって、
理想の求人を探す手段も以前より明確化し
転職先の候補を見つけ易くなってきますね。

② 自分の特性・強みを理解する。

「転職成功」を意識できたならば、
具体的に転職活動を始めていく前に一度、
自分の特性・強みを理解するのがおすすめ。

理由は、自分を客観的に見ることによって
履歴書・志望動機書等に記載する内容を
まとめやすくなることと、実際の面接時に
しっかりと受け答えできるようになるから。

大手の転職情報サイト「リクナビNEXT」では
無料登録するだけで「GOODポイント診断」
というWeb診断を行うことができます。
ぼくもしましたが、おすすめなので是非。

「グッドポイント診断」

③ 自分の市場価値を測定する。

次に現時点での自分の市場価値を
測定してどれくらいか知りましょう。

MIIDASという転職サービスアプリでは、
無料ユーザー登録をすることにとって
「自分の市場価値 (最適な年収) 」を
診断することが可能となっています。

これが全てという訳ではありませんが、
自分の市場価値を知っておくことで
転職活動において給料交渉等の材料に
なることも場合によってはありますね。

是非活用してみると良いと思います。

MIIDAS(ミイダス) 0 - デザイナーのための上手くいく転職の手引き「自分の特性・強みの理解方法と転職先の探し方」

bgt?aid=190930322342&wid=001&eno=01&mid=s00000015408001023000&mc=1 - デザイナーのための上手くいく転職の手引き「自分の特性・強みの理解方法と転職先の探し方」

④ 転職求人情報サイトで
情報の収集をする。

さて、ある程度客観的に自分のことを
把握することができたなら転職求人の
情報サイトで情報の収集をしましょう。

ポイントは転職活動を思い立ったならば、
すぐに転職求人情報を集めることです。

理由は求人情報は常に入れ替わってるので、
転職情報求人サイトに登録しておくことで
最新情報を常にいつも把握できる状態にし、
良い案件を見逃さないようにするためです。

またそうすることで常に掲載されっぱなし
求人等を見つけることもできてしまうので、
「ここは人の入れ替わりが激しい?」とか
「ここは急成長しているのかな?」などと
自分なりに分析することもできます。

転職求人サイトを利用するメリットや、
おすすめの転職求人サイトは下記事に
まとめてるのでチェックしてみて下さい。

⑤ 転職エージェントを使って
転職活動する。

次により具体的に転職活動をする場合は
「転職エージェント」も活用することを
おすすめします。

転職求人情報サイトの違いは以下の感じ。

  • 転職求人情報サイトは、
    「情報を見つけて、自分で応募する。」
  • 転職エージェントは、
    「担当者がヒヤリングした上で
     最適な
    求人を紹介してくれる。」

転職エージェントでは給料の交渉や
面接のセッティングもしてくれるので、
転職活動の強い味方となると思います。

転職求人情報サイトと合わせ利用すると
最適な転職先を見つけるための選択肢が
増えるので是非とも利用してみましょう。

転職エージェントを利用するメッリトや
おすすめの転職エージェントは下記事に
まとめてるのでチェックしてみて下さい。

もちろん、利用は無料です。

デザインスキルを活かした
転職先は沢山ある。

デザインのスキルを活かした転職先は、
デザイン事務所や広告代理店に限らず
思っている以上に沢山あるものです。

Webデザイン等のスキルがあるならば、
社内デザイナーを募集しているような
企業も数多く求人の情報にありますし、
メーカーのインハウスデザイナーもあり。

様々な選択肢を把握していくためにも
自分の特性・強み、市場価値を理解して、
転職求人サイトや転職エージエントを用い
納得の転職活動をするのをおすすめします。

ダブルスキルを身に付けて
自分の価値アップするのもおすすめ

これからの転職市場で自分の価値・
デザインスキルをアップするためにも
プログラミングのできるデザイナーを
目指すのもおすすめの選択肢の1つ。

そのメリットを書いた記事も参考に。

無料体験ができ、Webデザインと
プログラミンが学べるスクールは
以下の記事にまとめています。

スポンサーリンク

シェアする