デザインを仕事にする魅力・メリット「多様な働き方や可能性」

woman-bubble

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザイナーの仕事の魅力や
メリットについての記事になります。

スポンサーリンク

デザインを仕事にする魅力とメリット

「デザイナーを目指しているんだけれど、
 デザインの仕事の魅力って何だろうか
 しっかり知っておきたいと思っている。」
そんな人のためにこの記事を書きました。

現在は、デザインを勉強するハードルも、
必要なツールや機材を揃えるハードルも
一昔前よりかなり下がってきているため、
デザイナーという職業を目指すことは
誰でもできるような時代に変わりました。

また、デザインのスキルや知識は、
デザインの業界で役に立つだけでなくて
プレゼンの資料等を作成することがある
ビジネスマンでも活用できるスキルです。

デザイナーは資格等も必要ない職業のため
意欲と頑張り(継続)があれば誰であっても、
デザインを仕事にすることが可能ですね。

なお、デザインの仕事について書いた
以下の記事を先に読んでおくとことで
これからの内容も理解が深まると思います。

それと、様々なデザイナーの職種は、
以下の記事に目を通せば見れます。

スポンサーリンク

デザインを仕事にする魅力

 「デザインを仕事にする魅力」

  • デザインの仕事は楽しいし嬉しい。
  • デザインの仕事は形として残る。

  • デザインの仕事は書籍や本に
    作品が掲載されることがある。

デザインを仕事にすることには、
とても素晴らしい魅力があります。

自分自身が楽しくやりがいを持ちながら
デザインを行なった仕事が形として残り、
時に雑誌や書籍等で紹介されたりする
喜びは非常に比べようがないものです。

① デザインの仕事は楽しいし嬉しい。

まずは一番に「楽しい」ということが、
デザインの仕事の魅力になるでしょう。

自分でデザインを考えて形にしていくのは
モノ作りが好きな人にとっては最高の仕事。

また、広告系のデザイン制作の場合では
集客や売上等がの結果に繋がることで、
お客さん(クライアント)に喜んで頂けると
二重の喜びを感じることができますね。

② デザインの仕事は形として残る。

そして、ロゴや看板、パッケージ等
長く使用され人目に触れる仕事は、
そこに結果が目に見え存在するため
満足度も高いと言えると思います。

ぼくもデザイナー(クリエイター)として
フリーで活躍している身ではありますが、
自分がデザインしたものを街中やWebで
見かけるとちょっとニヤけてしまいます。

自分がした仕事が世の中に残るのは、
非常に魅力的であり光栄なことです。

③ デザインの仕事は書籍や本に
作品が掲載されることがある。

さらに、自分のデザインの仕事や作品を
Web (サイト )を通じて公開していると、
出版社等から連絡がありデザイン書籍へ
掲載の依頼をもらえることもあります。

第三者からデザインを評価してもらい
紹介されることはデザイナーにとって
光栄なことであり魅力であるとともに、
お客さん (クライアント) にとっても
露出が増え良い結果になってくれます。

デザインを仕事にするメリット

 「デザインを仕事にするメリット」

  • 多様性ある働き方やワークスタイル
  • 自分でモノ作りができる。

  • 自分の裁量で多く稼げる。

今まで述べてきた魅力があるだけでも、
デザインを仕事にするメリットですが、
そのデザインの職業柄・特性等からも
色々メリットを挙げることができます。

① 多様性ある働き方やワークスタイル

デザイナーという仕事は、
多くの就業形態で働くことが可能。

具体的には以下のようなものです。

  • 就職して会社内で働く。
  • 就職して在宅ワークをする。

  • 独立してフリーランス、
    個人事業主として働く。
  • 就職・派遣・アルバイトをしながら、
    副業のフリーランス・個人事業主

  • 企業して事業をする。

また、スキルがものを言う職業なので
デザインの経験・実績があるならば、
転職も容易なのもメリットの1つです。

具体的なデザイナーの働き方と
キャリアアップについては下記事を参考に。

② 自分でモノ作りができる。

デザイナーは自分でモノを生み出せるので
上記の就業形態でお客さんのモノを作る
受託制作のクライアントワークだけでなく、
メーカーとしてモノ作りと販売を行えます。

苦悩・デメリットの記事でも書いていますが、
受託制作はお客さん (クライアント) ありきで
採用するデザイン制作物の案等の最終決断は
先方に大体の場合で委ねる必要があります。

しかし、デザイナーはワークスタイルの1つで
「起業して事業をする。」の選択もあります。

具体的には、自社製品をデザインし販売して、
この受託制作をせずに稼ぐことが可能です。

これは、自分自身でデザインできると言う
デザイナーという職種の大きなメリット。

起業の具体例は下の記事を参考に。

③ 自分の裁量で多く稼げる。

会社員として特に高給料の職業でないですが、
上記のように多様な働き方の形があるため
転職でのキャリアアップや独立が望めます。

つまり、実績と頑張りによっては、
大きな収入を得ることも十分に可能です。
独立や起業を視野に入れれるのはメリット。

もちろん、会社員であってもディレクターや
チームリーダーとして管理職を目指すことで
収入アップが見込めますね。

デザインの仕事には多くの
魅力やメリットが存在する。

デザイナーとして仕事をすることは、
数多くの魅力やメリットがあることが
大体分かったのではないでしょうか。

とはいえ、デザインの関係の仕事以外でも
どんな仕事も苦労やデメリットはつきもの。

よりデザインという仕事を理解するために
デメリットも是非理解しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする