デザイナーの多様な働き方・ワークスタイル「就職・転職・独立等の魅力的なキャリアを」

people-evening-sun

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザイナーの多様な働き方と
ワークスタイルの紹介記事になります。

スポンサーリンク

デザイナーの多様な働き方と
ワークスタイル

「デザイナーってどんな働き方あるんだろうか、
  キャリアアップの方法ってどんな感じなのか」

そんな疑問や不安を持った人に向けて、
それを解決できるような記事を書きました。

結論から言うとデザイナーは、
手に職を持っているクリエイティブ職であり
昨今のWebを使ったサービスの進歩により
本当に多様な働き方が可能になっています。

そこでこの記事ではデザイナーが選択できる
様々な働き方について紹介していきます。

デザイナーの魅力の1つは就職・転職・独立
起業等の様々なキャリアアップ方法があって
多様なワークスタイルが選べるところです。

代表的な働き方をピックアップして、
解説していくので参考にしてみて下さい。

なお、これからデザインを仕事にしたいと
思っている方は下の記事を参考にどうぞ。
デザイナー (デザイン) の仕事について、
恐らく理解し易いのではないかと思います。

また、覚悟さえ決まっていれば未経験から
デザイナーになることだって可能ですね。
下の記事を参考にすれば、年齢や環境に応じ
最適な方法でデザイナーを目指せるはずです。

それでは、デザイナーの代表的な働き方や
ワークスタイルをみていきましょう。

スポンサーリンク

就職・アルバイト
会社員デザイナーとして働く。

デザインを学んできて、デザイナーとして
キャリアを積むためまず選択肢に挙がるのが
デザイン事務所や広告代理店等に就職をして、
社員やアルバイト (パート) として働くこと。

まず、デザイン業界の一般的なことを知って
様々な経験ができるという意味においても、
一度企業に入って働くメリットは多いですね。

また、デザインの仕事の雇用形態は、
様々で次のようなものがあります。

  • 正社員・契約社員
  • 派遣社員

  • アルバイト・パート
  • 業務委託

働き方も、通勤や在宅ワーク等と様々。
子育て中だから業務委託で在宅ワークしたり
パートとして時間を区切って働くことだって
企業によってはできる時代になっています。

会社員デザイナーとして就職・アルバイトで
雇用されてデザイン職で働きたい場合には、
求人情報を見つけた上応募の必要があります。

下の記事で、具体的な方法・手順も紹介し
書いているので是非参考にしてみて下さい。

転職・キャリアアップ
会社員デザイナーのスキルアップ

デザイナーとして働いて、ある程度に
キャリアを積んでスキルアップすることで、
さらなるデザインのキャリアアップを目指し
1つの道として転職を考えることができます。

地方で小さなデザイン事務所や制作会社で
実績を積みながら、賞を応募し受賞したり、
作品がデザイン書籍に掲載されたりすると
自分の実力を客観的に判断してもらえます。

そうすることで、次のような
デザイン分野の転職の選択肢が考えられます。

  • 大手広告代理店やメーカーのデザイン部に転職
  • 一般企業にキャリアを活かす転職

  • 興味の強い分野のデザイン事務所に転職

① 大手広告代理店や
メーカーのデザイン部等に転職

実績を持って転職活動を行うことで、
有名企業の仕事ができる大手広告代理店や
メーカーのデザイン部に転職が可能です。

ぼくの周りでも地方の広告代理店から電通等
大手広告代理店に転職した事例も幾つか有り。

実力と実績があればキャリアアップして、
より大きい仕事を目指すことができるのも
デザイナー職の素晴らしい一面になりますね。

② 一般企業にキャリアを活かす転職

また、近年はデザインの力が
かなり重要しされつつあるので一般企業の
広告・宣伝部や広報・マーケティング部へ
転職も選択肢に挙げることができますね。

これまでの実績をもとにデザイン会社等に
発注側として関わる仕事に就くことも可能。

デザインとマーケティングの知識を持った
コンサルタント的な仕事も需要があります。

③ 興味の強い分野のデザイン事務所に転職

ブランディングやパッケージ、雑誌編集等
自分がより興味関心がある分野に特化した
会社へ転職を考えることもできます。

専門性を高めて特定分野のデザインの
第一人者を目指すのも良いでしょう。

成功する転職方法とは?

デザイナーとしてキャリアアップ転職の鍵は
いかに情報を集めて希望にマッチした求人を
探すし見つけることができるかです。

デザイナーの転職・キャリアアップの
選択肢については下の記事に書いています。

また、デザイナーとして転職し成功するための
ステップ (流れ) は下の記事でまとめています。

自分のライフスタイルとスキルに合った
自分にとっての成功を意識することが大切。

求人を見つける際は、転職情報サイトや
転職エージェントをうまく使いましょう。

独立・フリーランス
組織に属さずデザイナーとして活躍

転職してキャリアアップをする他には、
独立しフリーランスという選択肢もあり。

企業や組織に属さずにデザイナーとして
様々な仕事を個人として請け負っていく
個人事業主になるという選択になります。

仕事の受注先は次のように様々です。

  • 広告代理店から仕事の下請けをする。
  • 企業・個人から直接仕事を受注する。

  • クラウドソーシング等の
    サービスを通じて仕事を受注する。

働く場所は自宅だったりオフィスを借りたり
コワーキングスペースを使ったり色々です。

企業に属していると仕事の実績は、
企業のものとなることが大体多いですが、
個人でした仕事は個人の実績になります。

デザイナーとして名前を売りたい場合には
独立は最適な選択肢だと言えるでしょう。

もちろん、数人のデザイナーを雇用して、
個人デザイン事務所の代表になってしまい
受ける仕事を増やすことだって可能です。

成功する独立方法とは?

デザイナーとして独立する方法・手順は
以下の記事にまとめて書いています。

また、事前にしておきたい内容については
この記事で一通り解説をしています。

会社員時代にしておくべきことや独立前に
しっかりと考えておきたいことについて
書いているので参考にしてみて下さいね。

それと独立するにあたってメリットや
デメリットを理解しておくことも大切。

起業・スタートアップ
デザインスキルを活かして事業を

最後に、デザイナーの1つの選択肢として
おすすめしたいのが「起業」することです。

独立・フリーランスとの
起業の違いは次の通りになります。

  • 独立・フリーランス
    デザイナー職 (プレーヤー) として、
    企業の仕事を受注して仕事をすること。
  • 起業
    デザインスキルを活かして自分の製品や
    サービスを作り出し企業や個人に売ること。

依頼したものを形にしないということが、
大きく異なってくる点なりますね。

これができると、お客さん(クライアント)に
依頼案件ごとに毎回左右されることがなく、
自分で仕事をコントロールすることが可能。

デザイナー業務のリスク分散としつつ、
並行して事業を行うこともおすすめです。

デザイナーとして起業する方法と
その魅力についてはこの記事を参考に。

多様な働き方・ワークスタイルを活かし、
理想のデザイナーとしてキャリアを送る。

この記事では、デザイナーの働き方、
就職・転職・独立・起業等のキャリアUP
多様なワークスタイル等を解説しました。

自分のライフスタイルの変化に応じて
柔軟によりキャリアアップをしていったり、
ワークスタイルをいつでも変化できるのは、
デザイナーという職業のメリットになります。

まずデザイナーとしてスキルアップが大切。
ですが、その先のキャリアを見据えながら、
希望を持ちデザインライフを楽しましょう。

スポンサーリンク

シェアする