ファッションデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

human-future-digital

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、ファッションデザイナーを
目指す人におすすめの学校を紹介します。

スポンサーリンク

ファッションデザインを学ぶのに
おすすめの大学・専門学校

ファッションデザインで実績のある
おすすめの学校をまとめてみました。

ファッションデザイナーを目指すなら、
まずは知っておくべき超有名校です。

これから学校を検討する人は、
優先的にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ファッションデザインを学ぶのに
おすすめの大学・専門学校まとめ

「ファッションデザインが学べる学校」

 ジャンル  学校名
 ① 大学  多摩美術大学
 文化学園大学
 ② 専門学校  文化服装学院
 桑沢デザイン研究所

① ファッションデザインを学ぶのに
おすすめの大学

「ファッションデザインが学べる大学」

  • 多摩美術大学
  • 文化学園大学

多摩美術大学

tamabi - ファッションデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

アート界では最も実力がある大学。
ファッションデザインだけではなく、
様々なデザイン・アート・演劇分野で
数多くの有名人を排出していますね。

テキスタイルデザイン専攻が有名で、
テキスタイルを学びたいなら強みあり。

代表的な卒業生では、三宅一生氏ですが、
彼は図案科を卒業しています。

文化服装学院とは違ったアプローチで、
ファッションに関わりたいなら検討を。

 学校  多摩美術大学
 学部  グラフィックデザイン、情報デザイン、
 プロダクトデザイン等
 学費/年  ¥1,889,000 〜 ¥1,920,000
 特徴 ・デザイナー界のエリート
・将来アート界の著名人になるような人と
 人脈が幅広く作れる。
・就職先は名のある大手が多くて、
 全ての企業に就職しやすくなる。
・グラフィックデザイン、Webデザイン、
 ゲーム/映像デザイン、プロダクトデザイン等
 そういった道に進む人が特に多い。
・私立なので学費が非常に高いのがハード
 その他 ・倍率が高く入るのが難しいので、
 高校2年〜3年生の時点から、デッサンの
 有名予備校の通う必要がある。
 (御茶ノ水美術学院等が有名、年間50万弱)

多摩美術大学

多摩美術大学の公式WEBサイトです。大学案内、研究活動、入試、学生生活などの情報から、生涯学習や展覧会情報、学生・教員・卒業生の作品など、多摩美術大学に関する情報をご覧頂けます。

文化学園大学

bunka ac - ファッションデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

文化学園大学は、文化服装学園と姉妹校。
文化服装学院は専門学校ですが、
こちらはファッションが学べる大学。
(校舎も文化服装学院と同じです。)

大学カリキュラムを履修する必要があるので
ファッションを尖った学び方をするのでなく
一般常識も多く学びます。

卒業生の活躍ならば文化服装学院の方が、
圧倒的に強みがありますが、例えば両親に
大学に行くことを強く勧められているなど
説得できない場合でこの大学を選択する人も。

 学校  文化学園大学
 学部  服装学部
 学費/年  1年次 ¥1,546,500
 2〜4年次 ¥1,111,500〜1,116,500
 特徴 ・ファッション分野が中心の大学。
・学生はデザイナーではなく、卒業後
 大手アパレル企業で企画や流通、販売に
 関わる人が多い。
 (もちろんんデザイナーを目指す人もいる。)
・文化服装学院と校舎が一緒
・日本の大学では最初にインテリア分野に
 ついての学科を創設。
・私立なので学費が非常に高いのがハード
 その他  

文化学園大学

② ファッションデザインを学ぶのに
おすすめの専門学校

「ファッションデザインが学べる専門学校」

  • 文化服装学院
  • 桑沢デザイン研究所

文化服装学院

bunka fashion college - ファッションデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

文化服装学院は、圧倒的な実績を誇る
ファッション界の代表校になります。
(ファッションについて学びたいなら、
まずここを選べば間違いありません。)

同校出身のデザイナー達が就職先に
必ずいるので、有利に働くというのも利点。

 学校  文化服装学院
 学部  芸術学群
 学費/年  ¥1,269,500 〜 ¥1,479,500
 特徴 ・著名な日本のファッションデザイナーの
 ほぼ100パーセントがこの学校出身。
・高校卒業者だけでなく、他大学や社会人を
 経験した後で入学する人が約22%、
 留学生が約20%で様々な人が入学希望する。
・この学校の図書館は有名で膨大な種類の
 テキスタイルが収蔵されている。
世界のファッションランキング2020年9位
 (TOP10内のアジア地域は文化服装学院のみ)

 その他 ・ファッションデザイナー志望なら、
 この学校が最もおすすめ。
 他にも、パタンナー、アクセサー、帽子、
 アクセサリー等のデザインを学びたい人の
 学科も用意されている。

文化服装学院

業界へ卒業生30万人を輩出! 伝統と実績の服飾・ファッション専門学校。ファッションデザイナー、パタンナー、スタイリスト、バイヤー、プレスなどファッション業界のあらゆる職種を網羅する各学科を設置。独自カリキュラムのもと、即戦力として活躍する人材を育成します。

桑沢デザイン研究所

kuwasawa design school - ファッションデザイナーを目指す人におすすめの大学・専門学校

桑沢デザイン研究所は、
デザイン系の専門学校で一番有名な学校。
様々な分野で卒業生が活躍をしています。

ファッションデザインコースも用意されていて
有名な卒業生ではファッションデザイナーの
滝沢直己氏等がいますね。

 学校  桑沢デザイン研究所
 学部  ビジュアル、プロダクト、スペース、
 ファッション等
 学費/年  1年次 ¥1,580,000
 2年・3年次 ¥1,280,000
 特徴 ・数あるデザイン系専門学校の中でも
 トップクラスの信頼が置ける学校。
・グラッフィク、プロダクト等の
 デザイン分野でもかなり強みがある。
・3年制専門学校
 その他 ・専門学校は総じて入試試験のハードルは
 低い (書類選考のみ) のだが、
 この専門学校はデッサン試験があるため、
 デッザン予備校に通う必要がある。

桑沢デザイン研究所

<桑沢>は、あらゆる角度からデザインを学ぶ、日本初にして最先端の学校です。小手先の技ではなく、独創や応用力をひき出す「デザインの原動力」を培うため、デザインの基礎から総合的に学び、専門的な技術と応用を実践を通じて身につけていくカリキュラム構成となっています。

学校を比較し検討する時に便利なサイト

ファッションデザインを学べる学校は、
他にも沢山あります。

なので学校を比較したり検討する場合は、
次のサイトも利用してみて下さい。

トップから「ファッションデザイン」の
ワードでジャンル検索を行えば、
全学校を比べることでできます。

各学校ごとに無料で気になる学校資料を
請求することだって可能となっています。

しかもスタディサプリ進路」では、
高校生限定で無料パンフ・願書取り寄せで
1000円分の図書カードももらえますね。

最後に

以上がファッションデザインが学べる
実績あるおすすめ大学や専門学校紹介、
進学情報サイトの紹介でした。

ファッションデザイナーやパタンナーを
目指すならば、やはり文化服装学院が
圧倒的に有名であり有利になりそうですね。

また、将来を考えて、もし安定性や幅広い
アートやデザイン活動を目指すのであれば、
他の学校も検討してみましょう。

進学情報サイトの詳しい説明はこちら。

なお、未経験からデザイナーになる手順や
デザインの勉強方法については以下の記事に
一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする