UI・UXデザインの勉強に役立つ書籍・本や教材まとめ

mobile phone 1917737  340 - UI・UXデザインの勉強に役立つ書籍・本や教材まとめ

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、UI・UXデザインが学べる
本・教材をまとめた記事になります。

スポンサーリンク

UI・UXデザインの書籍や教材

このページでは、UI・UXを学ぶための
本・教材を紹介していきます。

デザイナーの方だけではなくて、
ノンデザイナーの方にとっても役立つ
本・教材をも沢山取り上げてみたので
是非、一通り目を通して見てください。

スポンサーリンク

UI・UXデザインの書籍・教材まとめ

「UI・UXデザイン書籍・教材の一覧」

 系統  書籍・教材名
 ① 書籍・本  誰のためのデザイン?
 【新版】UI GRAPHICS
 インタフェースデザインの心理学
 さよなら、インタフェース
 こどものUXデザイン
 遊びと学びのデジタルエクスペリエンス
 UXデザインの教科書
 UX戦略
 ユーザー体験から考えるプロダクト作り
 ノンデザイナーズ・デザインブック
 ② TED動画
 感情に訴えるデザインの3つの要素
 – ドナルド・ノーマン
 ハッピーデザイン
 – シュテファン・サグメイスター
 ユーザインタフェースの未来
 – ジョン・アンダーコフラー
 ③ スライド資料
 アプリデザインのお勉強
 UI Design and UX for Engineer
 心地よいUIの温度
 ④ Web記事  Material Design – Google

① UI・UXデザインの書籍・本

「UI・UXデザインの書籍」

  • 誰のためのデザイン?
  • 【新版】UI GRAPHICS

  • インタフェースデザインの心理学
  • さよなら、インタフェース

  • こどものUXデザイン
    遊びと学びのデジタルエクスペリエンス

  • UXデザインの教科書
  • UX戦略
    ユーザー体験から考えるプロダクト作り

  • ノンデザイナーズ・デザインブック

誰のためのデザイン?

UI・UXの本質を学ぶのには最高の一冊。

 特徴 ・20年以上前に書かれ書籍なのに、
 未だに読み続けられている名著。
・UI・UXの考えの基本がしっかり学べる。
・今時のアプリのようなUIについては
 書かれてないがUI・UXの本質が書かれる。
・「ユーザーがエラーを起こすのは
 デザインのせいである」というデザイナーの
 姿勢から、具体的にどのようにそのエラーを
 防ぐかという点まで徹底的に解説。
・2015年に改訂版が出版、読みやすくなった
 おすすめの人 ・UI・UXの本質を学びたい人
・デザイナーやものづくりに携わる人
 その他  

【新版】UI GRAPHICS

2015年刊行の書籍「UI GRAPHICS」の新版。

 特徴 ・成功事例と思考から、UI・UXデザインを
 学べる最新の書籍。
・新版になり、全ての事例と論考を一新。
・前版に収録したテキストも再録。
・世界の優れた実例とこの領域に携わる
 人の知見をインプットできる。
・豊富なビジュアルから最新のトレンドや
 手法を見て学べる。
・この1冊だけではUIについて体系的に
 学ぶのは難しい。
 おすすめの人 ・ある程度デザインの基礎を抑えた人
・UIデザインのインスピレーションが
 欲しいような人
 その他  

インタフェースデザインの心理学

Webやアプリに新たな視点をもたらす
100の指針が書かれた書籍。

 特徴 ・Webサイトやアプリのレイアウト・
 デザインに関する研究結果の要約が
 100個紹介されている。
・内容はアカデミックなものであり、
 研究結果を元にして「どのようなサイト・
 アプリを作るべきか」という具体的な
 方針書かれてすぐ実践できる部分も多数。
・論文の要約を載せているのに読みやすい
・テーマごとにしっかりページが分かれる。
・やや高価だが、それだけの価値がある本
 おすすめの人 ・Webやアプリのレイアウト・デザインを
 学びたい人
 その他  

さよなら、インタフェース

インタフェースを考える前に、
「本来の問題に目を向けること」が
大切であることを教えてくれる本。

 特徴 ・「もっと広い視点でユーザーのために
 なることをしよう。」ということを
 考えさせられるメッセージが込められた本
・ユーモア(毒舌)を残したまま翻訳された。
 おすすめの人 ・UI・UXデザインを学ぶ人
 その他  

UXデザインの教科書

UXについて学術的にまとめられた書籍。

 特徴 ・千葉工業大学の教授により書かれた本。
・かなり内容にボリュームがある。
・UXの歴史から始まり「UXデザインを
 どのように進めていくか」という手法論まで
 細かく、理論的に書かれている。
・文体は論文調で横文字が多いので、
 やや読むのに苦労する。
 おすすめの人 ・UXを基礎から学びたい人
 その他  

子どものUXデザイン
遊びと学びのデジタルエクスペリエンス

子ども向けのWebやアプリ制作等の
UXデザインのポイントが学べる書籍。

 特徴 ・子ども向けのUXデザインの内容が充実。
・図・デザイン例・事例が豊富。
・子ども向けの製品を作ってなくても、
 多くのことを学べる。
・子どもの認知機能に合わせたデザインの
 機能の具体的な指針が多数。
・大人のデザインに活かせそうなものもある
 おすすめの人 ・UXデザインを学ぶ人
 その他  

UX戦略
ユーザー体験から考えるプロダクト作り

ユーザー体験を元にプロダクトを
作り上げる戦略が書かれた書籍。

 特徴 ・どのように仮説を立てて検証し、
 事業に落とし込むかというような戦略的な
 部分について取り上げられている。
・UX最適化のためにデザインをどうすべきか
 というような内容ではない。
・仮説検証、競合調査、顧客獲得の手法等を
 学ぶことができる。
・文章は読みやすいが、内容を頭の中で
 整理しながら読むのはやや難しい。
 おすすめの人 ・UXデザインを学ぶ人
・プロダクトマネージャー
 その他  

ノンデザイナーズ・デザインブック

デザインの基礎が学べる名著。
UI・UXデザインの勉強の前に最低限
抑えておきたい内容が書いてあります。

 特徴 ・海外の訳本ですが、既に第4版まで
 出ているデザインの良書。
・デザインの4つの基本原則が解説
・デザインのコツ・意味をしっかり理解可能
・図・例が沢山掲載されていて、
 内容もかなり分かり易く書かれている。
・デザイナーを目指していない人でも
 デザインの基本が学べる。
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ初心者
・非デザイナー
 その他  

その他のデザインの基礎が学べる書籍は、
次の記事が参考になります。

② UI・UXデザインのTED動画

「UI・UXデザインのTED動画」

  • 感情に訴えるデザインの3つの要素
    – ドナルド・ノーマン
  • ハッピーデザインについて
    – シュテファン・サグメイスター

  • ユーザインタフェースの未来
    – ジョン・アンダーコフラー

TEDとは世界中の専門家や著名人による
プレゼンテーション・カンファレンス。
その内の多くの動画は日本語字幕付きで
公開されています。

ここでは、UI・UXに関するTED動画の内
特に面白かったものを3つ紹介します。

感情に訴えるデザインの3つの要素
– ドナルド・ノーマン

先ほど紹介した「誰のためのデザイン?」の
著者であるドナルド・ノーマン氏の動画。

 特徴 ・感情に訴えるデザインの3つの要素を
 学べるプレゼン。
・自身の経験を研究結果に交えつつ、
 論理的に突き詰めて「良いデザインとは」に
 落とし込まれている。
 おすすめの人 ・デザインを学ぶ人
・デザイナー
 その他  

ハッピーデザインについて
– シュテファン・サグメイスター

グラフィックデザイナーの
シュテファン・サグメイスター氏の動画。

 特徴 ・「私たちを幸せな気分にしてくれる
 デザイン」をテーマにしたプレゼン。
・楽しいものを作りたければ、デザイナー
 自身が楽しい経験をすることが大切である
 ことを教えてくれる。
 おすすめの人 ・デザインを学ぶ人
・デザイナー
 その他  

ユーザインタフェースの未来
– ジョン・アンダーコフラー

ジョン・アンダーコフラー氏の動画。

 特徴 ・SF映画に登場するような未来感たっぷりの
 インターフェースのデモ。
 おすすめの人 ・UI・UXデザインを学ぶ人
・デザイナー
 その他  

③ UI・UXデザインのスライド資料

「UI・UXデザインのスライド」

  • アプリデザインのお勉強
  • UI Design and UX for Engineer

  • 心地よいUIの温度

「Slide Share」というサービスで、
UI・UXについてのスライド資料を
無料で見ることができます。

どれもどこかのイベントで行われた
プレゼンのスライド資料をそのまま
アップロードしたものになります。

そのため、やや情報不足もありますが、
視覚的に短時間で基礎を学ぶのに最適。

アプリデザインのお勉強

アプリデザインを学べるスライド。

 特徴 ・見やすく可愛いデザインのスライドで、
 楽しく読める。
・UIとUXを「女の子」に例える例等があり、
 凄く分かりやすい。
 おすすめの人 ・UI・UXデザインを学ぶ人
・デザイナー
 その他  

UI Design and UX for Engineer

UI・UXの超基礎が学べるスライド。

 特徴 ・「UI・UXとは何か」「何が違うのか」等の
 基本の”き”から始まり、ユーザーにやさしい
 製品設計のための考え方を学べる。
 おすすめの人 ・UI・UXデザインを学ぶ人
・デザイナー
 その他  

心地よいUIの温度
– 言葉と気遣いで高めるUI

面白法人カヤックのUIデザイナーの
割石裕太さんによるプレゼンスライド。

 特徴 ・実際に割石さんが関わってきた
 プロジェクトの事例が紹介されている。
・具体的なイメージがつかみやすい内容。
・UIにこだわることの意義が学べる。
 おすすめの人 ・UI・UXデザインを学ぶ人
・デザイナー
 その他  

④ Web記事

以下の記事でUI・UXデザインに関わる
ツールやスクールをまとめています。

また、Googleのマテリアルデザインの
ガイドラインは、Googleが考え抜いた
最適デザインの考え方が集約されていて
とても参考になります。

Build beautiful, usable products faster. Material Design is an adaptable system—backed by open-source code—that helps teams build high quality digital experienc

まとめ

以上がUI・UXデザインが学べる
本・教材等のまとめでした。

UI・UXデザインを学習する上で、
是非、参考にしてみて下さい。

なお、その他のデザイン関連の書籍は、
下の記事に一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする