デザイン系の民間スクールでデザインを学ぶ方法・手順とメリット・デメリット

village-sky

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザイン系の民間スクールで、
デザインを勉強するための方法・手順と
メリット・デメッリトの記事になります。

スポンサーリンク

デザイン系の民間スクールで学ぶ。

デザインを学び、デザイナーとして
仕事をしたいとは考えているんだけれど、
年齢的にもデザイン系の大学や専門学校に
これから、通うのはハードルがかなり高い。

でも、基礎は独学以外でしっかり学びたい、
1人ではなかなかデザイン学習が進まない。

そんな人に向けてこの記事を書きました。

ぼくは、デザイン系の民間スクールではなく
美術大学でデザイン等を学んできましたが、
民間スクールも当時、色々と検討しました。

現在も民間スクールで実際に学ばれていた
知り合いのデザイナーや学生さんたちから
実際のお話や経験をリアルに聞いているので、
その情報を踏まえ民間スクールで学ぶ方法や
特徴を具体的に紹介していこうと思います。

なお、この方法をおすすめできるのは、
主に次のような人になります。

  • 非デザイン系大学生・専門学校生
  • 社会人・主婦

すでに他の分野を学ぶ学校に通ったり、
仕事や主婦業等、他のことと並行して
デザインを学びたい人はこの方法が最適。

民間スクール以外の学び方はこちら。

ちなみに、デザインを仕事にするには、
次の2つのことを学ぶ必要があります。

  • デザインのセオリーと知識・技術
  • デザインを形にする道具・ツールの使い方

民間スクールではこの2つを学べる場合と、
どちらかに特化している場合があります。
自分の方向性と合わせて、
最適なスクールを選ぶようにしましょう。

また、民間のデザインスクールで学ぶ場合は、
「デザイナーの種類」の記事で紹介している
グラフィック系とWeb系のデザイナー等を
主に目指すことになります。

グラフィック系のデザインは、
様々なデザインの基礎となりますので、
是非しっかり身につけておきましょう。
今後のデザインの仕事の幅が広がるはず。

一方、Web系デザインは、
プログラミングとダブルスキルを持つことで
会社員としてもフリーランスとしても価値が
グッとアップするので非常におすすめですね。

プログラミングスクールではWebデザインと
プログラミングを同時に学べる講座も多い。
なので、下の記事もチェックして見て下さい。

それでは、この方法で学ぶ方法や手順、
メリット・デメリットをみていきましょう。

スポンサーリンク

① デザイン系の民間スクールで
デザインを学ぶ方法と手順

デザインスクールには大きく分けて、
通学型とオンライン(通信)型があります。

その特徴と自分の置かれる環境を考えて、
最適な方法・手順を探していきましょう。

  • デザイン系スクールの情報収集
  • 情報の選定

  • 説明会・体験
  • 申し込み

デザイン系スクールの情報収集

デザイン系スクールで学ぶ場合、
まず大切なのは何はともあれ情報収集。

できるだけ情報を集めた上で、
最適な選択をするようにしましょう。

民間のデザインスクールには、
大きく分けて次の2つの形態があります。

  • 通学型スクール
  • オンライン (通信) 型

⑴ 通学型スクール

主に通学して、授業を受ける形式。
何人か同時に受講する方法とマンツーマンで
レッスンする方法の2つの選択があります。

デジタルハリウッドなどが有名なのですが、
残念ながらも主に主要都市等にしかないので
地方でデザインを学びたい場合は難しい選択。

ただ、通学型スクールはリズムを作って、
確実にデザインを学びたい人にはおすすめ。
直接講師 (先生) や仲間等と学び話しながら、
切磋琢磨できるのも大きな魅力の1つです。

⑵ オンライン (通信) 型スクール

インターネット (パソコン) を利用して、
オンラインで受講が可能な方法。
動画やチャット等を使い自分のペースで
デザイン学習を進めていくのができます。

民間のデザインスクールは沢山ありますが、
ある程度に知名度があるところを中心に
スクールを検討をすると安心だと思います。

デザインを教える講師陣が充実していたり、
機器や情報が最先端の場合が多いからです。

情報収集の方法は、
各スクールに直接資料請求するのが一般的。
次にいくつかの候補を挙げておきますので、
まずは、ここから資料請求してみて下さい。

業界の情報やカリキュラム等は、
送付されてくる資料自体が参考になるはず。
また、比較・検討のためにも複数の資料を
取り寄せてみるのがポイントになりますね。

無料でできるデザイナーへの第一歩です。
勇気を持って踏み出してみましょう。

情報の選定

資料が到着したらスクール情報から、
自分の目的 (目標) と照らし合わせて
幾つか候補をピックアップしましょう。

夜間や土日など、自分が通える時間帯の
講座コースがあるのかをチェックしたり、
以下の両方を学ぶのか、片方を学ぶのか
考慮してみるのも良いでしょう。

  • デザインのセオリーと知識・技術
  • デザインを形にする道具・ツールの使い方

例えば、デザインのセオリー等の基礎は
本・書籍を用いて学ぶことも可能です。

またAdobe CC (IllustratorやPhotoshop) が、
民間スクールを利用することによりお買い得に
手に入れることができる場合も中にあるので、
ツールの使い方は民間スクールで学んだ方が
コストパフォーマンスは良いかもしれません。

説明会・体験

通学型のスクール・講座であるならば、
実際足を運んで説明を聞いてみましょう。
ここで疑問点を解決しておくことが重要。

オンラインの場合は無料体験がある場合も
多いので実際に学習体験してみましょう。
また、疑問点はメール等で解決しましょう。

特にWebデザインとプログラミングを
学べるWebオンラインスクールにおいては、
チャット等で確認できることも多いですね。

申し込み

自分の目的に合うスクールが見つかれば
申し込みをして学習をスタートします。

デザイナーになるために、
計画的にデザインの学習をしましょう。
自分の名刺やホームページを作ったり、
サークルのチラシやポスターを作るなど
実践をしながら学ぶのがおすすめです。

実践が大切という意味でも、課題があり
作るものがある民間スクールはおすすめ。
きちんと、評価をしてもらえることも、
独学より有利な点になってくるでしょう。

スポンサーリンク

② デザイン系の民間スクールで
デザインを学ぶメリットとデメリット

次にメリットとデメリットについて
考えておきましょう。

自分にとってデメリットよりもメリットが
重要ならば、もう迷う必要はありません。
できることから、行動していきましょう。

特に資料請求や無料相談というのは
無料でできコストもかかってこないので、
学ぶための最初の行動として最適です。
行動しないと何も始まりませんからね。

メリット

メリットは次の通り。学校ごとの特典等
資料を請求して参考にしてみましょう。

  • 教育訓練給付金が使える場合がある。
  • 高価なデザインソフトが
    付属している場合がある。

  • 多彩なカリキュラムで
    時間・期間を都合に合わせて学べる。
  • カリキュラムに沿って
    必要なことを回り道せずに学べる。

参考 : 教育訓練給付金制度

一定の条件を満たした方が厚生労働大臣の
指定する講座を受講し修了した場合、
修了時点までに実際に払った学費の20%
(上限10万円) が支給される制度になります。
個性労働省 「教育訓練給付金制度について」

デメリット

また、デメリットは次の通りです。

  • 地方によって通学型がない場合がある。
  • オンラインの場合は自己管理が必要。

  • 独学に比べて費用がかかる。

住んでいる地域によっては
通学型が存在しない場合がほとんどなので、
オンライン (通学) 型 一択になってきます。

1人では、なかなか勉強できないので、
自宅でなく場所を変えて人がいる場所で
勉強したい場合は難しいかもしれません。

しかし、覚悟を持って学ぶのであれば、
オンライン型でしっかり学んでみましょう。
全国どこにいても共通の勉強ができるのは、
インターネットがある時代のメリットです。

民間のデザインスクールを
上手く使ってデザイナーに。

このページでは、デザイン系の民間
スクールで学ぶ方法・手順 (選び方)と
メリット・デメリットを書きました。

在学期間も3ヶ月〜1年程度と多彩なので、
自分の都合に合わせつつ受講をしましょう。

ちなみに、独学と併用することによって、
よりデザインの理解が深まると思います。

とはいえ、まずは情報収集が大切です。
資料の請求は無料でできることなので、
本気なら早速、行動に移してみましょう。

行動することで、どんどんイメージが湧き
これからのことが明確になると思います。

おすすめ:通学スクール

通学型のスクールはリズムを作って、
確実にデザインを学びたい人にはおすすめ。
直接講師 (先生) や仲間等と学び話しながら、
切磋琢磨できるのも大きな魅力の1つです。

おすすめ:オンラインスクール

オンライン (通信) 型のスクールは、
地方に在住でも本格的に学びたい場合や
通学の時間を節約しつつ自分のペースで
学びたい人にはおすすめなスタイルです。
通学に比べても安価なのも魅力的ですね。

Webデザインとプログラミングを
一緒に学んで価値をアップする。

Webデザインとプログラミングのニーズが
高まっているこれからの時代を考えると、
この方法が1番おすすめだと感じています。

スポンサーリンク

シェアする