ジャンプ率でデザインの印象を変え、ターゲットを集める。

kamihikouki1 - ジャンプ率でデザインの印象を変え、ターゲットを集める。

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は「ジャンプ率」を紹介します。

ジャンプ率にはデザインの印象を左右する
大切なポイントが含まれています。

スポンサーリンク

ジャンプ率を知る。

ジャンプ率のポイントを掴めれば、
デザインにメリハリを与えたり
デザイン性を高めることができます。

ホワイトスペース(余白)のように
相手の視線を長めにひきつけたり

洗練された感じや高級感を
出すことも可能になるんです。

スポンサーリンク

ジャンプ率とは一体何か。

ジャンプ率とは

「本文の文字サイズに対する、
タイトルや見出しの文字サイズの比率」
のこと

つまり、簡単にいうと「大小差」です。

ジャンプ率の使い方では

  • 比率が小さい。=  ジャンプ率が低い。

  • 比率が大きい。=  ジャンプ率が高い。

(写真のジャンプ率もあります。)

ジャンプ率の効果

デザインの印象を変える要素は
色やイラスト、写真、レイアウトなど
沢山ありますが、ジャンプ率も1つ。

比率の高低差でデザインの印象を変えて、
一般的に下のような効果を与えます。

ジャンプ率のが「低い」構成

  • 高級感、信頼感、説得力

  • 知的、保守的

  • 大人らしさ、真面目さ、落ち着き

  • 上品、気品、堅い、安定

写真・ビジュアル誌、専門・文芸誌、
教育・学術関連、論文、ブログなどに多い。

ジャンプ率が「高い」構成

  • 若々しい、元気な、やんちゃな

  • 大衆的な、行動的、躍動的、派手

  • ダイナミック、目立つ、明るさ

新聞、週刊誌、中吊り・若者向け広告、
webデザイン、店頭POPなどに多い。

というような効果イメージを
人に与えることができます。

ジャンプ率の一例

e0044366 2164634 e1517092047396 - ジャンプ率でデザインの印象を変え、ターゲットを集める。

例えば、こんな感じで比較できます。

ターゲットユーザーをしっかり決め
分析してジャンプ率を決めましょう。

ジャンプ率には決まりはないので
その各デザインにより変わります。

なので、広告、ビラ、webをみるとき
文字のジャンプ率を意識して

「どんなターゲットを想定しているのか。」
「どんなイメージを狙っているのか。」

を考えてみて下さい。

そうすることで少しずつ
ジャンプ率を使えるようになります。

ジャンプ率を知った上で見てみると

下の画像を見て
ジャンプ率を考えて見て下さい。

2017 03 08 1.04.25) - ジャンプ率でデザインの印象を変え、ターゲットを集める。

「どうですか?」

この画像は、ジャンプ率は高めで
ワイルドなイメージなどをあなたに与えます。

こんな感じで色んなジャンプ率を知り
あなたのものにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする