2024年神話・伝説イラストの勉強に役立つ書籍・本まとめ

※ アフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、神話・伝説イラストの
参考になる本をまとめた記事になります。

スポンサーリンク

神話・伝説イラストの書籍・本

この記事では、神話・伝説イラストを
学べる本を紹介していきます。

特に、次のような人は読んでみて下さい。

  • 神話・伝説イラストの参考書が知りたい。
  • 神話・伝説系のデザインを学びたい。

  • イラストレーターを目指している。

また、デザイン書籍等を1ヶ月無料で読むなら、
Amazonの「Kindle Unlimitedimpression?a id=1222425&p id=170&pc id=185&pl id=4062 - 2024年神話・伝説イラストの勉強に役立つ書籍・本まとめ」がおすすめ。

スポンサーリンク

神話・伝説イラストの書籍・本まとめ

「神話・伝説イラストの書籍・本の一覧」

 系統  書籍名
 ヨーロッパの神話・伝説
 イラスト
 ヨーロッパの図像
 神話・伝説とおとぎ話
 北欧の神話イラスト  北欧の挿絵とおとぎ話の世界
 神話の幻想動物イラスト  幻獣とモンスター
 神話と幻想世界の動物たち
 空の地図イラスト  天空の地図
 人類は頭上の世界をどう描いてきたのか
 宇宙を回す天使、月を飛び回る怪人
 世界があこがれた空の地図
 神話・ホラーデザイン  神話とホラーのデザイン

下でそれぞれ詳しく紹介しています。

ヨーロッパの図像
神話・伝説とおとぎ話

ドラマティックな神話の世界を
最高のビジュアルで見れる作品集。

 タイトル
 (書籍名)
 ヨーロッパの図像
 神話・伝説とおとぎ話
 価格  ¥3,080 (税込)
 発売日  2013/9/23
 特徴 ・好評の「おとぎ話シリーズ」の神話・伝説編
・ギリシア・ローマ神話はもちろん、
 北欧・ケルトの神話や聖書の物語、中世の
 ゴシックホラーや世紀末ファンタジーまで、
 シリーズ史上最もディープでドラマティック
 内容  第1章 ギリシア神話
 (神々の神話物語 世界のはじまりの物語 /
  英雄たちの神話物語 神に挑む人のドラマ)
 第2章 聖書の神話
 (聖書の神話 西洋美術の宝庫)
 第3章 ケルト・北欧神話
 (ケルト神話の世界 妖精たちがいた頃 /
  北欧神話の世界 壮大な終末のドラマ)
 第4章 ファンタジーを描いた画家たち
 (神話・伝説からおとぎ話へ 失われた夢ふたたび)
 第5章 神話・伝説の図像学
 (神話・伝説のイコノロジー 美女と野獣の図像学)
 おすすめの人 ・ヨーロッパの神話のイラストを見たい人
 その他  

北欧の挿絵とおとぎ話の世界

金髪のお姫さま、妖精トロール、
バイキング…深い森やみずうみ、フィヨルド等
美しい自然に囲まれた北欧で生まれた
伝説やおとぎ話と挿絵画家を大特集した本。

 タイトル
 (書籍名)
 北欧の挿絵とおとぎ話の世界
 価格  ¥3,190 (税込)
 発売日  2015/11/25
 特徴  
 内容  第1章 北欧の神話とおとぎ話
  (北欧叙事詩の幻想アート / 北欧の神々と英雄 /
  アクセリ・ガレン=カレラの『カレワラ』/
  シベリウスと北欧のおとぎ話 /
  カイ・ニールセンの『太陽の東、
  月の西』 ほか)
 第2章 北欧の挿絵画家たち
  (北欧の世紀末とモダン・アート /
  カール・ラーション /
  テオドール・セヴェリン・キッテルセン /
  エルサ・ベスコフ / ヨン・バウエル ほか)
 おすすめの人 ・北欧のおとぎ話のイラストを見たい人
 その他  

幻獣とモンスター
神話と幻想世界の動物たち

アッシリア時代からの古い図版を集め、
人びとが神話のモンスターたちを
どのように幻視したかを明らかにした本。

 タイトル
 (書籍名)
 幻獣とモンスター
 神話と幻想世界の動物たち
 価格  ¥1,320 (税込)
 発売日  2021/4/19
 特徴 ・地獄の門番ケルベロスとヘラクレスの戦い
 (1608年)、ギュスターヴ・ドレの素晴らしい
 版画に描かれたヒッポグリフにまたがる騎士
 (1879年)、15-6世紀のキマイラ (キメラ) の
 異形の姿等の図版は見どころが満載。
・著者は「アベンジャーズ/エイジ・オブ・
 ウルトロン」の制作にも関わった映画、
 ドキュメンタリーのプロデューサー、
 ディレクター、脚本家。
 内容  バンシー / バジリスクとコカトリス /
 ブレムミュアエとスキアポデス /
 ケンタウロスとサテュロス / キマイラ /
 キュクロプス / ドラゴン / 妖精 / グール /
 ゴルゴン / ハルピュイアとセイレン /
 ヒュドラとケルベロス / ジン /
 ラマッスとマンティコア / レビヤタン /
 マンドレイクとドリュアス / 人魚と半魚人 /
 ミノタウロス / ナーガとナイアス /
 フェニックス / スピンクス / トロール /
 テュポン / ユニコーン / 吸血鬼 /
 人狼とアヌビス / 未確認の動物たち /
 現代の神話
 おすすめの人 ・様々な怪物のイラストを見たい人
 その他  

天空の地図
人類は頭上の世界をどう描いてきたのか

人類は頭上の世界をどう描いてきたのか。

神のすまう世界から、
無人探査機がデータ収集する惑星まで、
手の届かない世界を想像し、見つめて、
描き出してきた物語を学べる本。

 タイトル
 (書籍名)
 天空の地図
 人類は頭上の世界をどう描いてきたのか
 価格  ¥2,970 (税込)
 発売日  2018/3/15
 特徴 ・神秘と数式が織りなす天の像を、
 美麗な絵画・画像200枚で読む内容。
・天動説vs地動説、アラビアからやってきた
 星座の教科書、天の川を蛇で表現したマヤ人、
 世界各地で描かれた超新星爆発、
 アストロラーベを再現した元祖仕掛け絵本、
 3600年前の天文盤等多数掲載。
 内容  Introduction 何もない場所へ
 Chapter1 世界の中心 プトレマイオスから
  コペルニクスへ
 Chapter2 月の地図 地球唯一の自然衛星
 Chapter3 星から惑星へ 天空の裏庭
 Chapter4 太陽系の主 最も身近な恒星
 Chapter5 明滅する星々 小さな点から
  遠い太陽へ
 Chapter6 無限の彼方へ 宇宙の果てを目指して
 おすすめの人 ・天空 (宇宙) の様々な描き方を見たい人
 その他 ・アン・ルーニー著『地図の物語 人類は地図で
 何を伝えようとしてきたのか』の姉妹編

宇宙を回す天使、月を飛び回る怪人
世界があこがれた空の地図

博物館やコレクターが所蔵する数々の美しい
図版とともに、古美術コレクターの著者が、
これまでに見たことのないような
空の世界を縦横無尽に語っている書籍。

 タイトル
 (書籍名)
 宇宙を回す天使、月を飛び回る怪人
 世界があこがれた空の地図
 価格  ¥2,970 (税込)
 発売日  2020/9/18
 特徴 ・世界でシリーズ累計42万部の人気シリーズ。
・星図、観測機、絵画、古文書等の美しい
 図版で天文学の歴史を知れる。
・星や惑星だけでなく、神々、悪魔、魔術師、
 空飛ぶ船乗り、中国やインドの占星術、
 神話上の動物、暴れ回る幽霊等の
 空の世界も語られる。
 内容 ・古代の空 (先史時代の天文学 /
 古代バビロニア ほか)
・中世の空 (イスラム天文学の台頭 /
 アストロラーベの発明 ほか)
・科学の空 (コペルニクスが起こした革命 /
 ティコ・ブラーエ ほか)
・近代の空 (ウィリアム・ハーシェルと
 カロリン・ハーシェル / 小惑星の名付け親 ほか)
 おすすめの人 ・様々な空の世界を知りたい人
 その他  

神話とホラーのデザイン

「神話」と「ホラー」をテーマに、
祈りと幻想と怪奇が交わる異界へと人々を
誘う作品を集めたデザイン参考書籍。

 タイトル
 (書籍名)
 神話とホラーのデザイン
 価格  ¥2,860 (税込)
 発売日  2023/9/21
 特徴 ・ファンタジーたらしめる意匠の秘訣に迫る1冊
・ファンタジーの世界へと私たちを導く、
 魅惑的な表現を紹介。
・デザインだけでなく創作世界に欠かせない
 ミステリアスなイラストレーションやアートを
 多数掲載。
・国内のみならず海外のさまざまな地域から
 寄せてもらった美しい手描きの作品群もあり。
 内容  
 おすすめの人 ・創作世界を盛り上げるミステリアスな
 デザイン事例を見たい人
 その他  

まとめ

以上が神話・伝説イラストの
参考になる本でした。

この記事では、ジャンル別で本の内容を
紹介してるので、それに目を通してみて
自分に合う本を見つけて下さい。

なお、イラストやデザイン関連の書籍は、
下の記事に一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする