SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方

seo-people

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、SEO検索順位チェックツールである
Rank Trackerのレビュー記事になります。

スポンサーリンク

SEO検索順位チェックツール

SEO検索順位をチェックしたいけれど、
ツールは何が良いの?
Rank Trackerが良いと聞いたんだけど、
何が良いのか他のツールとの違うところ
(使い方や料金等) 知りたいと思っている。

そういった疑問に、お答えします。

この記事の内容としては、
Rank Trackerの基本的な機能や使い方、
Rank Trackerの価格と他ツールとの比較、
Rank Trackerのダウンロードの方法等を
解説していきます。

この記事を書いているぼくは、
デザイナーでありつつブロガー歴は3年程。

実際、Rank TrackerでSEO順位を確認しつつ
当サイト「designature」を気ままに運営し、
月数十万円を稼げるようになりました。

なので、ブログでお金を稼ぐためには、
SEOからの流入を増やすことも大切です。

そして、SEO順位を上げるためには、
狙ったキーワードで上位を獲得する
必要があります。

コツとしては、以下のサイクルを高速で
回転させることなのですが、
この際ツールがないと順位チェックだけで
1日が終わってしまいます…

  • キーワード選定
      ↓
  • コンテンツの制作・公開
      ↓

  • SEO順位チェック
      ↓
  • リライト

本記事でご紹介しているSEO検索順位
ツール「Rank Tracker」を使うことで、
SEO検索順位を毎日確認できるようになり
リライトや記事作成に生かすことが可能。

そうすることで、SEO上位を狙うことができ
ブログ収入アップに繋がるという訳です。

それでは、前置きはこの辺にして、
Rank Trackerについて紹介していきます。

※この記事は「ブログで広告収入を稼ぐための
手引き「具体的な仕組み・方法・手順」の
ステップ ⒇
 に該当する記事となっています。

スポンサーリンク

SEOに役立つRank Trackerの
おすすめ機能

Rank Tracker」で、SEOに役立つ機能を
一挙に紹介していきます。

「Rank Trackerのおすすめ機能4つ」

  • 自サイトのSEOキーワード順位チェック
  • 競合サイトのSEOキーワード順位チェック

  • 順位チェックのスケジュール予約
  • SEOキーワードをグループごとに管理

ちなみに、Rank Trackerは、
AmazonやDisney、Apple、Microsoft、
IBM等の世界的企業から個人ブロガーまで
幅広いユーザー層がいるサービスですね。

① 自サイトの
SEOキーワード順位チェック

まず、Rank Trackerの一番の機能としては、
キーワードごとのSEO検索順位を
チェックすることができることです。

Rank Trackerの見方としては、
以下の感じです。

  1. 設定したSEOキーワード

  2. SEO順位と該当URL

  3. SEO順位が前日からいくつ変動したか。

順位が上がると「+↑」、下がると「−↓」で
表示されます。

SEO検索順位が落ち着いてきたら、
「リライトして改善→Rank Trackerで確認」
という感じで、改善ループを回していきつつ
ツールを使っていきましょう。

② 競合サイトの
SEOキーワード順位チェック

2つ目は、競合サイトを登録しておけば、
SEOキーワードの検索順位を
チェックすることができます。

自サイトと同様、前日からの順位上下幅も
チェックすることができるので便利ですね。

ベンチマークしているサイトがあるならば、
SEOキーワードの検索順位を比較しながら、
記事改善にいかすことができます。

③ 順位チェックのスケジュール予約

Rank Trackerでは、SEO検索順位のチェックを
スケジュール予約することができます。

SEO検索順位の測定は割と時間がかかって、
面倒臭いので、毎日スケジュールしておけば
解決できますね。

スケジュール予約は「環境設定」→
「スケジューラー」にて設定可能です。

※ Rank Trackerを起動していないと、
順位計測してくれないので、
Rank Trackerは起動させておきましょう。

④ SEOキーワードをグループごとに管理

Rank Trackerでは、SEOキーワードを
グループごとに管理できます。

例えば、以下の感じで分類可能です。

  • デザインカテゴリー
  • イラストカテゴリー

  • アートカテゴリー

特化ブログを運営している方は
1カテゴリーかもしれませんが、
雑記ブログ形式で複数のカテゴリーで
書いているのなら、この機能が超便利。

以上4つが、Rank Trackerの
基本的な機能の紹介でした。

正直、この4つの機能があれば、
SEOの攻略はとても楽になりますね。

続いてRank Trackerの料金を、
GRC0 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方」と比較しながら紹介していきます。

Rank Trackerのおすすめプランは
「プロフェッショナル版」

Rank Trackerでおすすめの料金プランと、
GRCとの比較を紹介していきます。

GRCとは、Windowsユーザーに推奨の
SEO検索順位チェックツールです。

「結論」Rank Trackerは
プロフェッショナル版がおすすめ

Rank Tracker」の有料プランは以下の2つ

  • プロフェッショナル版 : $149
  • エンタープライズ版 : $349

この2つのうち、「PROFESSIONAL
(プロフェッショナル)」がおすすめです。

個人でブログサイトを運営するには、
十分すぎる機能が揃っていますね。

次に、プロフェッショナル版では、
どんなことができるか紹介していきます。

Rank Trackerの
プロフェッショナル版で可能なこと4つ

「Rank Trackerのプラン別機能一覧」

     無料
 RRO  ENTER
 データと
 エクスポート
 TXT/CSV形式のデータのインポート  ◯  ◯  ◯
 履歴付きのプロジェクトの保存    ◯  ◯
 セーフクエリ (CAPTCHA対策)    ◯  ◯
 SEOタスクのスケジューリング    ◯  ◯
 クリップボードへのデータのコピー    ◯  ◯
 SEO PowerSuite Cloudへの
 プロジェクトの保存
   ◯  ◯
 Dropboxとの統合    ◯  ◯
 CSV形式、SQL形式、HTML形式、
 XML形式でのデータのエクスポート
     ◯
 キーワードY
 ランキング
 400以上の検索エンジン (Google、
 Yahoo、Bing、その他多数) での
 順位トラッキング
 ◯  ◯  ◯
 競合他社の順位トラッキング  1社 5社 10社
 地域別、モバイル、ユニバーサル
 検索ランキング
 ◯  ◯  ◯
 統合された20のキーワード調査ツール  ◯  ◯  ◯
 キーワード分析 (検索量、競合性、
 難易度、効率、PPC)
 ◯  ◯  ◯
 調整可能な順位チェックの深度
 (最大1,000の最初の検索結果のチェック)
 ◯  ◯  ◯
 Googleペナルティチェッカー  ◯  ◯  ◯
 レポート  カスタマイズSEOレポート  ◯  ◯  ◯
 レポートの印刷    ◯  ◯
 PDF/HTML形式でのレポート保存・
 送信
     ◯
 直接リンクでワンクリック共有      ◯
 レポート作成・送信のスケジュール      ◯

※ 無料・・無料ライセンス、PRO・・PROFESSIONAL、
ENTER・・ENTERPRISEの略
オレンジの文字は特に利用する機能

「プロフェッショナル版」の
主な機能としては、以下の4つ。

  • プロジェクト毎の競合他社5社
  • プロジェクトの保存 (無制限)

  • SEOタスクのスケジュール
  • クリップボードへのデータのコピー

こんな感じで、
SEO検索順位チェックツールとして
必要なものは不足なく揃っています。

なお、エンタープライズ版だと、
SEOの順位データをエクスポート
(CSV, SQL, html) できたり、
競合調査が10社までだったりします。

※ SEO順位をエクセルやスプレッドシートで
分析したい時、プロフェッショナル版でも
コピペ ができるので問題ありません。
(4番のクリップボードへのデータの
コピー)

会社で大きめのメディアを運営している場合は、
エンタープライズ版にしてもOKと思いますが、
個人的にはプロフェッショナル版でも良いかと。

「少し料金が木になるな…」という人は、
無料版からでも始めることは可能ですね。

ただ、無料版だと登録したSEOキーワードを
保存できないので、毎回登録するのが大変。

ブログでしっかり稼いでいきたい人にとって、
必須ツールなので投資を検討するのがおすすめ
(購入して30日以内なら返金保障もあり。)

ちなみに、ブログアフィリエイトで役立つ
厳選ツールは次の記事にまとめています。

GRCとの比較
「WindowsユーザーはGRC推奨」

Windowsユーザーならば、
GRC0 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方」がおすすめです。

とはいえ、Rank Trackerは、
WindowsやLinuxにも対応しているので、
Rank Trackerを使うのも全然ありです。

「GRCの料金プランと機能」

 プラン  料金  サイト数  キーワード数
 ベーシック版  ¥4,500/年  5  500まで
 スタンダード版  ¥9,000/年  50  5,000まで
 エキスパート版  ¥13,500/年  500  50,000まで
 プロ版  ¥18,000/年  5,000  500,000まで
 アルティメット版  ¥22,500/年  無制限  無制限

登録サイトと登録キーワード数が
「無制限」のRank Trackerと同等クラスだと
個人サイトの場合は、「スタンダード版」
「エキスパート版」「プロ版」あたりですね。

2714 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方  補足

 Macユーザーの場合は、「GRC0 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方」を利用するには
仮想サーバーを用意したり、導入が少し面倒なため
Rank Tracker」がおすすめ。
Windowsユーザーの人は、「GRC0 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方」の方が
使い易いかもしれません。

Rank Trackerの
ダウンロードと導入方法

最後に、「Rank Tracker」の
ダウンロード方法を簡単に紹介します。

公式サイトにアクセスすると、
英語が表示されるかもしれませんが、
この記事の解説通りに進めていくことで
問題なく導入できるので安心して下さい。

「Rank Trackerを導入するステップ」

  1. 公式サイトに「名前」と「メアド」を入力し
    Rank Trackerをダウンロード

  2. ソフトを開いて、案内通りに設定する。

  3. 公式サイトから有料パッケージを購入

  4. メールで届く「登録キー」を確認

  5. 「登録キー」をRank Trackerに入力

※「登録キー」は「ヘルプ」→「情報を登録」から入力できる。

上記のステップ5つで完了です。

① 公式サイトに「名前」と
「メールアドレス」を入力して

Rank Trackerをダウンロード

公式サイトにアクセスすると、
SEO PowerSuiteというRank Tracker以外の
ツールも含めたセットの画面になるので、
Rank Trackerのメニューをクリックします。

※ サイトが日本語になっていない方は、
右上「JPN」を選択すると日本語になります。

Rank Trackerの画面になったら、
「お名前」(ローマ字)と「メールアドレス」を
入力していきましょう。

この2つ入力し、「ダウンロードボタン」を
クリックしましょう。

そうすると、
ダウンロードが勝手に始まるはずです。

2714 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方  補足

 ※ もしも、ダウンロードが始まらない場合は、
「ダウンロード」のボタンを再度押すか、
ブラウザ (safari, Google Chrome, Firefox等) で
ダウンロード設定をONにしておくとOK。

② ソフトを開き、
案内の通りに設定する。

ダウンロードしたファイルを開くと、
インストーラーが出てくるので、
それをダブルクリックで開きます。

ネットからダウンロードしたファイルなので
本当に開いて良いか確認されますが、
「開く」をクリックしてOKです。

「Javaのポップアップが出た人へ」

 Rank Trackerをインストールして使うためには
 Javaというアプリのようなものが必要です。

インストールしようとした時に、英語でJavaが
必要ですといったポップアップが出てきた方は、
下の手順に沿ってJavaをダウンロードしましょう。

最新版のJavaをインストールして
環境設定するための方法は、下記の通り。

2714 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方  Javaのインストール方法
_______________________
 1. 
公式サイトヘアクセスして
 「無料Javaのダウンロード」をクリック

 2. 「同意して無料ダウンロードを開始」を
  クリック (約80MB)

 3. ダウンロードしたソフトをダブルクリックして開く。

 4.「Java 8 Update 261」をダブルクリックして開く。
   (文言変更の可能性あり)

 5. 聞いてもよろしいですか?と
  聞かれるので「開く」をクリック

 6.「インストール」をクリックする
  (パソコンのパスワードを求められた場合は入力)

 7. インストール完了

_______________________

上記のような感じで、Javaがインストールできたら
Rank Trackerのアプリを再度開いてみましょう。

言語選択の画面になるので、
「日本語」を選択しましょう。

続いて、利用規約の「承諾する」を
クリックします。

SEO PowerSuiteというツールの
「Rank Tracker」以外のツールも
お勧めされますが、チェックボックスの
チェックを外して「次へ」をクリック。

これでインストール完了ですね。

インストールが完了したら、
「完了」をクリックして
Rank Trackerを起動させましょう。

Rank Trackerを起動させると、
ファイルがダウンロードされるのを待ち
「OK」をクリックします。

これでOKです。

次は有料パッケージを購入していきます。

③ 公式サイトから
有料パッケージを購入する。

Rank Tracker」にアクセスしたら、
「注文」をクリックします。

続いて、ご自身のお好みのプランを選んで、
「今すぐアップグレード」をクリック。
(この記事が推奨している
「プロフェッショナル版」を選択します。)

次に「クレジットカード」か「PayPal」か
「その他のお支払い方法」を選択して、
支払いを完了させましょう。

支払いが完了したら、ライセンスキーが
掲載されたメールが届きます。
(30分〜数時間ほどかかる場合があります。
気長に待ちましょう。)

④ メールで届く「登録キー」を確認

メールが届いたら、
登録者名 (Registered by: の後ろ) と
登録キー (Registration Key: の後ろ) が
掲載されているのでコピーしましょう。

⑤「登録キー」をRank Trackerに入力

続いて、Rank Trackerのアプリに戻り、
ヘルプから情報を登録していきます。

以下の項目を入力していきましょう。

  • 登録者名 (Registered by: の後ろ)
  • 登録キー (Registration Key: の後ろ)

完了したら、Rank Trackerとライセンスの
紐付けの完了です。お疲れ様でした。

ダウンロードと情報登録が終わったら、
チェックしたいSEOキーワードの設定を
進めていきましょう。

Rank Trackerの
SEOキーワードの登録方法「使い方」

さて、ここからはRank Trackerの
使い方について紹介します。

今回は次の4つについての案内です。

  • サイトの登録
  • ワークスペースの作成

  • SEOキーワードの計測
  • 順位チェックのスケジューラー設定

① サイトを登録する。

まずは、プロジェクト (順位チェックする
サイト) を作成していきます。

プロジェクトの新規作成ボタンをクリックし
「新しいランキングをモニターする
プロジェクトを作成する」画面を表示。

次の流れで進めましょう。

  • ステップ1: サイトを選択
    自身のサイトURLを入力し「次へ」をクリック
  • ステップ2 : グーグルアナリティクスと
    グーグル検索コンソールのアカウントを
    指定します。
    こちらは連携しなくても大丈夫です。
    (順位チェックは不自由なくできます。)
    そのまま「次へ」をクリック。

  • ステップ3 : キーワードを入力
    最初に、いくつかキーワードを登録できるので、
    サイトの名前+いくつかのキーワードを
    記入しましょう。(後から追加可能)
  • ステップ4 : 使用する検索エンジンを選択
    既存では、USAになっているので、
    日本語の検索エンジンを選択する。
    左上「さらに検索エンジンを追加する」をクリック、
    検索窓にjapanと入力し日本語の「Google.co.jp」の
    プラスマーク (+) を押して追加。
    追加したら、USAの検索エンジンは削除してOK。
    「完了」を押す。

以上でサイト登録完了です。

続いては、ワークスペースを作成します。

② ワークスペースを作成する。

ワークスペースとは、計測したい情報を
カスタマイズできる場所でして、
下記のように設定していけばOKです。

まずは、右上の「+」をクリックします。

その後、ワークスペースで表示する項目に
チェックマークを入れていきます。

「列のカスタマイズ 新しいワークスペース」

  • キーワード
  • タグ

  • 注意
  • Google.co.jp.Rank

  • Google.co.jp URLが見つかりませんでした
  • Google.co.jp 差異

  • Google.co.jp 日付を確認
  • 検索数

上記の8つにチェックをしておけば大丈夫。

あとは「OK」をクリックすれば完了です。

なお、注意のところには、リライト情報を
書き込んでおくと管理が便利ですね。

③ SEOキーワードを計測する。

右上の「すべてをチェックする」
クリックすれば、自動で検索順位を
チェックしてくれます。

簡単にSEOキーワードの計測できるので、
チェックは毎日するといいかも。

④ 順位チェックの
スケジュール予約をする。

最後は、検索順位チェックの
スケジュール予約の設定方法です。

「環境設定」「スケジューラー」
クリックして下さい。

スケジューラーが出たら、
タスク名・スケジュール情報を設定し、
「オン」のボタンをクリックすればOK。

まとめ、Rank Trackerを利用して
SEOを加速させよう。

最後に押さえておきたいことは、以下の2つ。

  • 毎日SEOキーワード検索順位をチェックしよう
  • SEOキーワード選定についても勉強をしよう

Rank Tracker」は、狙ったSEOキーワードの
検索順位を測定するツールです。

記事を書く前、キーワード選定を完了してから
導入するのがベターだと思います。
(キーワード選定しなくても
無料版ならお試しできるので是非どうぞ。)

ちなみに、キーワード選定については、
次の記事を参考にしてみて下さい。

毎日、SEO検索順位をチェックしながら、
記事を書いていきましょう。

2714 - SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」の機能や使い方  注意点

Rank Trackerは、検索エンジンのアルゴリズムが
アップデートされるたびに、サブスクリプションを
更新する必要があります。
詳しくは、Extend subscription to Search also
updates
をチェックしてみて下さい。
年間契約等をすると、お得な割引サービスもあり。

スポンサーリンク

シェアする