アニメキャラクターから知る白銀比「日本人が馴染むデザイン」

temple-japan

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザインを学ぶ上で大切な
白銀比について話そうと思います。

スポンサーリンク

比率を学ぶことは自信につながる。

今回の比率のことが分かれば、

「比率だけで作品の魅力が変わった。」

「自分にも美しいものが作れる。」

「日本人ってこんなデザインが好きなんだ。
だから、あのキャラクターは人気があって
親しまれているんだな。」

と多くデザインに対して、
考えや思いを持つことができます。

比率を知るだけで、美しい魅力がある
馴染む作品・受け入れられるデザイン
その「理由や根拠」に気づけるんです。

あなたは、それに気づくだけで
1つデザインに対して自信がつきます。

スポンサーリンク

日本人に馴染みのある比率「白銀比」

今回は「白銀比」と言われる
比率についてです。

「白銀比って初めて聞いた、何それ?」
「語句だけ知っている。」
と思ったかもしれません。

それもそのはず、ぼくも初めて聞いた時に、
語句さえ聞いたことありませんでした。

黄金比の方が聞いたことが
よっぽどあるかもしれませんね。

でも、実は白銀比は別名「大和比」と言い
日本人にとって馴染みのある比率です。

あなたは、この比率を知ることで、
日本らしさのあるデザインの魅力や
日本人の美しいと感じる根本等を
知り理解できることができるでしょう。

白銀比とはどういったものなのか。

説明すると、白銀比とは
1:√2 (近似値1:1.414) のことです。

この比率こそが美しいデザイン、
ものを作る根源にあるんです。

この白銀比も黄金比同様に
根拠あるデザインに欠かせないもの

なんと聖徳太子の時代から、
「曲尺」と言われる道具に
√2のメモリがあったそうです。

白銀比を身近な使った例

・A判B判用紙
・建築物(法隆寺、スカイツリー等)

tower06 - アニメキャラクターから知る白銀比「日本人が馴染むデザイン」

・キャラクター(ドラえもん、キティ等)

d16b31d2499ae41fe7576ce17e6e6c92 148ebca740a635ecd05cfe00b4a58c2f - アニメキャラクターから知る白銀比「日本人が馴染むデザイン」

白銀比をデザインに取り入れよう。

また、この比率は親しみや安心感も
与える効果があるらしいです。

なので、デザインをする時には、
この比率を計算してものを作ると、
自然と魅力あるものが生まれます。

デザインする際に是非使ってみましょう。

なお、黄金比については
次の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

シェアする