デザイン系ソフト (Adobe CC等) の購入は早い方がいいのか?

digital-hand

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザインスキルの習得を左右する
大切な基盤の話をしたいと思います。

スポンサーリンク

制作環境の始めの一歩

この基盤によって、
デザインスキル習得が全く違ってきます。

「何のデザイン系ソフトを使い
 誰のソフトを今使ってますか?」

デザインはグラフィックデザインを始め、
Web、CG、プロダクト、インテリア等
多岐のデザイン分野にわたりますね。

それに合わせパソコンも普及し1家に1台、
もしかしたら1人に1台かもしれません。

デザインにおいても、ラフを除いて、
パソコンを使って仕上げていきます。

その時に必ず必要になってくるものが、
「デザイン系ソフト」ですね。

持っていないと、全てがアナログ作業で
デザインの習得が難しいです… 。

アナログイラストや造形等の分野とは、
また違ってきます。

なので、デザインを学ぶには基本
ソフトが使えるのが大前提にあります。

スポンサーリンク

デザインの習得を早める。

つまり大切なのは、早めに自分自身の
デザイン系ソフトを持つことです。

特に「自分自身の」ということが、
ポイントになってきます。

学ぶ環境や場所があっても、
あなたはソフトを誰かから借りたり、
大学や専門学校などのを使用したり、
しているのではないですか?

あなた自身のソフトを持つことで、
自由にいつでもどこでも
デザイン・イラスト制作ができます。

これにより「デザインのスキル習得」は、
格段にあがていくとこ間違いなしです。

自分のソフトを持っていないなら、
できるだけ早く自分のものを持ちましょう。

1番はAdobe CCがおすすめ。
学生なら学割がありますね。

それ以外にも無料なものも沢山あります。

なお、学生ではない方でAdobe CCの
購入をお買い得に買う方法は次の記事で。

また、Adobe IllustratorとPhotoshopの
違いを詳しく知りたい方はこちらの記事を。

検討してみてください。

早速、持っていない人は
「デザイン系ソフト (ツール)」で
検索をしてみてみましょう。

大学や専門学校等では、
AdobeのIllustrator・Photoshopを
基本的には授業で使うと思います。

因みに、どうしてもAdobe CC等の有料の
デザインツールが購入できない方は、
次の無料のツールで代用してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする