IllustratorとPhotoshopの違いとは?「特徴・使い分け」

hand-piece

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、IllustratorとPhotoshopの
特徴と違いをそれぞれ比較していました。

スポンサーリンク

IllustratorとPhotoshopの違い

デザインやイラストを制作するには
なくてはならない存在である
IllustratorとPhotoshopの2つのソフト。

しかし、両方に似た機能があるために、
特に初心者の人などにとってはなかなか
どういう違いがあるのか分かり難いです。

そこで、実は似ているように見えて、
違う特徴や機能があるこの2つのソフトを
具体的に説明しようと思います。

以下に当てはまる方は、今から紹介する
IllustratorとPhotoshopの違い・特徴を
しっかり読んでみて是非理解しましょう。

  • IllustratorとPhotoshopの違いが
    まだ、イマイチ分からない。
  • これからIllustratorとPhotoshopの
    購入を考えているから特徴を知りたい。

  • 簡単なイラスト、写真を使ったポスターの
    制作はどっちのソフトを使えばいいか迷う。

なお、まだIllustrator・Photoshopを
購入してない方はこの記事をチェック。
Adobe CCを安く購入することができます。

スポンサーリンク

IllustratorとPhotoshopの主な特徴

「IllustratorとPhotoshopの特徴」

  • Illustrator
    アイコンやロゴ、レイアウト、
    簡単なイラストなどに優れる。

  • Photoshop
    写真加工・合成、本格的なイラスト、
    グラフィックスなどに優れる。

主に、Illustratorは印刷物の制作、
PhotoshopはWebデザインの制作で
使われることが多いイメージです。

Adobe Illustratorはベクターベースのグラフィックソフトウェアです。アートワークをモバイルの画面に収まるように縮小したり、広告用に拡大することができ、サイズを変更しても、その鮮やかさと美しさが損なわれることはありません。

IllustratorとPhotoshopの
制作物での使い分け

「制作物でのそれぞれの適正」

   Illustrator  Photoshop
 ポスター、チラシ、ビラ制作
 アイコン、ロゴ
 図表、グラフ、インフォグラフィックス
 写真加工・合成・編集 ×
 ペンタブでのイラスト・絵画
 アート画 ×
 グラフィカルなもの
 デザイン案 (デザインカンプ)

IllustratorとPhotoshopの具体的な
特徴・機能は以下で紹介しています。

IllustratorとPhotoshopの
特徴・機能の比較一覧

「IllustratorとPhotoshop特徴・機能の比較」

   Adobe Illustrator  Adobe Photoshop
 読み方  アドビ イラストレーター  アドビ フォトショップ
 略称  イラレ  フォトショ
 開発元  アドビシステムズ  アドビシステムズ
 リリース年  1987年  1990年
 プログラミング
 言語
 C++  C++、Pascal
 対応OS  macOS・Windows  macOS・Windows
 種別  ドローソフト  画像編集ソフトウェア
 拡張子  .ai  .psd
 取り扱う
 形式 (画像)
 ベクター/ベクトル画像
 (拡大縮小・変形等で
 荒くならないデータ画像)
 ビットマップ/ラスター画像
 (無数の点の集まりでできた
 データ画像)
 読み込み速度  早い  普通
 主なツール
 (機能)
・ペンツール
・楕円形、曲線ツール
・パスファインダーツール
・レイヤー
・ペンツール
・ブラシツール
・歪みツール
・ レイヤー効果
 できること
 (得意分野)
・アイコンやロゴ (マーク) 、
 パッケージのデザイン
・図表やグラフの作成
・紙面デザイン (レイアウト)
・キャラクターの制作
・パターン (連続柄) の作成
・簡単なイラストの作成
 (曲線ツールの組み合わせ)
・写真の切り抜き・合成
・写真や画像の加工・編集
 (フィルター/レイヤー合成加工)
・色や明るさの詳細な調整
・バナーの作成
・Webサイトのデザイン
・本格的なイラストや絵画
  (ブラシを利用した描画)
 単体価格
 (税別)
・単体プラン ¥2,480/月
・コンプリートプラン ¥5,680/月
・学生・教員向け ¥1,980/月 (65% off)
 最安値 ・フォトプラン ¥980/月 ・単体プラン ¥2,480/月

Illustratorは、写真素材を使わずに
「0から1」を作り出すイメージで、
Photoshopは、写真素材等を使って
「1から2や3」を作り出すイメージですね。

購入プラン比較表

Photoshopを購入の流れ

IllustratorとPhotoshopの
スキルを活かせる職業

「職業の種類で比較」

 Illustratorのスキルが活かせる職業  Photoshopのスキルが活かせる職業
・Webデザイナー
・グラフィックデザイナー
・DTPデザイナー
・ロゴデザイナー
・キャラクターデザイナー

・Webデザイナー
・グラフィックデザイナー
・イラストレーター
・フォトレタッチュー
・フォトグラファー
・CGデザイナー
・映像・ゲームデザイナー

Illustratorは印刷関連や紙媒体等、
PhotoshopはWebサイトや写真等の
デザインを仕事とするような職業で
スキルを主に活かすことができます。

特に、Web・グラフィックデザイナーは
どちらか一方のスキルだけという訳でなく、
どちらのスキルも必要な職業になります。

また、絵を描くならIllustratorという
イメージがソフト名からありますが、
プロのイラストレーターはペンタブを使い
Photoshopでイラストを描く人が多いです。

もちろん、図形を使ったイラストや絵は
Illustratorの方が描きやすいですが、
繊細なイラストやアートスティクな作品は
表現幅が広いPhotoshopが相応しいですね。

デザイナーの種類については、
こちらの記事を参考にして下さい。

IllustratorとPhotoshopの
特徴を知って使い分けしよう。

これまで違いを話してきたように、
IllustratorとPhotoshopでは
それぞれに優れた機能が違ってきます。

なので、2つのソフトの特徴を理解し
制作するものによって使い分けるのが
一番効率が良く、質も上がると思います。

あなたが何を制作するかによって
IllustratorとPhotoshopを
使い分けて作業していきましょう。

実際にはIllustratorとPhotoshop
両方組み合わせ利用することも多い。

実際には両ソフト (+さらに他のソフト) を
組み合わせてデザイン制作していくことも
かなり多いのではないかと思います。

ロゴやレイアウト制作はIllustratorで行い、
配置する写真などはPhotoshopで加工する
そのようなイメージですね。

どちらも同じAdobeの製品のため、
とても連携はやりやすくなっています。

最後に

IllustratorとPhotoshopの
特徴・機能・価格などは理解できました?

デザイン・クリエイティブの業界で
Adobe Illustrator・Photoshopは、
世界の標準的なデザインツールとして
どこでも使われているものになります。

是非、この機会に違いをしっかり理解して、
知識とスキルを身につけていって下さいね。

以上が今回の内容です。
少しでも参考になれば嬉しいです。

Illustrator・Photoshop関連の書籍

スポンサーリンク

シェアする