Photoshopのプラン選び・購入・利用までの一通りの流れ

photoshop5 - Photoshopのプラン選び・購入・利用までの一通りの流れ

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、photoshopの購入について
手順や価格の比較などを書きました。

スポンサーリンク

Photoshopの購入の前に

まず始めに、購入の手順を紹介する前に
知っておいた方がいいことを少し
「Q&A形式」でまとめておこうと思います。

「Q1. どのように購入するか?」

  • A1. ネット上で一通りの手続きが可能。
    以前はCD ROMのパッケージ購入の形でしたが、
    現在はネットや電話だけになりました。

「Q2. 購入可能なバージョンは?」

  • A2. Photoshop CCのみです。
    以前のバージョンを販売している
    お店もまだあるとは思いますが、
    CCを買うのが断然お得で良いです。
    ※ CCはクリエイティブ・クラウンの略

「Q3. Photoshopの容量は?」

  • A3. Photoshopのみで2GBくらいの
    HDD空き容量が欲しいです。

「Q4. 価格相場は?」

  • A4. Photoshopのみなら年数万円です。
    詳しくはあとで紹介しますね。

「Q5. 買い切りは可能?」

  • A5. できません。
    今、買うことができるPhotoshopは、
    「月額・年額払い」のソフトになっています。

「Q6. 中古購入は可能?」

  • A6. できません。
    中古購入ということは、誰かのライセンスを
    譲ってもらうということで違法なんです。

「Q7. ソフトはパソコン一台にしか
 インストールできないのか?」

  • A7. いいえ、できます。
    同一人物が使用する場合、1つのライセンスで
    二台にインストールすることができます。

    詳細は下の公式ホームページをチェック。

アドビ公式ページ

スポンサーリンク

購入の方法 (個人の場合)

ここからが、この記事のメインである
購入の具体的な方法・流れになります。

学生は「購入の方法 (学生・教員の場合)」
そちらの方を読んでみて下さい。

購入別に価格 (税別) を比較してみました。

「価格 (税別) の一覧」(2020年12月 時点)

    アドビ公式価格 (税別)
 Photoshop 単体  月々プラン  ¥3,480/月
 ¥41,760/年
 年間プラン  ¥2,480/月(月々払い)
 ¥29,760/年(一括払い)
 フォトプラン
( Ps + Lr )
 20GB ※1  年間プラン  ¥980/月(月々払い)
 ¥11,760/年(一括払い)
 1 TB
 (1,000GB)
 年間プラン  ¥1,980/月(月々払い)
 ¥23,760/年(一括払い)
 コンプリートプラン
 ( Ps+ 全ソフト)※2
 月々プラン  ¥8,980/月
 ¥107,760/年
 年間プラン  ¥5,680/月(月々払い)
 ¥68,160/年(一括払い)

※1フォトプラン (20GB) の家電量販店
またはオンラン販売店での販売が終了し
アドビストアのみの販売になっています。

※2 Photoshopを含むアドビの
クリエイティブソフトが全て利用可能なプラン

この度、これまで提供しておりました Creative Cloud フォトプラン(20GB ストレージ付)の家電量販店またはオンライン販売店での販売を終了し、新たに Creative Cloud フォトプラン(1TB ストレージ付)を発売いたしました。これに伴い、ご利用のお客様が引き続きフォトプランをご利用いただく際の注

3つそれぞれ説明していきますね。

Photoshopのみで作業をするなら
フォトプランが最も良い。

photoshop3 300x300 - Photoshopのプラン選び・購入・利用までの一通りの流れ

Adobe Creative Cloud フォトプランとは、

980円/月 (年間プラン月々払い)

  • Lightroom CC

  • Lightroom Classic CC
  • Photoshop CC

  • 20GBクラウドストレージ
  • アドビストアでのみ購入可能

といった写真編集用ソフトが
セットになったお得なプランです。

Photoshopの機能は全然変わらないのに
「Photoshop単体」より安いという驚き。

Photoshop単体の方が高いのは、

  • 100GBクラウドストレージ

  • Typekitフォント付き
  • Creative Cloud Market
    (ロイヤリティーフリー素材)付き

等があるからですね。

ですが、初心者はそこまで使わないですし
写真の編集・加工等が目的ならば、
フォトプランで十分だと思います。

数ヶ月だけ使うならPhotoshop
無料体験版 + 単体プラン

フォトプランだけは月々プランがないため
1年間利用しないといけない点があります。

数ヶ月だけPhotoshopを使うとなると、
高くなってしまうんですが、
その場合は単体プランが良いです。

7日間の無料体験版も合わせて使うことで
37日で¥3,180で済ますことができますね。

単体プランで4ヶ月使うと¥12,720で
フォトプラン1年間¥11,760よりかかるため
4ヶ月以上使うならフォトプランにしましょう。

Photoshop体験版

Adobe Photoshop完全版を無料でダウンロードできます。Photoshopを無料でダウンロードして、写真、画像、3Dアートワークなどを作成、編集しましょう。

Photoshop以外も利用したいなら
コンプリートプラン

photoshop4 300x293 - Photoshopのプラン選び・購入・利用までの一通りの流れ

例えば、デザインのレイアウトや
雑誌や冊子の作成などもしたいなら
IllustratorやIndesignが便利。

こういった他の全てのデザインソフトが
付いてくるのがコンプリートプランです。

これからデザインを本格的にやっていくなら
このプランが絶対お得ですね。

「個人の購入のまとめ」

  • Photoshopだけ利用するなら
    「フォトプラン」

  • 数ヶ月だけ(3ヶ月以内)利用するなら
    「無料体験版 +単体プラン」
  • 他のデザイン系ソフトも利用するなら
    「コンプリートプラン」

購入の方法(学生・教員の場合)

学生や教職員の方なら
「アカデミックプラン」というのがあり、
個人でアドビソフトを買うより安いです。

「価格 (税別) の一覧」(2020年12月 時点)

   アドビ公式価格(税別)   
 学生・教職員版 
 フォトプラン

  (Ps+ Lr)
 20GB   年間プラン  ¥980/月(月々払い)
 ¥11,760/年(一括払い)
 学生・教職員版
 コンプリートプラン 

   (Ps + 全ソフト) 
 年間プラン  ¥1,980/月(月々払い)
 ¥23,760/年(一括払い)

学生・教職員版は、月々プランがなく
年間プランのみになってきます。

そして、Photoshop単体の
プランもなくなりますね。

なので、数ヶ月だけなら個人での購入です。

Photoshop + 全ソフトなら
アカデミックプラン

購入の方法 (個人の場合) で触れましたが
IllustratorやInDesign等の他のソフトも
利用されてデザインをされるならば、
学生・教職員版コンプリートプランが
なんと月々¥3,700も安く使えてしまいます。

年間だと¥44,400も安いので
これは学生・教員の方はお買い得ですね。

「学生・教員の購入のまとめ」

  • Photoshopだけ利用するなら
    個人と同じで「フォトプラン」

  • 他のデザイン系ソフトも使うなら
    「学生・教職員版コンプリートプラン」

購入し利用開始までの流れ

次にPhotoshopを利用するまでの
手続きの流れを紹介します。

  1. アドビ公式ページで商品を選択する。
    下の公式ページにアクセスし商品を選びます。

    無料体験版からの切り替えも手順は同じ。

  2. 次に購入の手続きする。
    メールアドレスやクレジットカードなどの

    個人情報の記入を行います。

  3. Photoshopダウンロード
    手続きを終えると、

    「Akamai ダウンロードマネージャー」の
    リンクが出てくるのでそれをクリック。
    そうすると、インストールが開始されます。

  4. ソフトを開いて「シリアル番号」を打ち込む。
    開いた際にシリアル番号を聞かれるので、

    ソフト購入の際に届いたメール内に書いてある
    シリアル番号を打ち込みましょう。

  5. 以上で完了。
    これでPhotoshopを利用できます。

Adobe Creative Cloudフォトプランを利用すれば、必要な写真編集ソフトやアプリで思い描いたとおりに画像を変換できます。

最後に

少しややこしい点もあったかですが、
Photoshopのプラン価格・選びから
利用までは一応こんな感じになります。

Photoshopを購入を考えていた人の
何かお役に立てたなら嬉しいです。

なお、Photoshopを書籍で学びたい人は
次の記事が参考になると思います。

スポンサーリンク

シェアする