配色やカラーデザインの基礎・理論が学べる書籍・本まとめ

color-book-1

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、配色やカラーデザインの基本等が
学べる本をまとめた記事になります。

スポンサーリンク

配色やカラーデザインの
基本・操作の書籍・本

この記事では、配色やカラーデザインの
基礎や理論等を学べる本を紹介します。

配色やカラーデザインを初めて学ぶ方は、
まず次のに紹介するどれかから選択して
学び始めるのがおすすめになります。

特に、次のような人は読んでみて下さい。

  • 配色やカラーデザインを初めて学習する人
  • 配色の基本をしっかり学びたい人

なお、デザイン書籍等を1ヶ月無料で読むなら、
Amazonの「Kindle Unlimitedimpression?a id=1222425&p id=170&pc id=185&pl id=4062 - 配色やカラーデザインの基礎・理論が学べる書籍・本まとめ」がおすすめ。

スポンサーリンク

配色やカラーデザインの基礎・理論が
学べる書籍・本まとめ

「配色やカラーデザインの入門書の一覧」

 系統  書籍名
 基礎・理論
 配色デザイン見本帳
 配色の基礎と考えが学べるガイドブック
 7日でマスターする配色基礎講座
 配色&カラーデザイン
 プロに学ぶ一生枯れない永久不滅テクニック
 塗り絵でまなぶ配色のきほん
 楽しみながら色彩センスがアップする
 色の事典
 色の教科書
 配色手帳 増補・新版

配色デザイン見本帳
配色の基礎と考えが学べるガイドブック

配色の基本知識からアイデア、
配色の実践まで学べる分かり易い書籍。

 タイトル
 (書籍名)
 配色デザイン見本帳
 配色の基礎と考えが学べるガイドブック
 価格  ¥2,750 (税込)
 発売日  2014/9/24
 特徴 ・配色の入門書に相応しい本
・本のタイトルに「見本帳」とあるが、
 色彩や配色を学ぶ上で大切な基礎の部分が
 抜かりなく全部載っている。
・本の対象が色の知識が全くない人なので、
 かなり分かり易い内容。
・構成は「色の基本知識」「配色の基本」、
「配色の実践」と大きく3つに分かれる。
・RGBとCMYKが掲載してある。
 おすすめの人 ・配色の基礎・理論を学びたい人
 その他  

7日間でマスターする配色基礎講座

視覚デザイン研究所の
デザインビギナーシリーズの1冊です。
(手っ取り早く学びたいならお勧めの本)

 タイトル
 (書籍名)
 7日でマスターする配色基礎講座
 価格  ¥2,750 (税込)
 発売日  2000/4/1
 特徴 初版2000年と古い本ですが、
 既に十数刷と何度も重版されている
 ロングセラーの配色の基本の書籍。
・配色の基本知識を色相環/トーン図で表し、
 配色の効果と仕組みを分かり易く解説。
配色に必要な基礎を7日間で学べる内容
 (実際、数日ほどあれば読み切れる。)
 内容 ・第1部 配色の準備
 1日目 配色する前に
 2日目 配色のツール <三属性・五役色>
・第2部 配色の実践
 3日目 引き立てる型1
 4日目 引き立てる型2
 5日目 なじませる型
 6日目 イメージづくり
 7日目 イメージマップ
 おすすめの人 ・配色の基礎・理論を学びたい人
 その他 ・デザインを勉強したことがある人は、
 どこか目にしたことがあるののでは?

配色&カラーデザイン
プロに学ぶ一生枯れない永久不滅テクニック

初めに配色の基本を学んでその後、
具体例を数多く見ながら配色の王道を
順に勉強していける配色入門書の一冊。

 タイトル
 (書籍名)
 配色&カラーデザイン
 プロに学ぶ一生枯れない永久不滅テクニック
 価格  ¥2,178 (税込)
 発売日  2012/5/29
 特徴 ・配色の基礎部分の説明が分かり易い。
・配色の具体例は多め。
・色彩検定を受けるにも役立つ一冊。
 おすすめの人 ・配色の基礎・理論を学びたい人
 その他 ・先ほど紹介した「配色デザイン見本帳」
 「7日でマスターする配色基礎講座」よりは
 少し内容は詳しくはない気がする。
 なので、個人的には上2冊の方がおすすめ。

塗り絵でまなぶ配色のきほん
楽しみながら色彩センスがアップする

塗り絵で学べる配色の基本学習本。

 タイトル
 (書籍名)
 塗り絵でまなぶ配色のきほん
 楽しみながら色彩センスがアップする
 価格  ¥1,870 (税込)
 発売日  2020/1/20
 特徴 ・塗り絵を楽しみながら色彩の知識が
 身につくドリルブック
・色彩の話もわかりやすく解説。
・様々なジャンルのイラストで楽しい。
・実際に手を動かして塗ることで、
 その違いを体感できる。
 内容  1章 配色の基本レッスン
 2章 4つのイメージをつくってみよう
 3章 ときめく異国の配色
 4章 心が揺れる魅力的な配色
 5章 楽しいイベントの配色
 おすすめの人 ・配色の基礎・理論を学びたい人
 その他 Amazonの定額読み放題サービスである
 Kindle Unlimited に対応

色の事典

配色の基本知識や色の選び方等が、
アカデミックに紹介されている書籍。

 タイトル
 (書籍名)
 色の事典
 価格  ¥1,650 (税込)
 発売日  2012/9/1
 特徴 ・発売されたのは少し前ですが、
 配色の基礎を学ぶには十分な一冊。
・配色のアイデアになると言うよりは、
 配色の構成の仕方の知識を知れる。
 おすすめの人 ・配色の基礎・理論を学びたい人
 その他 Amazonの定額読み放題サービスである
 Kindle Unlimited に対応

色の教科書

1色ずつ色別に時点形式で分かり易く
特徴を紹介した書籍。

 タイトル
 (書籍名)
 色の教科書
 価格  ¥1,540 (税込)
 発売日  2015/5/20
 特徴 ・色が与える印象から心理効果、
 色の組み等を解説している。
・ファッション、食、インテリア、花、
 メイク等の様々な角度からその特徴を検証。
・今までにない生活に密着したリアルな実用書
 おすすめの人 ・配色の基礎・理論を学びたい人
 その他  

配色手帳 増補・新版

教科書にも採用され定番書として
定評ある既刊「配色手帳」の増補版。 

 タイトル
 (書籍名)
 配色手帳 増補・新版
 価格  ¥1,980 (税込)
 発売日  2021/3/19
 特徴 ・在庫切れ後、学校はじめ企業からの多数の
 要望を受け、増補版が発売。
・既刊に32ページをプラスする形で、
 更に歓迎される一冊。
・基本的な配色テクニックを分かりやすく解説
・「表現したいイメージで配色を考える」
 ページを新設。
・全13テーマに対して、柄パターンや2色、
 3色、5色の配色サンプルを紹介。
 内容  第1章 12色のキーカラーとシルバー、ゴールド
 第2章 ファッションを意識したアイコンで
 配色を考える
 第3章 空間を意識したアイコンで配色を
 考える
 第4章 表現したいイメージで配色を考える 
 おすすめの人 ・配色の基礎・理論を学びたい人
 その他  

まとめ

以上が配色やカラーデザインの
基本や操作等が学べる本でした。

なお、配色やカラーデザイン関連の書籍は、
こちらの記事にまとめています。

また、イラストやデザイン関連の書籍は、
下の記事に一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする