RGBカラーとCMYKカラーを知ってデザインでの色の失敗を無くす。

gf01a201503131000 - RGBカラーとCMYKカラーを知ってデザインでの色の失敗を無くす。

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はデザイン・イラストをする描く際
あなたに、ぜひ抑えて欲しい
色の違いのポイントをお話しします。

スポンサーリンク

色の違いを理解する。

このポイントを理解すれば、
あなたはアナログとデジタルでの
色の違いをしっかり理解して
デザインやイラストをすることができます。

特に印刷物のほとんどで
失敗することなくイメージした色を出せます。
色の違いで失敗することはありません。

さらに、色の感覚・センスも
自然と身についてきます。

スポンサーリンク

思い通りのイメージができない。

逆にこのポイントを知らないと、

パソコン上でデザインしたものや
描いたイラスト、画像、写真などが
印刷したものと色が違う事態が起こります。

思うような色が作れないこともあります。

イメージ(考えていたもの)と違うものを
相手に見てもらうことになりかねません。

学生時代の失敗

大学時代、ぼくはこのポイントを
抑えていなかったので

カラーパレットから普通に色を決め
印刷する際、パソコンでデザインしたのと
出力したものが違って失敗しました。

そんな思いをあなたには
して欲しくないです。

RGBカラーとCMYKカラー

111 1 300x150 - RGBカラーとCMYKカラーを知ってデザインでの色の失敗を無くす。

今回あなたに伝えるそのポイントは
「カラーモード」です。

カラーモードには「RGBカラー」
「CMYKカラー」があります。

この2つのを理解することで
デザインする、イラストを描く際に
色の違いでの失敗は無くなります。

RGBカラーとCMYKの比較

  • RGBカラーとは光の三原色
    「R (赤), G(緑), (青) 

    映像・WEBなど

  • CMYKカラーとは色料の三原色と黒
    「C(シアン),M(マゼンダ),Y(イエロー)
     + K(ブラック)

    プリント・印刷物など

色彩が変わってしまう理由

color - RGBカラーとCMYKカラーを知ってデザインでの色の失敗を無くす。

RGBとCMYKでは、再現できる領域
「色空間・カラースペース」が異なるんです。

上図からも再現領域が
違うのがわかると思います。

そのため、RGBで制作した
データを印刷することで

再現できない領域の色が
別の色に置き換えられてしまい

全体的にくすんだ色になってしまいます。

なので、印刷データは
CMYKカラーで制作しましょう。

色彩にこだわるなら

program 23351  340 - RGBカラーとCMYKカラーを知ってデザインでの色の失敗を無くす。

補足として、CMYKで表現できない色を
表現するときには特色インキを使用します。

そこから、カラーモードを
触るようになったらカラーバランスなど

自分で数値などをいじったりして
新たな色表現を増やすことだって
可能になっていきます。

是非デザイン系ソフトを開いて
確認してみて下さいね。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする