古代ギリシャから習得する黄金比。デザインの本質とは。

sky-architecture

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザインを学ぶ上で
大切なある比率について話そうと思います。

スポンサーリンク

知識は糧となる。

これから話す比率はデザインを
勉強していなくてもよく聞く比率です。

ですが、具体的に説明してと言われると
おそらく説明できないと思います。

デザインを学ぶ上でセンスも
沢山の知識の積み重ねなので

この比率はしっかり自分で是非
使いこなせるようにして欲しいです。

スポンサーリンク

最も有名な比率

今回1番知ってもらいたいのは
有名な比率である「黄金比」です。

この言葉はよく聞きますよね。

意図に使っている人は少ないと思いますが
黄金比は「デザインに欠かせない比率」

実はこれを知っていると
相手に無意識的にセンスがある
と思わせることも可能なんです。

グラフィックデザインではもちろん
プロダクトデザインwebデザインでも
黄金比が使われています。

知らないでいると
黄金比に基づいたものに出会っても
その魅力の根本に気づけないです。

黄金比とは具体的に

t02200149 0800054313498079151 - 古代ギリシャから習得する黄金比。デザインの本質とは。

昔から最も調和がとれた比率
1:1+√5/2で約1:1.618が均等にとれた
バランスのよい比だと言われています。

あなたは上の図をどこかで
見かけたことがあるかもしれませんね。

身近なものだとタバコの箱も黄金比です。

あとは名刺や漫画もそうです。

また、アップルやtwitterのロゴとかも
黄金比に基づいて作られているんですよ。

例1. アップルのロゴ

adf000508 thumb - 古代ギリシャから習得する黄金比。デザインの本質とは。

例2. twitterのロゴ

adf000519 thumb - 古代ギリシャから習得する黄金比。デザインの本質とは。

根拠があり美しい。

このように黄金比のように
「計算で導き出された根拠あるデザイン」
も実際存在するんです。

なので、デザインにセンスがある
と相手に思ってもらうために

見ただけで美しい・綺麗と
感じさせるデザインをするのに
この比率を覚えることはとても大切です。

そして、デザインをするとき
比率を確認しながら作っていきましょう。

そうすることで着実にセンスある
デザインをものにして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする