イラストを上達させるための模写と練習の方法

pen-hand-paper

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はイラストを上手くなるのに欠かせない
模写のコツや練習方法のことを書きました。

スポンサーリンク

イラストを模写すること

イラストを上手く描けるための1つとして
よく「模写」するのがいいと言われます。

ですが、ただ単に模写を沢山し
真似ればいいというものではありません。

そこで、画力が少しでも上がるような
模写のやり方を伝えられたらと思います。

模写をすることはイラストの上達だけでなく、
今まで気づかなかった細部に着目できたり
作家さんの作品の意図等を汲み取ったり
制作に対する集中力が上がることもあります。

「これから模写に挑戦したいな。」
「模写しても全然上達しなくて悩んでいる。」
「もっとイラストが上手くないたい。」
そういった人におすすめの記事です。

スポンサーリンク

イラストの形を捉える。

模写で同じように描くためには、
3つのポイントを押さえる必要があります。

  • 分割線を引き、比率・配置を把握

  • シルエットを捉える。
  • イラストを線でなく面で認識する。

この3つを抑えてることで
イラストの歪みをなくしてバランスが
しっかり取れたものが描けていけます。

それぞれ、ポイントを見ていきましょう。

① 分割線を引き、比率・配置を把握

模写をする際に、あなたはイラストの
どの部分、何から描いていますか。

大体の感覚で書いていくと、
比率や位置が少しずズレてきます。

その結果、部分で書いていた時は
上手く描けていたと思っていたのに、
描き終えたら不自然なイラストになって
しまったなんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、
模写するイラストに分割線を引き
模写を始めていきましょう。

縦3・横3分割の線を基本に引いてみて
細かければ細かいイラストほど、
様子を見つつ分割線を増やしてみてください。

② シルエットを捉える。

全体の比率や位置が大体、定まってきたら
メインとするものや背景の形をじっくりみて
細部を描き込まず輪郭を先に描きましょう。

分割したマスごとに比較してみると
同じに描けているのかわかってきますね。

③ イラストを線でなく面で認識する。

模写するものを人物や背景などと思わず
「図形」と思って描いていってください。

模写するイラストを多くの単純な
図形の集合体だとしてみてみます。

どうしてもイラストとなると
線ばかり意識していませんか。

図形という面の意識が上がると
同じように描けるようになります。

特に個人的にはイラストを横にしたり
逆にしたりしながら書くことで、
図形認識が高くなり正確に描けます。

ポイントはこんな感じです。

次におすすめの模写の
練習方法を紹介していきますね。

模写の練習方法

4つ模写の練習方法を挙げてみました。

  • 漫画のページを模写する。

  • アニメーションのコマを模写する。
  • 写真の模写をする。

  • 不得意なものに絞って模写する。

どれもおすすめですが、
自分にあったものをやってみましょう。

① 漫画のページを模写する。

漫画の模写は、ポーズ・表情・状況を
しっかり意識して描くのが大切です。

漫画の良いところはコマ割りも
合わせて勉強になる点ですね。

また、作品のストーリーもイラストで
表現しているので、人物の感情の変化の際の
書き方、テクニックや演出を学んでいけます。

漫画や絵本などストーリーあるイラストを
上手くなりたい人は特に必要な模写。

② アニメーションのコマを模写する。

キャラクター等が動いた場面の停止画を
模写することによって動きある生き生きした
イラストを描けるようになるでしょう。

上手いイラストレーターさんは、
キャラクター (人や動物) 等を描く時、
体を部分ごとに動かし描いているのではなく
全身を流れで描いているんです。

動くものは基本、筋肉と骨格が連動して
1つの動作ができ流ので流れ描かないと
機械のような不自然なイラストになります。

自然なバランスの取れたイラストにするのに
必要な模写の1つですね。

③ 写真の模写をする。

マンガやイラスト、アニメーション以外にも
写真を模写することも上達に繋がります。

誰かが描いたイラストはそのひとの個性や
デフォルメの影響を何かしら受けているので、
本物とは違う形や動きというものがあって
パースの狂ったイラストになる場合があります。

マンガやイラストの模写が悪いという訳でなく、
プロの人や上手い人が描いたイラストと
絵を練習している途中の人のイラストの
「わざとくずした」「くずれた」は、
全く違うので注意しないといけません。

なので、イラストの画力を上げるのに
写真の模写も効果的になってきます。

写真の素材が欲しい人は次の記事の
無料サイトを利用してみて下さい。

④ 不得意なものに絞って模写する。

「最初から全部の模写が上手くいく。」
そうこうことがある訳はありません。

ダメだったら失敗した模写に
再度トライをしていってください。

ぼくもたまにあるのですが、
模写する時、好きな部分だけ沢山描いたり
時間をかけてしまったりしませんか。

でも、不得意な部分ほど練習すべきなので、
苦手なもの全部とは言わないですが
少しずつ意識して模写していくと良いです。

目が苦手なら様々な目のカットの
イラストを繰り返し描いていきましょう。

模写を通して上手くなるために

上手くイラストを見るコツは、
「しっかりとモノを見る・観察すること」

見方が変化すれば自ずと描き方も変化します。

模写というイラストのトレーニングを通し、
構図、タッチ、絵柄、センス等に磨きをかけ
上手く描けるようになりましょう。

有名や人気のイラストレーターや作家さんも
全て何も見ずに描いてるのではなくて
何かを見たり、参考にして描いています。

デッサン同様に模写も画力を上げるには
良いイラスト練習方法ですね。

また、イラストのスキルアップには、
次の記事も参考になるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする