イラスト・デザインのスキルを上げるために日々心掛けたいこと

creative hassouryoku01 - イラスト・デザインのスキルを上げるために日々心掛けたいこと

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は日々イラストやデザインを学ぶ中で
これはスキルを上げるのに抑えてほしいと
思うことをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

スキルを上げるために。

スキルアップには沢山の方法がありますが
ぼくが特に学生時代からイラスト・デザインで
学んでいる中で大事にしていことは4つです。

(また、ふと大事だなと思ったら増やすかも)

  • イラスト・デザインの知識や技術を学ぶ。

  • イラスト・デザイン(アート)の
    原画や実物を観る。
  • なるべく本物に触れる。

  • 愛用する画材や道具の理解を深める。

スポンサーリンク

① イラスト・デザインの
知識や技術を学ぶ。

日々、スキルを磨くのは当たり前だが、
1人で地道な努力をし続けていると

その方向性が本当に正しいのかなと
不安になることがないでしょうか?

そんな時は、専門学校やイラスト塾などで
知識や技術を学ぶのも選択の1つですね。

基本的な正しい画材の使い方や技法、
デザインソフトの操作などを学ぶことは

イラスト・デザインのレベルを
「総合的に上げていってくれる」と思います。

② イラスト・デザイン(アート)の
原画や実物を観る。

多くのイラストレーター(作家)は、
普段から頻繁にギャラリー(個展・展示会)
アート・デザインイベントに足を運び、
他の作家さんの作品を熱心に見ています。

もちろん、デザインやイラストを見るのが
好きだということもあると思いますが、

何より同業者の描いたイラストやデザインの
鑑賞は学びに繋がるからです。

美術館で巨匠の絵画などを観るのも大切ですが、
同じ今という時代を生きるライバルの作品は
さらに刺激になってくるでしょう。

自分の目で直接、タッチや雰囲気を
確かめられることも大きな意味がありますね。

③ なるべく本物に触れる。

イラスト(デザイン)で大切な要素の1つに
デフォルメというのがあります。

そのスキルに長けていないと、
特にイラストレーターになるのは難しいです。

様々なモチーフの特徴や形などを捉えて
本物について詳しく知り理解しているかが鍵。

インターネットの検索だけに止まらずに
本物に触れる機会を作ったほうがいいでしょう。

④ 愛用する画材や道具の理解を深める

普段、使っている画材や道具の特徴について
どれほどの知識を持っていますか?

はじめは、「ただ必要だから」とか
「自分に合っている画材や道具だから」
そういった理由かもしれません。

ですが、ずっとその画材や道具を使うなら
それの持ち味を最大限に生かすためにも
改めて向き合っていくのがいいと思います。

ペンや紙、色鉛筆やクレヨンをはじめ、
水彩画や油絵具、アクリルガッシュ、
IllustratorやPhotoshop、ペンタブなど

もっと理解を深めれば、それだけで
作品は良くなっていくでしょう。

最後に

これらの4つのことは、
今でも大切にしていることです。

目の前の作品作りに集中しすぎず、
外出して他の作品を直に感じて

時には今使っている道具のことも
もう少し勉強して見てはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする