フリーランスのための請求書作成ソフトの選び方「クラウド会計と連携も可能」

hand-write-notebook

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、フリーランスの請求書作成
ソフトの選び方についての記事になります。

スポンサーリンク

フリーランスの請求書作成ソフト

この記事ではフリーランスとして独立し
デザイナー等になる場合に利用できる
請求書作成のソフトをまとめています。

独立すると、デザインだけでなく関連する
事務作業も全て1人で行う必要があります。

軌道に乗って安定的に売上が上がれば、
経理・事務担当を雇用する方法あります。
しかしフリーランスの売上に変動はつきもの。
効率的に1人でするに越したことはないですね。

ぼくが知ってるデザイナーさんの中には、
ExcelやAdobe Illustrator等のソフトを使い
見積書・納品書・請求書を作る人もいます。

しかし、データに管理が煩雑になったり
会計ソフトとの天堂ができないなどと、
非効率的な場合が実際少なくありません。

是非、請求書作成ソフトをうまく利用して、
貴重な時間を無駄にしないようにすることを
おすすめします。

スポンサーリンク

請求書作成ソフトを導入する
メリット・デメリット

まずは、請求書作成ソフトを導入する
メリット・デメリットを書いておきます。

メリット・デメリットを理解することで、
安心して導入することができます。

① 請求書作成ソフトを
導入するメリット

請求書作成ソフトを導入する
メリットは次の通りです。

  • 見積書・納品書・請求書等の
    必要書類が全て作れる。
  •  会計ソフトとの連携で作業効率が大幅アップ

  • データ管理・検索性・再利用等が柔軟かつ楽

見積書・納品書・請求書等の
必要書類が全て作れる。

仕事を受ける流れに合わせて見積書を作り
そのデータを元にしながら請求書など
他の書類を作るのが可能になってくるので、
効率的かつ間違いがかなり少なくなります。

会計ソフトとの連携で
作業効率が大幅にアップする。

多くの請求書作成ソフトは、
クラウド会計ソフト等と連携できるため
「請求済み」にすると会計ソフトにおいて
自動で売掛け金の仕分けができてしまう等
経理の作業がとても簡単になってきます。

データ管理・検索性・再利用等が
柔軟かつ楽に行える。

データは日付やキーワード等で管理ができ、
検索性が上がる他、同じような仕事がきた時
複製して再利用できる等、利便性が高いです。

② 請求書作成ソフトを
導入するデメリット

請求書作成ソフトを導入する
デメリットは次の通りです。

  • ソフトの使用料金がかかる。
  • サービスが終了する可能性がある。

  • サービスの機能・仕様に合わせる必要がある。

ソフトの使用料金がかかる。

当たり前ですが、料金がかかります。
ソフトを利用する頻度が少ない場合は、
割高に感じる場合もあるかもしれません。

しかし、ソフトを導入することによって
デザインや集客等に時間をかけれるのは、
大きなメリットでもあります。

サービスが終了する可能性がある。

これはどんなサービスでもそうですが、
終了してしまう可能性があります。

しかし、データのエクスポート等を利用し
他サービスに移行する対策もできるので、
考えすぎる必要はありません。

サービスの機能・仕様に
合わせる必要がある。

それぞれのサービスの機能・仕様に
合わせた運用をする必要があります。

事前にソフトの無料体験等を行なって、
自分に合っているかどうなのかを
是非チェックをしておきましょう。

おすすめの請求書作成ソフト

次におすすめの請求書作成ソフトを紹介。
どんなサービスなのか、どんな人に
おすすめなのかも簡単に説明しています。

公式サイトへのリンクも貼っているので、
購入を判断するための参考にして下さい。

代表的な請求書ソフトは以下の3つ。

① freee (フリー)

freee-invoice

クラウド会計ソフト「freee」に
標準装備されている機能です。

 特徴 ・freeeを利用していれば利用できる。
・会計ソフト内の機能なので、連携は抜群。
・別料金もかからないので、
 コストパフォーマンスもかなり高い。
 おすすめの人 ・クラウド会計ソフトfreeeを使っている人
・freeeの利用を考えている人
・会計業務と請求業務を1つのソフトで
 完結したい人
 その他  

freee (フリー)

000000011640 - フリーランスのための請求書作成ソフトの選び方「クラウド会計と連携も可能」impression?a id=1635336&p id=898&pc id=1106&pl id=11640 - フリーランスのための請求書作成ソフトの選び方「クラウド会計と連携も可能」

② Money Forward クラウド請求書

moneyforward-cloud-invoice

Money Forward社が運営している
請求書サービスです。

 特徴 ・会計ソフトMoney Forwarクラウド関連
 サービスなので、会計ソフトとの連携が抜群
・請求書作成ソフトに特化した機能や、
 郵送作業の代行サービス等もある。
別サービスになるので別料金がかかる。
 おすすめの人 ・会計ソフトMoney Forwarクラウドを
 利用している人
 その他  

Money Forward クラウド請求書

000000011756 - フリーランスのための請求書作成ソフトの選び方「クラウド会計と連携も可能」impression?a id=1635348&p id=888&pc id=1087&pl id=11756 - フリーランスのための請求書作成ソフトの選び方「クラウド会計と連携も可能」

 

③ Misoca

misoca

会計ソフトで昔から有名な弥生株式会社が
運営しているサービスです。

 特徴 ・同社の会計ソフト「弥生会計」はもちろん
クラウド会計ソフト「free」や「Money
 Forwardクラウド会計」とも連携可能。
・請求書を月5通までなら無料で作成できる。
・単独の請求書ソフト
 おすすめの人 ・会計ソフトを乗り換える可能性がある人
・請求書の発行が月5通以内で済む人
 その他  

Misoca

000000018401 - フリーランスのための請求書作成ソフトの選び方「クラウド会計と連携も可能」impression?a id=1635405&p id=914&pc id=1138&pl id=18401 - フリーランスのための請求書作成ソフトの選び方「クラウド会計と連携も可能」

自分の環境に合った
最適なものを選ぼう。

この記事ではフリーランスとして独立し
デザイナー等になる場合に利用できる
請求書作成のソフトをまとめました。

自分の環境に合わせて最適なソフトを
利用すると良いでしょう。

なお、1人で事業を行うフリーランスは、
少しでも時間の確保と効率化のためにも
請求書ソフトとクラウド会計ソフトは、
必ず導入することをおすすめします。

クラウド会計ソフトや、持っておきたい
ツールについては次の記事を参考に。

スポンサーリンク

シェアする