Photoshopを使う前にすべき初期の環境設定

photoshop6 - Photoshopを使う前にすべき初期の環境設定

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はphotoshopの使用の際の
初期の設定について書きました。

スポンサーリンク

Photoshopの環境設定

Photoshopを購入して

「何から始めていいのかわからない。」
「これから操作方法を覚えていく。」

そんな初心者の人のための
始めにして欲しいPhotoshopの
環境設定のお話になります。

初心者の方でもなくても
環境設定を全く触ってない人は、
一度確認するといいと思います。

環境設定をしっかりすることは、
あなた自身の使いやすいPhotoshopの
環境作りであり、作業効率も上がります。

そこまで内容は多くないので
Photoshopで何か作る前にきちんと設定し、
是非スムーズに使えるようになりましょう。

内容はMacでの操作ですが、
Windowsとほとんど違いはありません。

では、設定していきましょう。

スポンサーリンク

3つの環境設定

特に始めにして欲しい環境設定は
この3つのことになります。

  • 自動保存の設定

  • オーバースクロール
  • 取り消し回数の上限の変更

まずは、左上(メニューバー)の

 「Photoshop」
→「環境設定」
→「一般」

で環境設定のページを開きます。

ショートカットキーは「⌘+K」です。

※ Photoshop CC以前のソフトだと
ない機能もあるので注意して下さい。

自動保存の設定

画像がいい感じに加工できた時や
イラストが完成仕掛けの時などに、
Photoshopの突然のクラッシュによって

まだ保存をしてないにもかかわらず、
データが飛ぶことがたまにあります。

設定してなくて飛んだことが実際にあって
そのときは絶望的でした。。

それを回避するために、
Photoshopには一定間隔でドキュメントを
自動バックアップする便利な機能があります。

設定方法は、環境設定のページの

 「ファイル管理」
→「ファイルの保存オプション」
→「復元情報を次の感覚で自動保存をオン」

この流れになります。

感覚は10〜15分ぐらいでいいと思います。
個人の作業ペースで決めてみて下さいね。

1つ注意としては、容量が重いものが多いなら
時間間隔はもう少し伸ばしてみましょう。

オーバースクロール

通常はドキュメントウィンドウの中に
画像全体が表示される際は、
外側へはスクロールできくなっています。

ですが、オーバースクロールをオンにすると
外部へ自由にのスクロールが可能。

設定方法は、環境設定のページの

 「ツール」
→「オーバースクロールをオン」

これだけで完了です。

取り消し回数の上限の変更

取り消し回数とは、つまり戻る回数です。

初期設定だと、20回しか戻れないので
20回以上やり直ししたい人は、
数値を変えることでそれ以上戻せます。

設定方法は、環境設定のページの

 「パフォーマンス」
→「ヒストリー&キャッシュ」
→「ヒストリー数」

で数値を変更する。

数値は1000まで上げれますが、
100くらいまでがいいと思います。

理由は、数値を大きくすることで
容量も大きくなるからです。

twitterでも紹介しましたが、
意外に知らない人がおられたので
是非、一度触って見てくださいね。

自分の環境設定を整える。

以上が、Photoshopを使い始める前に
触っておいた方がいい初期設定でした。

どれも数分あればできることなので、
デザインやイラストの質を上げるためにも
最初にきちんと設定するのをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする