ブログのタイトルを決めるコツ「SEO上位表示とSTR向上に大切なこと」

human-guitar-color

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、ブログのタイトルを決めるコツを
まとめた記事です。

スポンサーリンク

ブログのタイトル

ブログのタイトルを決めるコツって
どんなものがあるんだろうか。
色んなブログの記事を参考にしてはいるが、
なかなか思うようにタイトルが決まらない。

そういった悩みを解決していきます。

この記事では、ブログのタイトルを決める
コツについてSEO面とキャッチコピー面の
2つの視点から紹介していきます。

SEOで上位表示を狙うために大切なこと、
CTR(クリック率)を上げるため大切なこと
この2つを理解することで、SEOに強く
CTR向上を狙えるタイトルが付けれます。

魅力的なブログのタイトルを付けて、
多くの読者に読んでもらいましょう。

それでは、前置きはこの辺で、本題に。

※この記事は「ブログで広告収入を稼ぐための
手引き「具体的な仕組み・方法・手順」の
ステップ ⑼ に該当する記事となっています。

スポンサーリンク

ブログのタイトルを工夫する理由と、
知っておくべき前提の知識

まずは、タイトルを工夫すべき理由と、
先に知っておくべき前提知識を紹介します。

  • ブログのタイトルを工夫すると、
    CTR (クリック率) が上がる。
  • SEO面とキャッチコピー面の
    両方がポイントとなる。

ブログのタイトルを工夫すると、
CTR (クリック率) が上がる。

ズバリ、「CTR向上」が
タイトルを工夫する理由です。

CTRとは、Click Through Rateの略であり、
日本語に訳すと「クリック率」となります。

SEO業界を牽引してきた老舗企業の
Internet Marketing Ninjas」によると、
SEO上位のページのクリック率は下記と
言われています。(2017年のデータ)

1位 21.12%

2位 10.65%

3位 7.57%

4位 4.66%

5位 3.42%

6位 2.56%

7位 2.56%

8位 1.74%

9位 1.74%

10位 1.64%

– 2017 Google Search Click Through Rate Study

このCTRに大きな影響を与えるのが、
タイトルということです。

SEO面とキャッチコピー面の
両立がポイントとなる。

タイトルには、2つの側面があります。

具体的には次の2つの側面です。

  • SEO
  • キャッチコピー

SEOにおけるタイトルの役割は、
検索結果で上位に表示するのを促すこと。

だからこそ、キーワードを厳選し入れたり、
30文字前後にタイトルをまとめたりします。

また、キャッチコピーにおけるタイトルの
役割は、先ほど紹介したCTRの向上です。

数字を使って読者の気を引くタイトル等は、
特に分かり易いですね。

この2つの側面を理解しておくことで、
迷子にならなくて済みます。

ブログのタイトルを決めるコツ
「SEO編」

続いて、SEO面でブログのタイトルを
決めるコツを紹介します。

「SEO面でのタイトルを決めるコツ2つ」

  • 記事の内容を分かり易く示す。
  • タイトルは30文字前後におさめる。

① 記事の内容を分かり易く示す。

内容を端的に示すタイトルを付けましょう。

内容を端的に示すということは、
SEOキーワードを含んで、記事を要約した
タイトルになるため、検索エンジンからも
評価され易いです。

例えば、Webデザインの勉強でおすすめの
本を紹介したいなら、「WEbデザインの
勉強に役立つための5冊のおすすめ本を
紹介」とかですかね。

記事の内容を分かり易く示しましょう。

② タイトルは30文字前後にする。

検索結果で表示されるタイトルは、
30文字前後が最大となっています。

そのため、ブログのタイトルも
30文字ほどに押さえておきましょう。

ブログのタイトルを決めるコツ
「キャッチコピー編」

続いては、キャッチコピー面における、
タイトルを決めるコツを紹介します。

「コピー面でのタイトルを決めるコツ5つ」

  • ターゲット・レベル感を伝える。
  • 具体的な数字を入れる。

  • 機能よりベネフィットを訴求する。
  • 失敗を嫌がる読者の心理に訴える。

  • 誇大広告のような、
    やりすぎタイトルは避ける。

こちらのコツ5つは、
全てを同時に使う必要はありません。

記事ごとに「今回はコツ①を使おうかな。」
みたいな感じで使えばOKです。

① ターゲット・レベル感を伝える。

1つ目は、ターゲット・レベル感を
伝えることです。

例えば、下記のような文言を
タイトルの中に含めてみましょう。

  • ターゲットを伝える。
    →「〇〇の人必見」
    →「〇〇に出かける前にチェック」
    →「〇〇が気になるあなたへ」
  • レベル感を伝える。
    →「SEO中級者向け」
    →「初心者でも簡単」
    →「月〇万円を目指す」

上記のように伝えることにより、
読み手を選別することが可能です。

「あれ、この記事は自分に向いて
書かれているかも。」と思った人が、
記事をクリックしますよね。

② 具体的な数字を入れる。

2つ目は、具体的な数字を入れることです。

数字を入れることで、続きが気になったり、
常識とのギャップが気になったりします。

「数字を入れるタイトル例」

  • ブログで月10万円を稼ぐための
    5つのステップ
  • たった1記事で15万人に読まれる文章術

  • デザイン初心者が1ヶ月で20万円の仕事を
    もらった本当は誰にも教えたくない方法

数字を効果的に使うことで、
思わず読者がクリックしてしまう
魅力的なタイトルを付けましょう。

③ 機能よりベネフィットを訴求する。

3つ目は、機能よりもベネフィットを
訴求することです。

言葉の定義を整理しておくと、
次のような違いがあります。

  • 機能 : 商品の機能のこと
  • ベネフィット :商品の効能のこと

具体的として、「セールスライティング・
ハンドブック」の内容が分かり易いので、
一部抜粋しておきます。

◆ : 機能

◯ : ベネフィット

——————————-

◆ : 12本入り。

◯ : 1度買えば1ヶ月もつ。

◆ : 鉛筆の軸は六角形

◯ : 机から転げ落ちない。

◆ : 芯はグラファイトで、軸は木製。

◯ : 芯が丸くなってきたら、必要に応じて芯を削り
再びシャープな字が書ける。

– セールスライティング・ハンドブック

タイトルに応用するなら、
「1ヶ月でお洒落になり、周りの人から
モテまくる最強のファッションセンス術」
みたいな感じで、ベネフィットをガンガン
押していくみたいな感じでも使えます。

④ 失敗を嫌がる読者の心理に訴える。

4目は、失敗を嫌がる読者の心理に
訴えることです。

人間は成功するよりも、
「失敗したくない損したくない。」という
欲求が強い生き物であると言われています。

そこで、この特徴を活かして下記のような
コピーはクリック率を向上させます。

「失敗したくない心理を逆手に取る」

  • 知らないと損
  • 絶対失敗しない

  • 〇〇に要注意!
    絶対にやってはいけない〇〇

こんな感じですね。

読者が失敗しないように記事の中で
しっかりサポートしてあげることで、
ブログのタイトルを見た期待値を
満たしてあげられることでしょう。

⑤ 誇大広告のような、
やりすぎタイトルは避ける。

5目は、誇大広告のような、
やりすぎタイトルを避けることです。

キャッチコピーと聞くと「読者の興味を
煽るために嘘をついても大丈夫だね?」
と思う人がいるかもしれませんが、
やりすぎタイトルや嘘はダメです。

なぜなら、ブログタイトルの改善は、
CTR向上を目的としますが、
その先は「コンバーション」や「ブランド
価値の向上」などの最終目的があります。

煽りタイトルでCTRを爆上げしたとしても、
タイトルと合わない記事内容で失望されたら
最終目的を達成することは難しいです。

なので、誇大広告のような、
やりすぎタイトルは避けましょう。

まとめ、魅力的なタイトルをつけて、
読者に読んでもらおう。

今回は、ブログタイトルの決め方の
コツを紹介しました。

タイトルには、SEOとキャッチコピーの
両面の意味があることをきちんと理解して、
適切なタイトル付けをしていきましょう。

タイトル決めに関連して、キーワード選定や
記事構成の作り方は以下の記事を参考に。

スポンサーリンク

シェアする