デザインの知識と技術だけではダメ。制作に必要不可欠な感情。

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は 「デザインにおける感情」という
にテーマでお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

大切な心持ち

この感情があるとデザインの
習得・学びの速さが早くなります。

同じ時期にデザインを勉強し始めた
知識も技術も同じような人より
一歩も二歩も先にいけます。

でも、この感情が不足していると
ただ、先生の言ったことがけを
実践し自分で満足するだけ。

同期をライバル敵とも思っていないので
マイペースでデザイン・イラストを
学んでしまうことにあるでしょう。

合評や発表があったとき
批判や欠点があったとしても
その場限りと思ってしまい

「次、頑張ればいいや。」

「今回はたまたま悪かっただけ。」

「自分は自分、他人は他人
 だからどうってことない。」

そんな気持ちのまま
次の課題、デザイン・イラストをして

ほとんど変わらないまま
「次こそは」で終わってしまいます。

スポンサーリンク

学んだ先に待つ未来

毎回、成長せずに
1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎて
半年が過ぎ、1年が過ぎていき、

最終的に2年・4年間で得たのが
ある程度のデザインの知識と技術のみ

センスがあるなんて
自分が分かっているほどにない。

そんなあなたにデザイン・イラストを
誰が頼みたいと思いますか?

できる同期は有名な
デザイン事務所や会社に入り
それを周りから眺めるなんて嫌ですよね。

最悪、デザイン・イラストと全く
関係ない会社に就職して

ずっと、デザイン・イラストができないと
後悔を抱き続けることになります。

ぼくも大学当初はマイペースでした。

この感情を全く持っていなくて
そのときのデザインが良ければ
いいというタイプの人間でした。

ですが、この感情を意識していないと
実際、デザイン・イラストとは
無関係な仕事をしたり会社に就いて

四年間と何百万というお金を
泥水に捨てるようなことに
なっていたかもしれません。

未来を変えるマインド

そんな未来にならないために
必要なある1つの感情とは、
それは「悔しさ」です。

「強く悔しがる。」ことが
デザイン・イラストにおいても
とても大切なんです。

そんなことかと侮ってはいけません。

2種類の悔しさ

悔しさにも色々種類がありますが
「悔しいから人を恨み、何もしない。」
「悔しいから次負かしてやる、頑張る。」

の大まかに2つありますね。

もちろん、今回大切な悔しさは、
「後者の悔しさ」になります。

本気でやっている人やスポーツ選手などが
多く持っている感情だと思います。

本気で悔しがったり、
そこから問題点を探し解決しながら

デザイン・イラストのできる人を
真似ることが習得の近道です。

実際はどうなのか。

ぼくの周りでもデザイン・イラストを
本気でやっている人ほど
この悔しさの感情を持っていました。

合評での作品の方が褒められたり
プレゼンでデザインが負けたり
依頼者にデザインが通らなかったり

そんなとき、人前では平然としているのに
裏ではめちゃくちゃ悔しがっていました。

結果、四年間大学に通って
卒業した同期や後輩を見ていると

本気で悔しがり頑張った人の方が
好きなデザイン・イラストを
仕事としてやっていました。

この感情を普段から持つには

では、どうすれば良いかというと
もちろん悔しがることですが、

悔しさを急に持て、悔しがれ
と言われても難しいですよね。

でも、大丈夫です。

まずは周りでデザイン・イラストを
学んでいる、勉強してる身近な人を

同期でも友達でも先輩でもなく
ライバルと思って下さい。

もちろんライバルなのですから
あなたよりできる人がいいでしょう。

そうして、デザインを作るたび、
合評や発表の際にそのデザインを比べ
自分よりできている点を見つけては

「まだま良いデザインができてない。」

「自分は足にも及ばない。」

「早くあんな風なデザインがしたい。」

と強く悔しがって下さい。

そこから、モチベーションに繋げたり
問題点を見つけ、解決策を探していき、
デザインを学んでいきましょう。

ライバルを見つけるのは早い方がいい

では早速、身の周りでライバルと
思える相手を思い浮かべて見ましょう。

そして、デザイン・イラストを
作ったり描いたりする度に比べては

相手の優れた点・凄い点を見つけて
強く悔しがって見て下さい。

その「悔しい」気持ちを持って
前をいくライバルを追いかけましょう。

今回は感情面でのお話でした。

スポンサーリンク

シェアする