実績がなくてもデザインやイラストで仕事を頂くためのSNS運用術

スポンサーリンク
mobile phone 1917737  340 - 実績がなくてもデザインやイラストで仕事を頂くためのSNS運用術

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は実績0からでもSNSをうまく使えば
仕事をもらうができるというお話です。

自分の得意を仕事にする。

「イラストを描くのが得意だから、
 それを仕事にしてお金にしてみたい。」

「デザイン会社までは入りたくないけど
 デザインで何か仕事が欲しいな。」

そういったことを思っているあなたへ。

身近な無料で使えるSNSを使うことで、
ぼくが仕事を頂けるようになっていた
経験をこの記事で紹介していこうと思います。

実際にプロフィールに書いていますが、
元アパレル店員から実績0の状態から
フリーランスに転身したわけですが、

フリーランス活動を始めて数ヶ月目で、
デザイン・イラストの依頼を3件
繋がりのない方から頂くことができました。

この依頼はSNSをうまく運用することで
仕事に繋げて、実現したものになります。

では、どのようなことをしたのか
SNS運用と実体験を書いていきますね。

自己紹介記事

スポンサーリンク

Twitter編「リツイートされる
デザイン・イラスト」を作る。

「デザイン・イラストの仕事がしたいけど
 実績がなかったら無理じゃないの?」

そう実際考える人もいるかと思います。

ですが、それは間違いです。

実績がなくてもSNSを上手く使いこなせれば
誰でも実績を作っていくことはできるんです。

「Twitter編では活用の3つを紹介」

  • フォロワーに役立つ・共感が集まる
    デザインやイラストを作りツイート

  • 話題のあるツイートに対して、
    自分のデザインやイラストで対応
  • 今以上にツイート回数を増やす。

① フォロワーに役立つ・共感が集まる
デザインやイラストを作りツイート

一般的に身近な人や友達以外のツイートで
「いいね」や「リツイート」するときって、

おそらく日常的なツイートではなくて
自分にとって役立つものや共感した時ですよね。

  • 今まで知らなかった知識や情報

  • 自分の経験や悩みに重なるもの
  • 綺麗だったり、面白いもの

こういったツイートの時に思わず、
そのツイートに反応したくなると思います。

まずはこれを基本にツイートしましょう。

例の1つですがデザイン・イラストで
個性についてツイートしたもので、
多くの方から共感 (いいね) を頂きました。

このような感じで、共感できるものに
デザインやイラストを交えツイートできれば
「いいね・リツイート」が貰えるでしょう。

② 話題のあるツイートに対して、
自分のデザインやイラストで反応

Twitterも今年で日本に来て10年目で
利用者も有名人から一般人まで様々。

中には、「インフルエンサーのツイート」や
「バズっているツイート」などのように
多くの人たちの目に止まるツイートがあります。

そこで、次にSNS運用で使えるのが
目に止まるツイートに対して、
自分のデザインやイラストのスキルを使うこと。

  • インフルエンサーのツイートを
    図解デザインでまとめてみる。

  • 注目が集まるツイートをイラスト化する。
  • 文章だけで告知された企画やイベントの
    アイキャッチやビジュアルで作ってみる。

つまりは、上記のような内容のことを
自分のスキルを活かして無料で制作し
ツイートで発信するということです。

ただ1つだけ注意しておきたいことは、
この発信によりその人が反応してくれて
嬉しいものかどうかという点です。

ツイート自体が余計に分かり難くなったり
批判的なもの、イメージを下げるものには
絶対にならないようにしましょう。

その人が喜んでもらえるものになれば
いいねやリツイート、コメントも貰え、

そこから自分の存在を知ってもらう
機会が多くなっていくと思います。

③ 今以上にツイート回数を増やす。

最後に、これは見出し通りの意味です。

せっかくデザインやイラスト用に
Twitterのアカウントを制作しても

「作品が完成したときだけ投稿する。」
「数日間に数回しか投稿しない。」

これはかなり勿体無い。

あってもないようなものです。

自分のデザインやイラストを
他の人に知ってもらうためにも
twitterを積極的に使いましょう。

特にフォロワー1000人以下の場合は、
まだあまりTwitterで知られていないため

他のツイートに埋もれないように
露出度を上げないとダメですね。

ただの日常ツイートは基本NGですが
作品が完成していなくてもいいので、

デザイン・イラストの制作過程や落書き、ラフ
今取り組んでいること、ためになったことなど

毎日、何かしら投稿しましょう。

どうしても思いつかない時は、
好きな作家さんのイラスト・デザインを
ツイートするだけでもいいと思います。

スポンサーリンク

Instagram編「認知される
デザイン・イラストを意識する。

次はInstagramでの活用法です。

Instagramと聞くと、お洒落なもの
(ファッションやカフェなど)が
インスタ映えや相性がいいように見えますが、

デザインやイラスト系も
相性がとてもいいSNSの1つ。

周りにもInstagramを
デザインやイラスト投稿に使い始めて

1週間で500人、1000人も増えた人も
たくさんいるほど凄いものになります。

Twitter同様にしっかり使っていきたいところ。

「Instagram編では活用の3つを紹介」

  • デザイン・イラストの
    ビジュアルをしっかり持たせる。

  • ターゲットを明確化する。
  • プロフィールをしっかり書く。

① デザイン・イラストの
ビジュアルをしっかり持たせる。

まず、TwitterとInstagramの
基本として大きな違いとして

  • Twitter・・文字、文章がメイン

  • Instagram・・写真や画像がメイン

つまりはデザインやイラストの
ビジュアルで見る人をどれだけ
惹きつけれるかが鍵になってきます。

Instagramでは投稿一覧を見たときに
綺麗に見えるようにしましょう。

また、画像は正方形を意識して
文字もあると更にクリックしてもらえますね。

② ターゲットを明確化する。

Instagramは、Twitterと異なり
投稿した画像を一覧で見れます。

なので、そのアカウントが
「一目でどういったアカウントなのか」
「相手にとって興味があるのかどうか」

分かってしまうわけです。

もし、投稿の内容が様々だと
見る人は分かり難いとなってしまいますね。

これだと、また見たいと思わせることも
フォローにもなかなか繋がりません。

また、Instagramは拡散機能がないので
もう一度自分の投稿を見てもらうには、

自分のアカウントをどういったものか
分かり易くする必要が必ずあります。

ここでポイントとし気をつけたいことは、
「誰に見て欲しいのか。」
つまりは、「ターゲットを明確にすること」

不特定多数の人、万人受けが良いものよりも
見て欲しい相手 (ペルソナ) を想定して
デザインやイラストを制作するといいでしょう。

ペルソナの具体的な決め方については
また記事にしたいと思います。

③ プロフィールをしっかり書く。

プロフィールをきちんと書くことで
どういう人物かをしっかり伝えて、

サイト(ブログ)やTwitterのアクセスを
Instagramからも増やしましょう。

画像を見てそれが気になったら、
どういった人がこの作品を制作したのか
気になりプロフィールを見ると思います。

そこに自己紹介とともに
自分のサイト・Twitterのアカウントは
必ず記載しておきましょう。

その人のことが具体的にわかれば、
サイトに連絡や依頼も来やすくなりますね。

 SNS運用まとめ

今回はTwitterとInstagramのSNSを通じ
デザインやイラストをどのように
仕事に繋げていくかについて少し書きました。

「Twitter」

  • 役立つ情報や共感あるツイートを
    毎日できるだけ多く発信していく。

  • インフルエンサー・話題のツイートを
    自分のデザインやイラストでビジュアル化

「Instagram」

  • 投稿一覧の見え方を意識する。

  • ターゲット・プロフィールの明確化

要点を簡単に抑えるとこんな感じです。

無料のSNS上手く利用することで、
自分を多くの人に知ってもらえます。

始め、ぼくもSNSで実績がなくて
仕事や依頼なんて来るんだろうかと

半信半疑でSNSで仕事をもらっている人の
情報などを参考にSNSを構築していくと
デザインでお仕事をもらえるようになりました。

SNSの可能性は大きいので
是非、作品などをもっと発信していきましょう。

この記事がこれからデザインやイラストで
仕事を取っていきたいなと思う人などの
参考に少しでもなれば嬉しいです。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする