イラスト・絵の勉強に役立つ書籍・本まとめ

drawing-sea

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、イラスト・絵を
学べる本をまとめた記事になります。

スポンサーリンク

この記事の目次

イラスト・絵が学べる書籍で
表現の幅を広げよう。

コピックや水彩色鉛筆、ペイントツール等、
近年は初心者の人でもプロ並みの機能が揃う
イラストツールが手軽に入手ができるため、
これまでは専門的で難しいイメージのあった
デジタルイラストやマンガ、3D画の作成が
気軽にチャレンジできるようになりました。

細かい描き込みやニュアンスの違いによって、
多彩な世界観を表現を生み出すことができる
イラスト・漫画制作や絵を描くことにおいて、
画材・イラストツールの基本の使用方法から
描画ポイント・テクニック等が載ってるのが
「イラスト教本・参考書」になります。

特にイラスト・絵を描くのが初心者の人には、
きっと書籍から学ぶことばかりでしょう。

プロのイラストレーターや漫画家等による
メイキングや見本、実際のツール操作画面を
自分のイラスト制作の参考にすることにより、
更にイラスト表現・技術幅が広がるでしょう。

そこでこの記事ではジャンル(カテゴリー)別に
おすすめの本を紹介していこうと思います。

また、イラスト・絵の初心者の方は、
先にイラスト教本・参考書等の選び方の
記事を読んでおくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

イラスト・絵が学べる本・書籍まとめ

「イラスト・絵が学べる書籍の一覧」

 テーマ  書籍名
 絵の基本
 ラクガキ  ラクガキ・マスター
 描くことが楽しくなる絵の基本
 練習方法  絵はすぐに上手くならない
 デッサン・トレーニングの思考法
 イラスト
 身体パーツ  イラスト解体新書
 顔  ヒロマサのお絵描き講座
 顔の描き方編
 身体  ヒロマサのお絵描き講座
 体の描き方編
 デジタルイラスト「身体」描き方事典
 服装  デジタルイラスト「服装」描き方事典
 アクション  格闘&アクションポーズ作画テクニック集
 ダイナミックな動きはこう描く!
 構図  イラスト、漫画のための構図の描画教室
 パース (透視図)  スコット・ロバートソンのHOW TO DRAW
 キャラクター
 キャラ塗り  プロ絵師の技を完全マスター
 キャラ塗り上達術 決定版
 作画  とことん解説!
 キャラクターの描き方入門教室
 アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになる
 キャラ作画の技術
 表情  デジタルツールで描く!
 感情あふれ出るキャラの表情の描き方
 キャラ
 描き分け
 デジタルツールで描く!
 違いがわかるキャラクターの描き分け方
 萌えキャラ  萌えキャラクターの描き方
 顔・からだ編
 背景
 「キャラの背景」描き方教室
 「ファンタジー背景」描き方教室
 1人の作家に
 フォーカス
 Let’s Make ★ Character
 CGイラストテクニックシリーズ
 動物・植物
 画集  幻獣と動物を描く
 基礎  動物画の描き方
 デッサン  基礎  やさしい人物画
 モルフォ人体デッサン ミニシリーズ
 箱と円筒で描く
 伝わる絵  線一本からはじめる伝わる絵の描き方
 ロジカルデッサンの技法
 光と陰  鉛筆一本ではじめる光と陰の描き方
 ロジカルデッサンの技法
 コピック    コピックをはじめようmini
 ボールペン    ボールペンでかんたん!
 プチかわいいイラストが描ける本
 デジタル
 アート

 アートの
 原則
 デジタルアーティストが
 知っておくべきアートの原則
 2D・3D  田島光二アートワークス
 ZBrush&Photoshopテクニック
 コンセプト
 アート
 考え方・描き方
 ファンタジーの世界観を描く

 テクニック

 ライティング  カラー&ライト
 リアリズムのための色彩と光の描き方
 ペインティング  スピードペインティングの極意
 フォトバッシュ  フォトバッシュ入門
 画集
 150人の作家  ILLUSTRATION 2020
 ファッション  リアルクローズ イラストレーション
その他
 美術解剖学 スカルプターのための美術解剖学
 ヌードポーズ集 ビジュアル・ポーズ BOOK シリーズ

下でそれぞれ詳しく紹介しています。

ラクガキ・マスター
描くことが楽しくなる絵のキホン

絵・イラストをちょっと始めたいけど
何から始めたらいいか分からない場合、
まずは手にとって読んでみると良い本。

 特徴 ・ラクガキから絵やイラストの世界を
 知っていこうというような本。
・人物や背景等を描くより手前の段階の
 きちんとしたトレーニング方法が、
 脱力系のイラストと共に紹介される。
・解説ページはイラストが多めになっていて
 内容が直感的に理解し易い。
 おすすめの人 ・絵・イラスト初心者の人
 その他  

絵はすぐに上手くならない
デッサン・トレーニングの思考法

絵の最適な練習方法を知れる書籍。

 特徴 絵の描き方については一切触れていない本
・目指したい絵のスタイルに合わせて
 その練習方法だけ紹介される。
・今自分に必要なスキルをしっかり理解可能
 おすすめの人 ・間違った絵の練習をしていないか
 確かめたい人
 その他 ・絵のスタイルにはアニメ・イラスト・漫画
 絵画などと色々な種類がある。

イラスト解体新書

イラスト制作の細部まで解説されている
内容満載のイラスト教本の一冊。

 特徴 ・初心者にありがちなイラストの違和感に
 着目して書かれている本。
・「描けるけどなんだか変」に答えるための
 イラスト再入門書というのがコンセプト。
・人物をよりバランス良く・魅力的に描く
 要点がまとめてあり、各パーツの基本となる
 図形・具体的な構図例に沿って解説される。
・身体のパーツは様々な向きや角度があって、
 各パーツの繋がりや膨らみ方の表現も学べる
 おすすめの人 ・イラスト初心者の人
・特定のパーツしか描けない人
 その他  

ヒロマサのお絵描き講座
顔の描き方編

イラスト初心者の画力アップに相応しい
お絵描き講座の書籍シリーズ第一弾。

 特徴 ・お絵描きに悩んだ経験を持つ作者の
 うえだヒロマサさん執筆の本。
・ストーリー構成がしっかりしていて
 内容は漫画形式なので読みやすい。
顔や表情に特化したイラスト教本で、
 イラストを描く時の心構えやパーツ別での
 描き方をはじめ、正面や斜め、横顔等の
 色々な角度での描き方をそれぞれ詳細に解説
価格も他の本と比べて安価
 おすすめの人 ・イラスト初心者の人
・表情のバリエーションを増やしたい人
・様々なイラスト教本や技術書を買ったけど
 難しくて理解できないという人
 その他  

ヒロマサのお絵描き講座
体の描き方編

多彩なジャンルに活用できる基本技法が
収録された初心者向けのイラスト教本。

 特徴 ・人気イラストサイト「Pixiv」で注目される
 「ヒロマサのお絵描き講座」の書籍第二弾
・様々なアクションの基盤となる身体の
 描き方に特化した内容。
・アタリ描き・動き方、服のシワの付け方等
 漫画やパラパラマンガを作成する時に、
 活用できる内容が網羅してある。
・スランプに陥った時の対処方法も記載。
 おすすめの人 ・イラスト初心者
 その他  

デジタルイラストの「身体」描き方事典

イラストと漫画の基本となる体のパーツの
描き方をまとめてある事典風の書籍。

 特徴 ・好評につき8刷を突破したイラスト本。
・キャラクターの表情・アクションにおいて
 重要な顔・胴体・手足の各パーツに分けて
 事典形式で解説される。
・デジタルツールでイラストを描くときに
 気をつけるべき点も説明。
・しっかり筋肉と骨の詳細な解剖図が添付
 おすすめの人 ・イラストの身体のバランスを学びたい人
・実写的なイラストを描きたい人
 その他  

デジタルイラストの「服装」描き方事典

世界観を飾る「服装」に特化した
イラストを学べる書籍。

 特徴 ・躍動感のあるイラストやキャラクターの
 個性において大切になる「服装」に着目した
 イラスト教本。
・現代の男女の服装をトップス・ボトムス・
 アフター等の部位ごとに、描き方や構成が
 まとめてある。
・バランスの良い合わせ方も載っているので
 コーディネートのヒントも得られる。
 おすすめの人 ・イラストの服装の描き方を学びたい人
 その他  

格闘&アクションポーズ
作画テクニック集

本格的なアクションイラストの制作に
特化したイラストテクニック集。

 特徴 ・「魅せるアクション」にこだわってある
 イラスト教本。
・アクションシーンの基礎となる人体構造、
 打撃技・投げ技等といった実際の格闘技に
 用いられるアクションが100種類以上収録。
・各アクションにおける絶妙な体の向きまで
 細かく解説される。
 おすすめの人 ・アクション作画やパラバラ漫画等に
 挑戦したい人
・動きあふれるイラストを描きたい人
 その他  

ダイナミックな動きはこう描く!!

躍動感あるアクションイラストの
スキルアップに役立つ教本の一冊。

 特徴 ・走る、武器を振る、戦う等バトルシーンに
 役立つ人物描写がたっぷり収録されている。
・動きが単調にならないためのポージングや
 アタリのコツがまとめてある。
・構図・イラスト見本だけでなく、
 キャラクター付けされていないラフ画も豊富
(ラフ画をベースにオリジナルのイラストの
 作成も可能)
 おすすめの人 ・動きあふれるイラストを描きたい人
 その他  

イラスト、漫画のための
構図の描画教室

イラストや漫画を描く上で
大切な構図をしっかり学べる書籍。

 特徴 ・構図を徹底的に解説してくれる本。
・様々な実例の構図が多く掲載。
 おすすめの人 ・イラスト、漫画の構図を学びたい人
・イラスト、漫画の構図に悩んでいる人
 その他  

スコット・ロバートソンの
HOW TO DRAW

パースを用いたメカや背景等の描き方を
学べる海外アーティスト執筆の書籍。

 特徴 ・パース (透視図) が学べる本。
・作画の解説が丁寧でしっかりしている。
・いろんな人が描い絵が紹介されている。
・仕事でどのように活用するかも記述。
・本の価格はやや高め。
 おすすめの人 ・中級者以上
・イラストや絵のパースを学びたい人
 その他  

プロ絵師の技を完全マスター
キャラ塗り上達術 決定版

プロの技術・ツールを完全網羅した
イラストが学べる書籍の定番。

 特徴 ・「プロ絵師の技」を徹底解説。
・塗りにおいてプロが使用しているブラシ・
 レイヤー設定・RGB値等といった疑問を
 解消してくれる詳細なテクニックが掲載。
・デジタルペイントソフトを用いた様々な
 バリエーションの塗り方が解説されている。
・付属のダウンロード特典には、
 本書で紹介されたイラストをレイヤー別に
 分けられたデータ等もある。
 おすすめの人 ・イラスト初心者
 その他  

とことん解説!
キャラクターの描き方入門教室

人気のデジタルペイントソフトの扱い方や
ポイントがまとめられた1冊。

 特徴 ・数あるデジタルペイントの中でも大人気の
 「CLIP STUDIO PAINT PRO」の基本的な
 使い方をまとめたイラスト教本。
・デジタルイラストを1枚描き上げるための
 必要な工程・初心者が押さえておくべき
 ポイントが紹介されている。
・各パーツで線画・下塗り・仕上げ等が
 ステップごとに解説、初心者が苦手な
 「影・ハイライト」の入れ方も網羅。
 おすすめの人 ・「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使う
 イラスト初心者の人
 (特にアニメ風キャラクターが描きたい人)
 その他  

アニメ私塾流 最速でなんでも
描けるようになるキャラ作画の技術

SNSでも話題のオリジナルノウハウ満載、
初心者必見のイラスト教本の一冊。

 特徴 ・TwitterやYouTubeで話題になった
 「アニメ私塾」のノウハウが詰まった本。
・ページ構成がすっきりまとめてあり、
 自分が求めている情報が探し易い。
・絵を上手くなるために避けては通れない
 模写のやり方を解説している。
・イラスト初心者のための基礎から、
 イラストを魅力的に魅せるテクニック等
 経験者にも参考になる内容が豊富。
・著者がアニメーター出身なので、
 動きあるキャラの描き方も学べる
・人物が行う動作がコマ撮りのように掲載。
・身近なものを観察しながらリアルな絵を
 描く方法やNGイラストの例もある。
・付属のDVDではテキストでは伝えきれない
 詳細テクニック・オリジナルノウハウも有り
 おすすめの人 ・イラスト初心者・経験者
・動きあるキャラをスムーズに描きたい人
・アニメーターになりたい人
 その他 ・ただ、理屈的な内容部分が多く、
 精密なイラストを描くための考え方なので
 楽しみながら描く習慣がないときついかも

イラスト上達のための模写については、
次の記事でも少し書いています。

デジタルツールで描く!
感情があふれ出るキャラの表情の描き方

様々な世界観のイラスト・漫画で使える表情の
描き分け方がまとめられているイラスト教本。

 特徴 小さな子供から老人まで、幅広い年代の
 人物イラストを800点以上掲載。
・多数のイラストレーターによる
 キャラクターの表情がまとめてある。
・使用ツールは主にデジタルペイントであり
 イラスト作成時に絵柄ごとにおすすめの
 ブラシの種類や設定方法等が紹介される。
・心理学者ロバート・プルチックが提唱する
 「感情の環」に基づいた様々な表現
 テクニックも豊富なのが魅力的。
 おすすめの人 ・キャラクターの表情を学びたい人
・デジタルペイントソフトを使い始めた人
 その他  

デジタルツールで描く!
違いがわかるキャラクターの描き分け方

キャラクターの個性をアップさせる
人気のイラストが学べる書籍の一冊。

 特徴 ・創作物・漫画を作る上で必要な
 キャラクター作りの「個性」を出すための
 描き方が載っているのイラスト教本。
・読者はどこを見て特徴を判断するかという
 観点に基づいて、年齢や性別における
 描き分けの方法を学ぶことができる。
 (表情や目、髪質から見た表現の違いも
 詳細に説明されている。)
 おすすめの人 ・これからデジタルイラストを挑戦する人
・「オリジナルキャラクターが同じような
 見た目になる」と悩んでいる人
 その他  

萌えキャラクターの描き方
顔・からだ編

萌えキャラクターを描くときの
ポイントをまとめてある書籍。

 特徴 ・萌えキャラクターと認識する人物像の
 基本を幾つかの軸に分けて紹介している。
・様々な角度から見た顔の描き方や可愛いと
 思えるキャラの作り込み等も詳しく解説。
 おすすめの人 ・アニメ風の萌えキャラクターが
 描けるようになりたい人
 その他  

「キャラの背景」描き方教室

背景イラストレーターのプロである
よ一清水さんが執筆された書籍。

 特徴 ・背景の描き方の説明がとても分かり易く、
 徹底的に解説してくれる本。
・プロがどのように背景を含み、一枚絵を
 仕上げているのかが分かる。
 おすすめの人 ・キャラクターの背景を学びたい人
・CLIP STUDIO PAINT で絵を描く人
 その他  

「ファンタジー背景」描き方教室

こちらも、よ一清水さんが執筆された書籍。

 特徴 ・参考イラストの描き方を工程ごとに紹介。
・随時ポイントを解説する一般的な構成。
・立体の捉え方、構図の考え方、色の選び方
 ツールの使い方等を分かり易く網羅的解説。
・紹介している絵の枚数、情報量も多数。
・背景の描き方とあるが背景以外にも応用可
 おすすめの人 ・ファンタジーの背景を学びたい人
・イラスト初心者から中級者
・Photoshopで絵を描く人
 その他  

Let’s Make ★ Character
CGイラストテクニックシリーズ

Let’s Make ★ Characterシリーズは
1冊全て1人のイラストレーターの
絵の描き方等にフォーカスした書籍。

 特徴 ・1人のイラストレーターに着目して
 絵の描き方を徹底的に解説している。
・イラストツールの使い方というよりも、
 どういう手順で描いているのかが知れる。
・シリーズはvol.10まで発売
 (イラストレーターは、DSマイル、Anmi、
 ぶーた、藤ちょこ、TNSK等)
 おすすめの人 ・絵柄の好きなイラストレーターの描き方を
 学びたい人
 その他  

幻獣と動物を描く

幻獣と動物の画集・イラスト集ですが、
動生物を描く時に参考になる書籍。

 特徴 ・高い描写の絵と深い解剖学が学べる資料。
・言葉による説明は少しメモ書きである程度
・著者はハリウッド映画のクリーチャー
 デザインに関わってきた人
 おすすめの人 ・実在の動物、説得ある空想上の生物を
 高い説得力を持って描きたい人
 その他  

動物画の描き方

動物画の模写を学ぶのに使える書籍。

 特徴 ・絵も解説も詳しすぎず情報量が丁度良い。
・描き方の解説少なめ。
・いろんな動物が載っているので模写に最適
・本の価格も比較的安い。
・鳥が載っていないのがデメリット
 おすすめの人 ・絵の初心者の人
・動物デッサンをこれから始める人
 その他  

やさしい人物画

絵の勉強を根本的なところから
始めたい人におすすめしたい書籍。

 特徴 ・発行年が1976年とかなり古いが、
 今もなお読み続けられている本。
・絵を描く上で基本的な考え方や人の目線、
 人体の構造等、多くのことを学べる。
・描き方の解説少なめ。
載っている絵が良いので模写には最適。
・絵や仕事の考え方の話も面白い。
 おすすめの人 ・絵の初心者の人
・人物デッサンをこれから始める人
 その他 最新の絵柄を求めている人には、
 少し手を出しにくいかもしれない。

モルフォ人体デッサン ミニシリーズ
箱と円筒で描く

人体を素早く正確に描くための
テクニックが学べる書籍の一冊。

 特徴 ・箱と円筒から人体をリアルに描く方法を
 しっかり勉強できる。
・他の美術書に比べて新書程度のサイズで
 コンパクトなデッサン教本。
 (手のひらサイズで持ち歩き易い?)
 おすすめの人 思っている以上に線が多いので中級者向け
 その他  

線一本からはじめる伝わる絵の描き方
ロジカルデッサンの技法

イラスト初心者でも気軽に始めれる
デッサンの方法がまとめられた書籍。

 特徴 ・「全く絵心がない人でも必ず絵が描ける
 ようになる。」ことを目的にしている本。
形や特徴を抑えたシンプルで分かりやすい
 デッサンの描き方やコツがまとまっている。
・全てのイラストの基本となる図形 (丸・三角
 四角) に分解し、組立てつつ絵にするという
 アプローチ方法を採用している。
 おすすめの人 ・手軽に挑戦できる教本が欲しいという人
 その他  

鉛筆一本ではじめる光と陰の描き方
ロジカルデッサンの技法

鉛筆で描く立体イラストの魅力をあげる
大切な本質が詰まっている書籍。

 特徴 ・人気の「ロジカルデッサン」シリーズの
 第2弾であるイラスト教本。
・立体イラストに重点が置かれていて、
 遠近法や透視図法等の専門的技法
 詳しい解説とともにまとめられている。
・「影」の角度や濃さの表現の方法も学べる
・四角や円の描き方から、算数でいうような
 足し算・引き算レベルを丁寧理解できる。
 おすすめの人 ・立体的なイラストを学びたい人
・画力をワンアップさせたい人
 その他  

コピックをはじめようmini

コピックの塗り方を紹介した書籍。

 特徴 ・様々なキャラクターやいろんな世界観の
 服装・小物、植物等のコピックを使用した
 塗り方が幅広く紹介されている。
・塗り絵や色見本の付録あり。
 おすすめの人 ・コピックを使い始めた人
 その他  

ボールペンでかんたん!
プチかわいいイラストが描ける本

ゆるくて可愛いイラストが描けるようになる
人気のイラスト教本の一冊。

 特徴 ・シリーズ累計30万部を突破した
「コツがわかる本」シリーズの1つ。
・興味番組の講師も務めたイラストレーター
 カモさんによるプチ可愛いイラストの
 描き方が分かりやすくまとめてある。
使用ツールはボールペンで、ゆるい絵を描く
 基本の図形の練習から、小動物・女の子等の
 様々なキャラクターの描き方まで網羅。
少ない線で簡単にイラストを描くことが可
 おすすめの人 ・イラスト初心者
・小さい子供のためにイラストを描く
 必要ある人 (ファミリー層にもおすすめ)
 その他  

デジタルアーティストが
知っておくべきアートの原則

絵・アートを仕上げる上で必要な概念を
論理的に幅広く学べる書籍の一冊。

 特徴 ・書籍の前半部分は絵を描く上で必要なこと
 後半部分はアーティスの絵が多い。
・一冊で幅広く網羅したバランスの良い書籍
・構図、色、光、解剖学、遠近法、奥行きと
 絵を描く上で必要ような要素が学べる。
 おすすめの人 ・デジタルアートを学ぶ人
・幅広くデジタルアートの基本的ルールや
 セオリーを知りたい人
 その他  

田島光二アートワークス
ZBrush&Photoshopテクニック

2D3Dスタイルの絵を学べる一冊。

 特徴 ・作品集とメイキング半々くらいの内容
・値段も技術書の中では比較的安め。
・ハリウッド映画にも携わる凄いコンセプト
 アーティストである田島光二氏の書籍。
 おすすめの人 ・2Dと3Dの混合作品に興味がある人
・Zbrushを用いてどう作品を作るのか
 知りたい人
 その他 ・イラストレーターであっても3DCGは、
 武器になるので学んでおいても損にならない

ファンタジーの世界観を描く

コンセプトアートについてまとめてある書籍。

 特徴 ・コンセプトアートの描き方や考え方等が
 体系的にしっかりと学べる本。
・仕事の進め方も載っている。
 おすすめの人 ・コンセプトアートを学びたい人
 その他  

カラー&ライト
リアリズムのための色彩と光の描き方

絵のライティングを学ぶのに最適な一冊。
光の知識はアニメ塗りにも厚塗りの人にも
「塗り」に応用を効かせれるのでおすすめ。

 特徴 ・絵をリアルに描くためのカラーとライトが
 勉強できる書籍。
・古典的な絵画技法を用いて光の知識や
 使い方が解説されているが普遍的に衰えない
 ずっと使える内容。
・プロの人も絶賛している。
・あまり描き方については解説していない。
・載っている絵は模写の対象としては不向き
 おすすめの人 ・絵のライティングを学びたい人
・一段高いレベルの塗りの知識が欲しい人
・海外のアーティストのように光が綺麗な
 絵を描きたい人
 その他  

スピードペインティングの極意

絵を速く描く作業を効率化するための
テクニック・ノウハウが学べる書籍。

 特徴 ・メイキングを通して短時間で描く方法が
 かなり実用的に書いてある。
・ツールやテクスチャを用いた細かい技術が
 効率化やスピードアップ等に繋がる。
 おすすめの人 ・絵を速く描くための方法を知りたい人
・ツールを用いた効率化を取り入れたい人
 その他  

フォトバッシュ入門
CLIP STUDIO PAINT PROと
写真を使って描く背景イラスト

フォトバッシュという写真を絵に
組み合わせて使う技法が学べる書籍。

 特徴 ・フォトバッシュについて日本語で詳しく
 書かれている本。
・フォトバッシュを学べ、表現の幅が広がり
 絵のクオリティを上げることに役立つ。
 おすすめの人 ・写真を使った2Dの絵を作る技法に
 興味がある人、学びたい人
 その他 ・フォトバッシュと聞くと一見
 フォトリアル向けの技法と思われがちだが、
 イラストタッチの画風にも上手く利用可能。

ILLUSTRATION 2020

2020年、注目される150人の
イラストレーターさんを紹介した書籍。

 特徴 ・イラストレーションの今を象徴する図録
・世界が注目する日本独自の多彩な
 イラストシーンを横断した作家150名を紹介
・本書の印刷面は、画集やアートプリントに
 特化した最新の印刷技術を採用している。
 おすすめの人 ・今最先端で活躍するイラストレーターを
 知りたい人
 その他 「ILLUSTRATION 2019」から9割超が
 新しい作家に入れ替わっている。

 (また同作家でも前書掲載の作品は収録なし)

リアルクローズ イラストレーション

ファッションイラストを魅力的に描く
40人のクリエイターが紹介されている本。

 特徴 ・ファッションイラストに特化した、
 新感覚のファッションブック。
・現代の多種多様なファッションイラストの
 表現を学べる。
・ファッションイラストにまつわる
 コメントも多数収録している。
・クリエイターのSNSアカウント等の掲載。
 おすすめの人 ・ファッションイラストを勉強したい人
 その他  

スカルプターのための美術解剖学

スカルプターつまり日本語で彫刻家のための
美術解剖学についての書籍になりますが、
絵を描く人にも十分参考になるような一冊。

 特徴 ・ずっと利用し続けられる
 人体を理解する上でかなり参考になる本。
・写真、絵、CG等の視覚的情報量が多め。
・ほとんど図解で解説されていて分かり易い
・Tipsや間違え易いポイントも載っている。
・男女ごとの身体構造や筋肉のつき方の
 違いもよく理解できる。
 (骨や部位の細かい名称も合わせて掲載)
・やや価格は高めだがそれなりの価値あり。
・絵を描くために書かれた本でないので、
 模写対象としては不適切。
 おすすめの人 ・中級者以上
・身体の構造をしっかり勉強したい人
・人物やキャラをなんとなく描いていて、
 説得力を持たせたい人
・絵を描く上で必要な情報だけが載った
 美術解剖学の決定版の資料が欲しい人
 その他 ・自分が知る限り、一番人体について詳しく
 書かれている本。
 ただ、詳細に書かれすぎているので最初から
 覚えようとするとるのはおすすめでない。

ビジュアルヌード・ポーズ
BOOKシリーズ

女性のヌードポーズ画集のシリーズ。

 特徴 実用的なポーズが多く掲載
・身体のラインや影のでき方をよく観察可能
・リラックス、クール、セクシー等の
 ポーズが載ってるのでイラストを描く際にも
 あたりをつけ易い。
・市川まさみさんのポーズ集が人気が高い。
 おすすめの人 ・ヌードデッサンを練習したい人
 その他 ・同様のシリーズでスーパーポーズBOOKも
 ありますが、実用性ポーズが少ない。

まとめ

難しいイメージを一般的に持たれがちの
イラストですが、今回紹介した本のように、
イラストや絵等の初心者でも分かりやすい
内容の教本・参考書が多く存在しています。

より様々な世界観のイラストや絵の制作に
チャレンジしたい人は、是非数々の教本を
購入して読んでみるのはどうでしょうか。

なお、その他のデザイン関連の書籍は、
下の記事に一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする