フリーランスの仕事(デザイン・イラスト)の比較と流れ

スポンサーリンク
no translate detected 1388 83 - フリーランスの仕事(デザイン・イラスト)の比較と流れ

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はデザインやイラスト系の
フリーランスの仕事の比較と流れ
を経験を通して記事にしてみました。

フリーランスの仕事の違いと流れ

「イラスト・デザインが好きだから
   将来イラスト・デザインを仕事にしたい。」

そういった人は全体的に見ても
増えているように見えます。

ですが、フリーランスでやっている人が
どんなイラスト・デザインの仕事をしてるか
具体的に理解している人は少ないでしょう。

また、このイラスト・デザイン業界でも
フリーランスと会社では全く違うもの。

この機会にフリーランスの違いや流れを
理解してこの分野の知識を深めてください。

関連記事

フリーランスと会社勤め比較

特にフリーランスでも
イラストレーター(デザイナー)に
焦点を置いた違いになると思います。

大切な3つの違い

  • 自身で仕事を取らないといけない。

  • やった仕事量で収入が変化
  • フリーランスには「個性」が必要

他にも比較するポイントはありますが
この3つ最低しっかり理解してほしいです。

スポンサーリンク

① 自身で仕事を取らないといけない。

会社勤めだと基本的には会社で
振られた仕事(委託)をしますが、

フリーランスになった場合は自分で
仕事を取らないといけません。

そのため、一から自分で営業し仕事を取り
自身のサイトやポートフォリをを作って
いろんな人に見てもらいながら
仕事を得ていかないとやっていけません。

② やった仕事量で収入が変化

まずこれは、イラスト・デザインの
フリーランスに限ったことではないですが、

フリーランスの収入は一定でなくて
こなした仕事の量で大きく異なります。

会社勤めだと、こなした仕事の量や
質に応じて収入基本変わるわけでなく
月の給料は一定額になってきます。

でも、フリーランスは仕事・依頼を頂いて
働いたら働いた分だけ収入を増やせますが

一方で、仕事や依頼がなければ
収入は全くないことになりますね。

「イラスト関係の仕事と就職先」の
記事の最後でも話した内容とかぶりますが

フリーランスのイラストレーターの
平均年収は200万〜350万

フリーランスは本当に個人差が激しいので
平均収入より極端に上回ったり下回ったり。

フリーランスでやり始めの人は

仕事や依頼が想像以上に取れないことも多く
経験(キャリア)が長くなるほど会社員より
一般的に上回る傾向にあるようです。

関連記事

office supplies 1149055  340 100x100 - フリーランスの仕事(デザイン・イラスト)の比較と流れ

③ フリーランスには「個性」が必要

会社勤めの人よりフリーランスは
「個性」が必要になってきます。

なぜなら、会社勤めの振られた仕事でなく
自由に仕事(描く・作る)ができますが
逆にフリーランスで個性がないと、

他の多くのフリーランスの中に埋まって
なかなか仕事が取れないからです。

依頼する人(クライアント)も多くの
会社やフリーランスの中から選択するので

その中から仕事を頂くためにも
フリーランスの「個性」が必要になりますね。

関連記事

フリーランスの仕事の流れ

この記事のメインの内容になります。

主に6つのステップを踏んで
フリーランスの仕事は成り立っています。

  1. 仕事を取りに行く。(売り込み)

  2. 仕事の依頼を受ける。

  3. 打ち合わせ

  4. ラフを提出

  5. イラスト・デザイン制作

  6.  納品・修正など

① 仕事を取りに行く。(売り込み)

フリーランスは会社勤めと違い
初めは基本的に自分で仕事を取りに
行くことから始めてきます。

形としては、「営業」「紹介(ツテ)」
「クラウドソーシング」がありますね。

大学や会社勤めの際のクライアントや人脈
そういったものなどがある場合は、
そこから紹介を頂いて仕事に繋げていきます。

紹介や人脈がまだない人は
クラウドソーシング利用が一般的です。

その後、有名になったりツテができると
勝手に仕事・依頼が来るように。

また、「営業」について
「飛び込みで、企業に売り込みをする。」
というようなイメージがありますが、

近年はそういうスタイルの営業をする
フリーランスの方は少なくなりました。

企業主催のイベントや展覧会などの参加。
自分のWebページやサイトを製作して公開
SNSやブログを使用して依頼や仕事を取るなど

ネットを利用する営業も一般的になっています。

記事「売り込みの具体的な方法」準備中

② 仕事の依頼を受ける。

フリーランスは仕事・依頼を受ける際
一回一回、契約を交わすことになります。
(報酬や著作権などの取り決め)

この時、「報酬は後払い」でなくて、
「前払い」もしくは「半分先払い」
するといいと思います。

なぜなら、報酬の未払いや遅延を防ぐため、
お金を払ったことでクライアン(依頼者)の
モチベーションを上げるのに繋がるからです。

それと、タダでやったり、納得しない額で
仕事や依頼は受けないことは大切。

友達や知人でお金がないからタダでやってや
相場よりも極端に額が低い場合は、

実績に繋がらないし、スキルのアップにも
全然ならないので断りましょう。

よくクライアントと話し、お互い納得した上
仕事に取り組むのが一番です。

③ 打ち合わせ

仕事の依頼を受け、契約を結んだら
次は打ち合わせになります。

イラストやデザイン(ポスターやweb)って
イメージのものや雰囲気もの沢山あり

クライアントも正確にこれがいいと
はっきり決まってない場合が多いです。

ここで相手の想像しているもの・要望を
的確に汲み取り、理解することが必要。

近年は打ち合わせが、対面でなくLINE(メール)
チャットワークなどで行われることも多いので

さらに、クライアントの依頼をしっかり
形にできる力を養っていくことも重要ですね。

スケジュールも打ち合わせに当たります。

④ ラフを提出

打ち合わせの後は、
いきなり製作を開始するのではなく、
始めにラフを作って依頼者に見せます。

大体の要望や方向性をある程度確認し

イラスト・デザインの完成後に
依頼者のイメージと違うものが
できないようにしていきます。

全くイメージが違い1から作り直さないと
いけないと大変なことになるので。

⑤ イラスト・デザインを制作

ラフの提出ができらたら、いよいよ
メインの製作に取りかかっていきます。

期限までの製作のペースは、
人それぞれマイペースでやればいいですが
ここで、大切にして欲しいいことが1つ。

それは、締め切りよりも早く仕上げること。

期限よりも、早くクライアントに
完成したものを見せることで
信頼や仕事にも繋がりやすくなります。

⑥ 納品・修正など

最後は納品・修正になりますね。

製作が結構、時間をとりがちに思いますが
修正が思っていた以上にかかることもあります。

自分では最終的に良いと思っていても
イラストやデザインのちょっとした
修正が何度も入ることが多いです。

明らかに一般から見ても良いと思っても
クライアントが気に入らなかったら
それはダメなので、なかなか大変です。

流れは、大体こんな感じです。

最後に

今回はフリーランスと会社勤めの比較、
フリーランスの仕事の流れを書きました。

比較した3つのポイント

「自身で仕事を取らないといけないこと」

「収入が仕事量で変化」「個性が必要なこと」

これはしっかり抑えて欲しいです。

フリーランスの流れについては、

イラスト・デザイン系の流れなのですが
他の分野のフリーランスでも似ている点は
ただあると思うので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする