優れたデザイナーと劣ったデザイナーの特徴の違いとは?

pc-4

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、優れた・劣ったデザイナーの
特徴の違いをまとめてみました。

スポンサーリンク

はじめに

優れたデザイナーと劣ったデザイナー
違いについて何となく理解していても
きちんとここが違うと説明できる人は
実際多くないのではないでしょうか?

なので、その違いを分かり易いように
10つの項目内容に分けて紹介します。

デザイナーの人で劣ったデザイナーの
特徴に当てはまってしまったならば、
注意した方が良いかもしれませんね。

また、デザイナーである人以外の人も
他の分野や業種の仕事でも当てはまる
ポイントは多いので見てみてください。

スポンサーリンク

優れたデザイナーと劣ったデザイナー

「優れたデザイナーと劣ったデザイナー比較」

   優れたデザイナー  劣ったデザイナー
 質問 よく質問する。  あまり質問しない。
 ユーザー共感  ユーザーの問題が1番  自分のデザインが1番
 アイデア出し  複数デザイン案を出す。
 最初のデザイン案で決定
 フィードバック  批評を求める。  批評から逃げる。
 第一に考えるもの  最も使い易いデザイン  最新トレンドやツール
 計画性  しっかり計画を立てる。  計画を立てない。
 透明性  アイデアになった作品を
 しっかりと説明する。
 全て自分のアイデアと
 言い切っている。
 制作の進め方  日々着実に制作を行う。  気が向いたら制作を行う。
 失敗への考え方  失敗から学ぶ。   失敗しないと思っている。
 ゴール (目的)  デザイン制作終了後も
 修正や改善等に努める。
 デザインを納品したら
 それで終わり。

まず始めに、簡単に表にまとめましたが、
以下ではそれぞれに少し具体的に紹介。

① 質問

  • 優れたデザイナー
    問題が解決のためによく質問する。

  • 劣ったデザイナー
    問題が明らかにあるのを恐れる。

② ユーザー共感

  • 優れたデザイナー
    ユーザーの問題に親身になり考える。

  • 劣ったデザイナー
    自分のデザインが1番だと考える。

③ アイデア出し

  • 優れたデザイナー
    複数のデザインのアイデア案を出し
    最善のものを検討する。

  • 劣ったデザイナー
    最初考えたデザインのアイデア案で
    決定して済ませてしまう。

デザインのアイデア出しで困った時は、
以下の記事を是非読んでみて下さい。

関連記事

④ フィードバック

  • 優れたデザイナー
    批評 (フィードバック) を求める。

  • 劣ったデザイナー
    批評 (フィードバック) から逃げる。

⑤ 第一に考えるもの

  • 優れたデザイナー
    最も使い易いデザインの作成が一番

  • 劣ったデザイナー
    最新トレンドやツールに従うのが一番

最新トレンドやツールももちろん
押さえておくことは大切ですが、
使い易いデザインを優先すべきです。

⑥ 計画性

  • 優れたデザイナー
    しっかり計画を立てデザインを作る。

  • 劣ったデザイナー
    計画を立てずデザイン制作を始める。

計画を立てるのはデザイン以外の
どんな仕事でも重要なことですね。

⑦ 透明性

  • 優れたデザイナー
    デザインのアイデアとなった
    作品をしっかり説明している。

  • 劣ったデザイナー
    全て自分のアイデアだと言う。

デザイン制作で参考になったものは
しっかり紹介や説明をしましょう。

関連記事

⑧ デザイン制作の進め方

  • 優れたデザイナー
    日々着実にデザイン制作を進める。

  • 劣ったデザイナー
    気が向いた時にデザイン制作を進める。

もちろん、毎日継続することは難しく、
時にモチベーションが上がらないことも
何度もあることだと思いいます。

そんな時は下の記事を読んでみて下さい。

関連記事

⑨ 失敗への考え方

  • 優れたデザイナー
    失敗から学ぼうとする。

  • 劣ったデザイナー
    失敗なんてしないと思っている。

⑩ ゴール (目的)

  • 優れたデザイナー
    デザイン終了後も修正や改善等に努める。

  • 劣ったデザイナー
    デザインを納品したらそれで終わり。

まとめ

以上、優れた・劣ったデザイナーの
理解しておきたい10つの違いでした。

優れたデザイナーと言われる人は、
優れたものが作れるのはもちろんのこと、
仕事の向き合い方や依頼者とのやりとり
他の面でも優れていることがわかります。

そして、依頼者の依頼の内容を元にして、
ただデザインを作り上げていくだけでなく
そのサービスやものを使う人たちにとって
「使い易いのか」「分かり易いのか」等
ユーザー視点で物事を考えれるかも大切。

デザインの知識やスキル面だけではなく
こういったことにも意識を向けることが、
デザイナーのレベルを上げていくためには
必要不可欠なものになってくるでしょう。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする