イラストレーターの収入の現状・収入アップの方法とは?

brush 1683134  340 - イラストレーターの収入の現状・収入アップの方法とは?

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はイラストレーターの収入の
現実を紹介しようかなと思います。

スポンサーリンク

イラストレーターの
収入事情知ってますか?

イラスト関係の仕事に就きたい人と
イラストレーターが夢の人は多いですが、
あなたは収入面を考えたことありますか?

イラストレーターで収入を得るのは
厳しい・難しいとか聞くと思いますが
実際問題は、どうなんでしょうか?

イラストレーターの収入事情・実態
収入アップの方法を綴ってみました。

スポンサーリンク

イラストレーターの年収

フリーランスのイラストレーターの
年収をまず初めに調べてみました。

100万円未満:52.5%
200万円未満:24.6%
350万円未満:13.1%
500万円未満:5.7%
800万円未満:1.6%
800万円超過:2.5%

– 日本イラストレーター協会 引用

2006年と少し古いのですが、
日本イラストレーター協会が実地した
アンケートの結果がこちらになります。

フリーランスイラストレーターの
約2人に1人は年収が100万円未満

そして、平均年収は261万円なんです。

収入は年数に比例している。

フリーランスのイラストレーターの
年収を見てもらいましたが、
驚いた人もいるのではないでしょうか。

ですが、これから話す方が大切になります。

「イラストレーター歴は何年目ですか?」

1年未満:11.4%
1〜3年未満:27%
3〜5年未満:30%
5〜10年未満:20%
10年超過:11.4%

– イラストネタまとめ 引用

「イラストレーターの年収」と
「イラストレーター歴」を比べてみて
このアンケート結果からもわかるように

一般的にイラストレーターになって
5年未満の人は年収がとても低い傾向に

なので、初めはアルバイト、他の仕事と
兼業している人も大変多くて
実際のところ10年以内に辞める人も多いです。

ですが、イラストを長く続けていくと
それに比例しスキルや知名度、実績等も上がり
仕事や依頼の単価(報酬)も高くなるので
収入は上がっていきますね。

年収1000万円以上のイラストレーターも
中にいて、夢はあります。

大切のは、辞めずに長く続けるのが
1つの収入を上げるポイントです。

フリーランスと会社勤めの収入比較

フリーランスの収入面をあげましたが、
会社勤めのイラストレーターと比較すると
(下の記事でも少し書いています。)

企業に就職しイラストレーターとして
働く人の平均年収は250万〜500万円

イラストレーターと聞くと収入が低い
そう言われますがそれはあくまで
フリーランスでのイラストレーターです。

会社勤めのイラストレータは
他の分野の職と比較しても
そこまで収入は変わりないんです。

関連記事

office supplies 1149055  340 100x100 - イラストレーターの収入の現状・収入アップの方法とは?

仕事・依頼の料金の相場

次にイラストレーターへの
仕事・依頼の料金の相場について。

フリーランスに仕事を依頼するときは
一般的には「イラスト1枚当たりの価格」
という料金の設定になっているのが多いです。

この1枚の価格もそのイラストレーターの
人気や実績などで全く変わってきますね。

始めの頃は相場や適切な料金が
なかなかわからないと思いますが、
そこは多く依頼こなし慣れていきましょう。

ですが、「タダでは描かない。」
これは注意したいことになります。

タダにしてしまうと、

「タダならこのくらいかな。」と思われ
あなたの実力をしっかり評価してくれない
可能性があるかもしれません。

それともう一つ。初めにタダにすると、

次回の仕事の依頼に繋がった時に
値段(単価)を上げるのが難しくなるため
互いにきちんと話し適切な値段にしましょう。

参考までに、イラスト依頼の目安
料金相場の一覧をあげてみました。
(主にイラストコミッションの相場)

さらにデザインや詳しく知りたい方は
下の記事も合わせて見てくださいね。

関連記事

ライトノベルイラスト

 制作物                 料金         
 ライトノベルイラスト  表紙  ¥100,000〜
 カラー口絵 ※ 1
 ¥10,000〜¥30,000
 トビラ(扉) ※ 2
 ¥10,000〜¥30,000
 モノクロ挿絵  ¥10,000〜¥20,000
 モノクロカット  ¥5,000〜
 一冊あたり ※ 3
 ¥150,000〜¥250,000

※ 1 カラー口絵・・主にイラストや写真をカラーで印刷したもの
※ 2 トビラ・・1〜2色の特色でタイトルや文字を印刷したもの
※ 3 一冊あたり・・表紙+口絵+挿絵5枚以上

本・小説・雑誌のイラスト

 制作物                 料金         
 本・小説・雑誌の
 イラスト
 小説カバー
 ¥100,000〜
 文庫表紙  ¥50,000〜¥100,000
 週刊誌挿絵  ¥20,000〜¥40,000
 雑誌表紙  ¥50,000〜¥600,000
 雑誌カラー  ¥20,000〜¥30,000
 雑誌
 カラーカット
 ¥3,000〜¥30,000
 雑誌
 モノクロ挿絵
 ¥5,000〜¥30,000
 大手出版社の
 文芸誌挿絵
 ¥10,000〜¥20,000
 地方新聞の挿絵  ¥5,000〜¥10,000
 三大新聞の挿絵  ¥40,000〜
 PR誌  ¥80,000〜¥120,000

ポスターイラスト

 制作物                 料金         
 ポスターイラスト
 ポスター  ¥10,000〜¥100,000
 デジタル
 ポスター
 ¥5,000〜¥50,000

Webのヘッダー・アイコン等

 制作物                 料金         
 Webのイラスト
 ヘッダー画像  ¥5,000〜¥100,000
 トップ画像
 (メイン画像)
 ¥100,000〜¥300,000
 バナー画像  ¥5,000〜¥30,000
 アイコン画像  ¥3,000〜

キャラクターデザイン

 制作物                 料金         
 キャラクターイラスト
 (デザイン)
 アイコン
 (キャラの顔、
 バストアップ)
 ¥2,000〜¥8,000
 キャラ全身・
 立ち絵(画)
 ¥3,000〜¥30,000
 キャラ全身・
 立ち絵(カラー)
 ¥7,000〜¥30,000
 背景込みキャラ
 クターデザイン
 ¥10,000〜¥50,000

料金の相場の補足

その他「日本イラストレーター協会」では
10cm角に納まるくらいの小カットとして
使用する場合は以下の通りだそうです。

  • モノクロイラスト1点あたり;3〜5千円

  • カラーイラスト1点あたり:5千〜1万円

料金の基準は、イラストレーターの
知名度・人気度、イラストのタッチ、

クライアントの規模、使用サイズ、
使用媒体、使用期間、発行部数など

総合的に判断して決定します。

以上が大体のイラストレーターの
収入の現状になってきますね。

次に収入アップをするには
どうすればいいのか紹介していきます。

スポンサーリンク

 収入アップの方法とは

これまでの内容でイラストレーターは
フリーランスでなく会社勤めの方が良いな
そう思った人もいるかもしれません。

ですが、「フリーランスを諦める方が良い。」
そんなことは決してないです。

フリーランスのイラストレーターの中には
バイトをしながら、副業の1つとしての
自称・アマチュアイラストレーターもいれば、

学校を卒業して、若くして人気のある
高収入のプロのイラストレーターもいます。

そんなプロのように、収入を上げるために
大切なポイントを3つ紹介します。

大切なポイント3つ

この3つが収入を上げるに大切になります。

  • 単価と制作の期間(速さ)

  • ポートフォリオの作成
  • 個性を磨く。

① 単価と制作の期間(速さ)

収入を上げるにはイラスト(デザイン)
1つ当たりの単価(金額)を上げる

制作期間を短くして(制作の速さを上げる)
数をこなしていくこの2つしかありません。

ですが、数をこなす場合はどうしても
一ヶ月で制作できる限度もあるので

自分が一ヶ月にどれくらい生活に
お金が必要なのかしっかり考えながら
単価を計算していかないとダメですね。

例えば、以下の条件なら
・1ヶ月(30日)に必要なお金が20万円
・1つのイラスト(デザイン)制作に1週間
(クライアントのチェック、リテイクも含み)

単純に考えて
1ヶ月(30日)÷1週間(7日)≒ 4
つまり1ヶ月で、4つのイラスト制作

1つ当たりの単価は
必要なお金20万 ÷ イラスト4つ = 5万
よって単価は、5万円になります。

もちろん、休み考慮すると
5万以上に設定しないと20万円は
一ヶ月に収入としては厳しいでしょう。

このようにフリーランスでやっていく
ということは単価と制作期間を
把握してやっていくことが重要です。

② ポートフォリオサイトの作成

2つ目はイラストレーターだけに限らず
デザイナー・クリエーター全般に言えますが

フリーランスで仕事を取っていくには
ポートフォリオをきちんと作成することが
とても大切になってきます。

今の時代は、個人でネットやSNSを利用して
不特定多数の人に何でも発信が可能です。

自分のポートフォリオサイトで

今まで経歴や作品(イラストやデザイン)の
写真や詳細を説明したりすることや

ブログで自分の活動内容や展示の告知、
スキルや知識、考えなどの発信することで

ファンを作ったり、作家さんと知り合ったり
そして仕事をいただくきっかけになります。

ですが、残念なことに
サイト(ブログ)やSNSなどインターネットを
上手に活用しきれてないフリーランスの方は
少なくないのが現状だと思います。

これからも、さらにサイト(ブログ)やSNSは
とても重宝される集客・営業の手段になるので
ポートフォリオサイトを今すぐ作りましょう。

③ 個性を磨く。

3つ目は個性を磨くことです。

個性については何度か書いていますが
収入を上げるにはスキル面だけでなく
「個性」が大きく関わります。

イラストレーターといっても世の中には
上手い人が数えきれないほどいるのが現実。

その中で定期的に仕事(依頼)を得て、
収入アップに繋げていくためには

他のイラストレーターではできない
あなただけができる強みが必要なんです。

関連記事

イラストレーターの個性

イラストレーターとしての個性を
磨くのにしたらいいと思うことは
特に以下のこの2つだ思います。

  • オリジナルのテイストや世界観を出す。

  • イラスト面以外の技術や知識を持つ。

オリジナルのテイストや世界観

オリジナルのテイストや世界観を出すとは
他のイラストレーターとは違う自分だけの
雰囲気や画風、オリキャラなどを作ること。

これができれば、仕事を高単価を取れたり
営業をしなくても相手側から依頼が来たり
チャンスが増えるようになると思います。

なので、デッサンや模写など真似るのも
大切なんですが、基礎ができている人は
どんどん自分テイストのイラストを
制作して形にしていきましょう。

イラスト面以外の技術や知識をもつ。

イラストだけでなく、デザインやweb、
動画、プログラミングなどのスキルや知識

またはマーケティングやライティングが
プラスアルファでできるとなるとそれだけで

他のイラストレーターより仕事依頼が来たり
仕事の単価が高い依頼が取りやすくなります。

また例えば、ぼくの場合ですが

デザインの依頼を受けたついでに
そのデザインに使うイラストを合わせて
描いて欲しいということもありました。

このようにイラスト以外のスキルが
イラストの仕事に繋がることも多々あります。

イラストを仕事にするために

以上が、イラストレーターの収入の現状、
収入アップの方法でした。

イラストを仕事にしたい人は多いですが
特にフリーランスでイラストとなると
収入も仕事内容も簡単な分野ではありません。

よって、知識やスキルがなくて好きだけで
目指してしまうととても大変な道です。

イラストレーターとしてやっていくなら
今回、話した内容をきちんと把握して
スキルを磨いていって欲しいと思います。

結果、イラストレーターの1人として
好きなイラストを描き生活できるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする