ブログ・SNS・メルマガで使えるレイアウト術

2-human-pc

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はデザインのレイアウト術にという
テーマでお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

あなたのデザイン見にくくないですか。

デザインって色や画像 (イラスト・写真)
フォントばかりではありません。

文字のレイアウトも
立派なデザインにあたります。

色んな方のブログやWebメディアの記事、
メルマガ (LINE@)、SNS投稿、レポート等で
読みにくい文章とかあったりしませんか?

そういう記事や文章って
どれだけ有名な方や好きな人のでも
読む気が失せてしまいます… 。

それでは、ブログや文章の意味を
果たしていなくて、とても勿体無いです。

スポンサーリンク

レイアウトを意識するだけで全く別物

最近、ある人のレポートの表紙の
デザインの依頼を受けた時の話です。

その人のレポートが100ページくらいで
最初読むの大変だなあと思ったんですが、
いざ、読んでみるとあっというまに
そのレポートが読めてしまったんです。

あるポイントを押さえてあげて
文章にまとまりを与えれることができれば、
100ページもあるレポートだったとしても
実際、簡単に読めてしまうものです。

ストレスも少なく済み
見た目的にも綺麗に見えるんです。

そのようなレポートが
あなたも書けたらよくないですか?

ポイントは4つ

さて、どのように読みやすい
レイアウトをつくっていくのか?

ポイントは4つです。

  1. 整列

  2. グループ化( 行数 )

  3. 見出し

  4. リズム

1つずつ見ていきますね。

① 整列

中央揃え、右揃え、左揃えなど
しっかり整列させることが大切。

注意として、基本本文は左揃えで
意図がない限り中央・右揃えはしないこと。

② グループ(行数)

文章の塊を作って、グループ化することで
読み手の頭の中が内容を整理しやすくなり
理解度が上がります。

オススメは3〜4行にまとめて、
5行以上にしないほうがいいです。

あくまで、読みやさの問題なので
形式的な文章や書類などには
オススメできないので気をつけてください。

また、そのぶんスクロールも長くなるので
そこは、バランスを確認しながら
まとめていく必要があります。

③ 見出し

見出しを使い、区切りをつければ
文章にメリハリが生まれてきます。

ブロガーの方のブロクを見れば
よく分かると思いますが
基本的に見出しをつけていますよね?

ブログを書き始めの方は
よく、小見出しがない方がいます。

読み手としては見出しがあった方が
読みやすくてストレス等を感じませんし、
何より目次もあると、必要なところだけ
さっと目を通すことができます。

④ リズム

文字のサイズや色を変えることで
リズムがつけやすくなり
最も伝えたいことを強調したりできる。

赤文字や濃い黄色マーカは
控えたほうがいいです。

彩度が高い暖色系の色は
人の目を引く機能である「誘目性」があり
多様しすぎると逆に見にくくなります。

綺麗な文章ができ上がる。

内容やライティング力は
経験や数で個人差がありますが、
このレイアウト術のポイントを押さえれば
かなり見やすい文章になることでしょう。

一度試して見てくださいね。

なお、デザインの4つの基本原則については
次の記事にまとめています。

スポンサーリンク

シェアする