ブログのリード文を書くための手順「読まれるコツや真似できる型も紹介」

human-desk

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、ブログのリード文の書き方やコツ、
真似できる型等の記事です。

スポンサーリンク

ブログのリード文の書き方

Webライティングでリード文は重要って
よく耳にするけれど、どうして大切なのか。
最近ブログを始めたばかりで、リード文の
書き方をちょっと知りたいと思っている。

そういった悩みを解決していきます。

ブログ、Webメディア等のライティングで
相手の心を動かす仕事等をする人にとって、
最も大切になるリード文の書き方について
紹介していきます。

この記事を書いている僕は、
デザイナーでありつつブロガー歴は3年ほど。

実際、ぼくは本記事で紹介する方法を使い
リード文をよく書いて、当Webメディアを
多数の人に読まれるものへ育ててきました。

リード文には書き方のコツを理解していき
真似することで、読者がずっと読んでしまう
リード文を書くことができるようになります。

数分で読めるので、読まれるリード文を
書きたい人は最後まで読んでみて下さい。

※この記事は「ブログで広告収入を稼ぐための
手引き「具体的な仕組み・方法・手順」の
ステップ ⑽ に該当する記事となっています。

スポンサーリンク

そもそも、リード文とは。

リード文とは、文章の冒頭文のこと

目次や最初の見出しの前にあたりに
書かれている文章の部分です。

  • 読者への問題提起
  • 記事内容の要約

  • 記事を読むべき理由

あたりが書かれており、プロライターからは
「リード文が記事の7〜8割を決める。」
言われたりしているライティングの要となる
文章ですね。

「リード文が記事の7〜8割を決める」
と言われている理由3つ

そんな「リード文が大事と言われる理由」を
3つに絞ってお伝えします。

「リード文が大事な理由3つ」

  • 文章を読み進めるか判断基準になるため。
  • 読者の滞在時間が伸びて、
    SEO効果があるため。

  • 重要性が高いのに、
    ないがしろにする人が多いため。

① 文章を読み進めるか
判断する基準になるため。

リード文は、
文章を読み進める判断基準となります。

なぜなら、読者は数あるブログ記事の中で、
あなたの書いた文を読むべきなのかどうか
理由を探しているからです。

例えば、本記事をここまで読み進めてきた
あなたは、ぼくの書いたリード文が
「読み進める価値がありそう。」と
判断してくれたということですよね。

このように、リード文は文章を読む価値が
あるか判断材料となります。

② 読者の滞在時間が伸びて、
SEO効果があるため。

リード文は、ブログやWebメディアの
滞在時間を伸ばし、結果的にSEO効果を
もたらしてくれます。

理由としては、リード文を読んで
「自分が想定読者だ。」と思った読者は、
安心して本文を読み進めてくれるからです。

例えばですが、リード文がない記事の場合、
「この記事に知りたいことはないかも。」と
疑心暗鬼になり途中で読むのをやめてしまう
可能性があります。

適切なリード文は、読者の滞在時間を伸ばし
SEO効果をもたらしてくれます。

③ 重要性が高いのに、
ないがしろにする人が多いため。

リード文は、意外にも軽視されがちです。

ブログやWebメディアのコンテンツ内容は
こだわるのに、リード文は手を抜いて
しまいがちなライターは意外と多いですね。

もちろん、コンテンツSEOが重要と
言われている時代なので、内容は大切ですが、
まずは読んでもらえないと意味がありません。

そのため、魅力的なリード文を書けると、
ライバルの一歩先を行くことができます。

読まれるリード文を書くための手順3つ

いよいよ、リード文の書き方を
解説していきます。

「読まれるリードを書く手順3つ」

  • 想定読者の悩みをハッキリさせる。
  • 記事を読んで何が得られるか提示

  • どうして得られるのか理由を明示する。

① 想定読者の悩みをハッキリさせる。

まずは、想定読者の悩みを
ハッキリさせましょう。

例えば、本記事の想定読者は以下のような人

  • 仕事や副業で文章を書く人
  • リード文の重要性を知りたい人

  • リード文の書き方が分からない人

このように、記事の想定読者がどんな人で、
どんな悩みを抱えているのか、
リード文の中に明記しましょう。

② 記事を読んで何が得られるか提示

続いては、記事で得られることを提示します。

下記は、本記事の内容のまとめですが、
どんな内容が書かれているのか
読者がイメージすることができますよね?

  • リード文が記事の7〜8割を決める理由3つ
  • 読まれるリード文を書くための手順3つ

  • 誰でも真似できるリード文の型

結論を3つくらいに絞って、
箇条書きで簡潔に書くのがおすすめです。

③ どうして得られるのか
理由を明示する。

最後は、どうして得られるのか
理由を明示します。

なぜなら、読者は記事の信頼性がないと、
安心して読み進めることができないからです。

  • 誰が書いている文章なのか。
  • この文章を読んだ人はどうなったのか。

このような情報を提供することによって、
読者の安心感を担保しやすくなります。

誰でも真似できるリード文の型

3つの手順を組み合わせることで、
簡単に作れるリード文の型を紹介します。

「誰でも真似できるリード文の型」

  1. 想定読者の悩み

  2. 記事で得られること

  3. 得られる理由・根拠

  4. 読了後の未来を提示

  5. 読者の背中をプッシュ

上記がリード文の型になります。

本記事のリード文の説明

本記事のリード文を例にして、
紹介すると次の感じですね。

  1. 想定読者の悩み
     Webライティングでリード文は重要って
     よく耳にするけれど、どうして大切なのか。
     最近ブログを始めたばかりで、リード文の
     書き方をちょっと知りたいと思っている。

  2. 記事で得られること
    ・リード文が記事の7〜8割を決める理由3つ
    ・読まれるリード文を書くための手順3つ
    ・誰でも真似できるリード文の型

  3. 得られる理由・根拠
    この記事を書いている僕は、
    デザイナーでありつつブロガー歴は3年ほど。
    実際、ぼくは本記事で紹介する方法を使い
    リード文をよく書いて、当Webメディアを
    多数の人に読まれるものへ育ててきました。

     

  4. 読了後の未来を提示
    リード文には書き方のコツを理解していき
    真似することで、読者がずっと読んでしまう
    リード文を書くことができるようになります。


  5. 読者の背中をプッシュ
    数分で読めるので、読まれるリード文を
    書きたい人は最後まで読んでみて下さい。


内容を変えれば、直ぐ応用できると思うので
パクってしまってもOKです。

まとめ、リード文ができたら
本文も書き上げよう。

今回は、読まれるリード文の
書き方について紹介してきてきました。

記事内でもお伝えしましたが、
リード文は文章の要となる部分です。

どれだけ良い内容のライティングでも
リード文で読者が離脱してしまえば、
記事を読んでもらうことができません。

そんなリード文ですが、
意外と手を抜いてしまいがちですので、
本記事の内容を元に「リード文の型」を
使って魅力的なリード文を書きましょう。

スポンサーリンク

シェアする