WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

startup-rocket-pc

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、WordPressの初期設定の方法等を
紹介した記事になります。

スポンサーリンク

WordPressの初期設定

無事にWordPressブログを開設できたので、
次は、WordPressインストール後にすべき
初期設定を知りたい。
ブログ初心者でもできる最低限の
設定方法を教えて欲しいと思っている。

そういった疑問に、お答えします。

この記事を書いているぼくは、
デザイナーでありつつブロガー歴は3年程。
実際にこのWordPress初期設定で問題なく
ブログを始めることができました。

初心者がつまずくポイントを押さえながら、
誰でも設定を上手にできる解説にしました。

この記事の内容としては、
WordPressブログをインストールした後に
すべき初期設定と、初期設定が終わった後に
すべきことまで分かり易く紹介していきます。

なお、WordPressブログを作っていない人は、
次の記事を参考に手続きしましょう。

この記事を読み終えると、ブロガーとして
稼ぐための1歩目を踏み出せます。
最後までじっくりと読み込んで初期設定を
完成させましょう。

※この記事は「ブログで広告収入を稼ぐための
手引き「具体的な仕組み・方法・手順」の
ステップ ⑵
 に該当する記事となっています。

スポンサーリンク

WordPressブログ (サイト) の
初期設定をすべき理由

WordPressの初期設定は、
以下のようなメリットがあるため、
一番最初にしておきたい設定です。

  • SEO対策
  • セキュリティ強化

  • 記事制作のしやすさ向上

WordPressをインストールした後は、
すぐに記事を書きたくなりますが、
グッとこらえて初期設定を終えましょう。

所要時間は1時間ほどですみます。

今すぐに時間が取れない場合は、
本記事をブックマークして
まとまった時間に設定するのもおすすめ。

WordPressの初期設定の方法

「WordPressの初期設定6つ」

  • 一般設定
  • 投稿設定

  • 表示設定
  • ディスカッション設定

  • メディア設定
  • パーマリンク設定

WordPressの初期設定は以上の6つ。

順番に解説していきます。

① 一般設定

まずは、WordPressにログインして
管理画面 (https://あなたのドメイン名/
wp-admin/) にアクセスして下さい。

wp initial setting 1 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

管理画面にログインできたならば、
サイドバーの「設定」→「一般」を
クリックします。

wp initial setting 2 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

いよいよ設定していきます。

一般設定で行う設定は3つです。

「一般設定は3つ」

  • サイトタイトルを決める。
  • アドレスの「https」化

  • メールアドレスの設定

「設定する必要がない項目」
 (デフォルトのままでOK)

  • キャッチフレーズ
  • メンバーシップ

  • タイムゾーン

それでは解説していきます。

⑴ サイトタイトルを決める。

サイトタイトルを決めましょう。

例えば、当サイトのサイトタイトルは、
「designature」です。

あなたの好きなサイト (ブログ)
タイトルを決めればOKです。

⑵ アドレスの「https」化

当サイトを読んでWordPressブログを
立ち上げた人は、既に「https」化が
完了していると思います。

詳しくは「httpからhttpsに変更の流れ」で
解説しています。

⑶ メールアドレスの設定

続いてメールアドレスを設定します。

ブログにコメントがあったり、
WordPressからの連絡を受け取るための
アドレスを設定して下さい。

既に設定してある場合は、
変更しなくても大丈夫です。

「一般設定」が完了したら、
「変更を保存」をクリックして完了です。

② 投稿設定

「設定」→「投稿設定」を
クリックしましょう。

投稿設定で行う設定は特にありません。

以下のようになっていればOKです。

wp initial setting 3 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

メールでの投稿は今後廃止予定で、
投稿のデフォルト設定は初期の状態で
問題はありません。

③ 表示設定

「設定」→「表示設定」を
クリックして下さい。

wp initial setting 4 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

表示設定で行う設定は1つです。

「表示設定は1つ」

  • 1ページに表示する最大投稿数

「設定する必要がない項目」
 (デフォルトのままでOK)

  • RSS/Atom フィールドで表示する最新の投稿数
  • RSS/Atom フィールドでの各投稿の表示

  • ホームページの表示
  • 検索エンジンでの表示

「ホームページの表示」については、
WordPressのデザインテーマによって
ブログのトップページにかっこよく記事を
表示させられたりします。

ご自身の使用しているテーマに応じて、
設置して下さい。今回は割愛します。

では、解説していきますね。

⑴ 1ページに表示する最大投稿数

wp initial setting 5 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

「1ページに表示する最大投稿数」は、
ブログのトップページに何記事を表示するか?
を決める設定です。

最大投稿数が多いとスクロールに疲れるので
10記事ほどで設定しておきましょう。

当ブログも10記事まで表示できますが、
個人的にもスクロールにに飽きない
記事数にはなっているかと思います。

④ ディスカッション設定

「設定」→「ディスカッション」を
クリックして下さい。

wp initial setting 6 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

ディスカッション設定で行う設定は5つです。

「ディスカッション設定で行う設定5つ」

  • 投稿のデフォルト設定
  • 他のコメント設定

  • 自分宛のメール通知
  • コメント表示条件

  • アバターの表示

1つずつ解説していきます。

⑴ 投稿のデフォルト設定

「投稿のデフォルト設定」は下のように
3つのチェックボックスにチェックが
入っていれば大丈夫です。

wp initial setting 7 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

あなたのブログ記事に対しコメントがつくと
通知されるようになります。

⑵ 他のコメント設定

「他のコメント設定」は以下のように
設定すればOKです。

wp initial setting 8 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

この設定でスパムコメントを少しでも
防ぐことができます。

⑶ 自分宛のメール通知

「自分宛のメール通知」は
両方チェックしておけばOKです。

wp initial setting 9 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

ブログにコメントが届いた時に
通知が来るようになります。

⑷ コメント表示条件

「コメント表示条件」は、
「コメントの手動承認を必須にする」に
チェックをつけておけばOKです。

wp initial setting 10 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

上記の感じですね。

⑸ アバターの表示

「アバターの表示」は「アバターを表示する」を
チェックすればOKです。

wp initial setting 11 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

コメント時にアバターが表示されます。

「ディスカッション」の設定ができたら、
「変更を保存」をクリックして完了です。

⑤ メディア設定

「設定」→「メディア設定」を
クリックして下さい。

wp initial setting 12 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

メディア設定は以下のように
設定すればOKです。

wp initial setting 13 - WordPressの初期設定の方法と、初期設定後にすべきことを解説

おそらく、初期のままで上記のように
なっているかと思います。

⑥ パーマリンク設定

「設定」→「パーマリンク設定」を
クリックして下さい。

「パーマリンク設定」で
設定すべきことは1つだけです。
カスタム構造に/%postmane/と入力

「共通設定」→「カスタム構造」→
「/%postmane/」と入力します。

「パーマリンク設定」は、SEOに影響する
項目なので、簡単な設定ですが大切な設定。

「パーマリンク設定」を設定すると、
記事作成ページで記事URLを
個別に設定できるようになります。

「パーマリンク設定」ができたら、
「変更を保存」をクリックして完了です。

WordPressブログの初期設定は以上です。

初期設定の後にすべきこと

「初期設定した後にすべきこと5つ」

  • テーマを設定する。
  • プラグインを導入する。

  • デフォルト投稿を削除する。
  • お問い合わせフォームを作る。

  • プライバシーポリシーを設置

ここからは、初期設定した後に
すべきことを5つご紹介します。

1つずつ解説していきます。

① テーマを設定する。

WordPressブログの魅力の1つは、
サイトデザインをカスタマイズできること。

htmlやcssといったコーディングが
できない非エンジニアブロガーの人は、
デザインテーマを設定することによって
簡単にブログをカスタマイズできます。

テーマは大きく分けて「無料テーマ」と
「有料テーマ」の2種類があって、
ブログで稼ぎたい人は有料テーマを
導入する方がおすすめだと思います。

特にAFFINGER5 (¥15,000程) は、
有名なブロガーさんも多く使用していて
人気がありますね。

WordPressテーマについては、
次の記事にて詳しく解説しています。

② プラグインを導入する。

テーマを設定したら、
プラグインを導入しましょう。

プラグインとは、WordPressに機能を
追加できる装備みたいなものです。

SEO対策やスパム防止をしたりと
色々な拡張を施すことができため、
最初に有効化しておきましょう。

プラグインについては、
次の記事にて詳しく解説しています。

③ デフォルト投稿を削除する。

デフォルトで投稿されている
「Hello world!」の投稿を削除しましょう。

削除方法は「管理画面」→「投稿一覧」→
「ゴミ箱」とクリックすれば、削除可能。

④ お問い合わせフォームを作る。

次に、お問い合わせフォームを
作っていきましょう。

お問い合わせフォームを作る理由として
次のようなことが挙げられますね。

  • サイト運営のマナー
  • 読者やASPからの連絡

  • メールアドレスの公開の必要がない。

読者から質問が届いたり、
ASPからアフィリエイト案件の
掲載依頼が来たりします。

詳しくは次の記事で解説しています。

記事準備中

当サイトのお問い合わせフォーム

⑤ プライバシーポリシーを設置

最後に、プライバシーポリシーを
設置していきます。

プライバシーポリシーとは、
個人情報の取り扱いについて定めたもので
読者に安心しサイトを使ってもらうために
必要なものです。

具体的には、免責事項や著作権等、
サイトに関するポリシーを記載します。

ほとんどの個人サイトでプライバシー
ポリシーが設置されているので、
あなたもきちんと設置していきましょう。

プライバシーポリシーの作り方は、
次の記事で紹介しています。

記事準備中

当サイトのプライバシーポリシー

以上が初期設定後にすべき5つのことです。

まとめ、初期設定が完了したら、
ブログを書き始めよう。

今回はWordPressの初期設定の仕方と
その初期設定後にすべきことについて
紹介しました。

WordPressブログを解説した後は、
先に初期設定を行ってから、
ブロク記事を書き始めましょう。

今回は以上になります。

スポンサーリンク

シェアする