デザイナーと関わりのある職業とは?「デザインの仕事に関連する専門職」

people-work

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、デザイナーと関わりのある
職業を紹介していく記事になります。

スポンサーリンク

デザイナーと関わりのある職業を知る

「デザインを仕事にしたいんだけれど、
 どんな職業の人と関わりがあるんだろうか
 またどんな職種を知っておくべきだうか。」

そんな人のために記事では、商業デザイナー
(主にグラフィック・Webデザイナー)として
仕事をする上で関わりの深い知っておくべき
職業を紹介していきます。

関連する職業の役割を把握しておくことで、
デザイナーとしての自分の役割が明確になり
仕事をスムーズに進めることが可能です。

また独立しフリーランスで仕事する場合は
自分がその役割を兼任することが多くなり、
スキルが高ければ「強み」となります。

なお様々な種類のデザイナーの仕事内容は
以下の記事で説明しているので参考に。

それでは、デザイナーと関わりのある
職業をそれぞれ順番にみていきましょう。

スポンサーリンク

デザイナーと関わりのある職業

商業デザインの仕事では、非常に多くの
職業の人たちと関わりを持ちます。

また、これらの職業は
仕事の規模(環境)や自分のスキルによって
デザイナー自身が兼任する場合もあります。

それを理解しておくとフリーランスとして
独立した場合もきっと役に立つでしょう。

企業の経営者・個人事業のオーナー
(クライアント)

デザイナーは経営者・オーナー等の
企業の意思決定者と直接お話をする
場合も数多くある職業になります。

特に独立しデザイナーをしている場合は
必ずその機会どこかしらであるでしょう。

仕事上では、間に人 (仲介者) が入らずに
最高意思決定者と直接やり取りが可能だと
正確なコミュニケーションが取れるため、
できれば直接関わりたい相手でもあります。

また、営業等を間に挟みながら間接的には
絶対に関わる人たちになってくるので、
必ず頭の中に思い浮かべ仕事をしたい相手。

企業の広告・宣伝・広報担当者
(クライアント)

一定規模以上の企業になってくると、
企業トップと直接やり取りする機会は減り
担当者とコミュニケーションを取るのが、
多くなってきて一般的なことになります。

この場合に注意しておきたいことは、
最高意識決定者が実際には誰になるのか
そしてどのタイミングで最終意思決定者に
確認をすのかを明確にしておくことです。

できるだけ最終意思決定者の人については
早い段階で把握し確認を取っておかないと、
最終確認で一からやり直しなどと大変な
どんでん返しを食うことになり兼ねません。

デザイナーが苦労する部分でもあるので、
以下の記事も是非参考にしてみて下さい。

自社の営業職

制作会社や広告代理店、印刷会社等で
勤務して働いている場合については、
営業担当者を介しての仕事が多いです。

直接お客さん (クライアント) と
お話をするのは営業職になってくるため
デザインする上でいかに知りたい情報を
ヒヤリングしてもらうのかが非常に鍵。

なので、日頃から仕事の進め方について、
コミュニケーションを取ることが重要です。

プロデューサー・プランナー

大きな仕事の案件になってくると、
営業が受注した仕事の企画・予算管理等を
プロデューサーやプランナー等と呼ばれる
職種が行なっていく場合だってあります。

デザイナーは指示に従い「デザイン」の
部分を担当することになります。

このようなクライアントと直接関わる職の
人とのコミュニケーションはとても大切。

アートディレクター

デザイナーが兼ねる場合も実際多いですが、
デザインの方向性やデザインのクオリティの
チェックを担っている「アートディレクター」
という職種がデザイン業界には存在します。

アートディレクターは、デザイナーや下記に
紹介する他のクリエイティブ関連職を束ねて
イメージを具体化させデザインを仕上げます。

デザイナーとしての実務経験が豊富であり、
関連職等にも精通した人がなるのが一般的。

フォトグラファー・商業カメラマン

デザインワークに必要な写真を撮影する職。
商品等のモノだったり、モデルの人だったり
風景だったりと得意分野を持つ場合が多い。

アートディレクターやデザイナーらが、
必要に応じて作風や得意分野を考慮しつつ
この職種の専門の人に発注依頼を行います。

イラストレーター

デザインに使用するイラストを描く職業。
人物イラストのカット等はもちろんのこと
図解イラスト等を描く場合もありますね。

イラストも得意なデザイナーの方は
場合によって自分で描くこともありますが、
求められるテイストに応じて発注が一般的。

イラスト関係の仕事はこの記事を。

office supplies 1149055  340 100x100 - デザイナーと関わりのある職業とは?「デザインの仕事に関連する専門職」

コピーライター

キャッチコピーやボディコピー等の
「文字」を考える大切な職業であり
広告コピーやテレビCMのコピー等、
人の印象に残る言葉を生み出します。

こちらも必要に応じて得意分野や実績を
考量しつつコピーライターに発注します。

小さな規模の仕事においてはデザイナーが
兼ねる場合が多い分野になってくるので、
しっかりコピーライティングの基本部分は
抑えておきたいところですね。

印刷会社の営業職

グラフィックデザイナーの場合は、
最終アウトプットが印刷物が多いです。

使用する紙・インクや加工等も考慮して
見積もり(書) を提示し出してもらったり、
納期の相談をする相手とし関わることが
多い職業の1つになります。

印刷機のオペレーター

実際に印刷機を動かす、インクの調整や
印刷位置の調整を行う職人的な職業です。

デザイナーは、印刷に立ち会って、
「色」を確認しながら最終デザイン品質を
チェックする際に関わる場合が多いです。

まとめ

デザイナーと関わりのある職業は、
今回紹介したものが決して全てではなく
本当多くの職業の方と関わりがあります。

より良いデザインを実現していくためにも
関連する職業の「役割」を把握しながら、
敬意を持ち仕事することで成功する確率が
きっと高くなっていくでしょう。

また、それによりデザイナーとしての
自分の役割も明確になるに違いないです。

なお、クリエイティブ関連職について
独立しフリーランスとして活躍する場合は、
兼任ができると強みになることが多いので
興味があれば他スキルも磨いてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする