Webデザインを仕事にするなら、最低限必要な知識と実践的なスキル 

book

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回はWebデザイナーとしてやっていくため
最低限勉強すべきことについての記事です。

スポンサーリンク

Webデザインを学ぶ前に

将来、Webデザインを仕事にしたいと
思っているWebデザイン初心者にとって
「勉強は何をすればいいのか分からない」
とはじめ感じる人は多いと思います。

独学・オンラインスクール・専門学校・大学
どの「勉強のスタイル」を選択するにしても、
学ぶ前にWebデザインにどんなスキルなどが
必要になるのか全体像の把握が入りますね。

把握ができていないと、せっかく学んだのに
やりたいことができない、思っていたのと違う
就職した場所では更に高いスキルがいるなどの
状況に陥る可能性がないとは限りません。

そこで、今回の記事では実践的に使える
Webデザインのスキルを習得するのに
どのようなものが必要になってくるのか
まとめてみたので確認してみてください。

スポンサーリンク

Webデザインを学ぶ上で、
最適限必要な知識・スキル

実践で使えるWebデザインを習得するのに
最低限必要なのは大まかに以下の6つ。

  • Webデザインの基本知識・スキル
  • Adobe Illustrator / Photoshop

  • HTML・CSS
  • JavaScript・jQuery

  • レスポンシブデザイン (サイト)

絶対にこれらが全て必要という訳でないですが
今、Webデザイン業界では主流のスキルです。

Webデザインをこれから仕事にしていくなら、
是非、どれも押さえておきたいですね。

では、それぞれのスキルについて
具体的に紹介・解説していきます。

① Webデザインの基本スキル・知識

まずは、ツールやプログラミングを
勉強する前に基本的なWebデザインの
知識をある程度知る必要があります。

それはツールやコードが分かりできても、
Webデザインの構造や機能が分からないと
どのようなWebサイトを作れば良いのかを
全く分からないからです。

Webデザインを制作していく上で、
デザイン全体の構造やレイアウト (ワイヤー)
画像・動画選定、フォント、色、トリミング

そういった細かい点でのスキルや知識が
必要になってきて1つずつ大切になります。

「イメージの例」

  • この文字は開放感を表したいから青を使う。
  • この画像は注目を集めたいから大きく。

  • レイアウトをシンプルにしたいから、
    ホワイトスペース (余白) を十分に設ける。
  • Webサイトを見る読む人がボタンを
    クリックしやすいようにサイズを調整する。

Webサイトの大まかな構造から細かい所まで
このように理解していくことが必要なので、
やはりWebデザインの基本的知識が入ります。

それに基本的知識がないと、
ツールやプログラミングを学ぶ目的や理由も
あまりよく分からなくなってくるでしょう。

② Adobe Illustrator/Photoshop

  「Illustrator」    「Photoshop」

Illustrator Photoshop Logo - Webデザインを仕事にするなら、最低限必要な知識と実践的なスキル 

  • Illustrator     

    主にアイコン・ロゴ・図形などの
    デザインにWeb業界でも扱われるツール。

  • Photoshop   

    Webデザイン制作の際に、
    昔から今でもメインで使われる有名なツール。

    サイト全体のレイアウト・装飾・画像加工
    様々なデザインの制作過程で役立ってきます。

一般的にはPhotoshopでWebデザインを進め
図形やイラストはIllustratorで作ったものを
Photoshopに入れるという感じで使います。

(レスポンシブサイトはIllustrator
 メインでWebデザインをすることも。)

「補足」

  • 近年はAdobe XDSketchFigma
    Photoshopとは別のデザインツールで
    全体デザインする場合も増えています。
    (企業でデザインする場合は必要なところも多い)
  • (オンライン) スクールでPhotoshopは学べて
    Illsutratorは学べばないところもありますが、
    デザインスキルや表現の幅なども変わるので

    基本はきちんと勉強しましょう。

関連記事

③ HTML・CSS

  • HTML      

    Webデザイン (ページ) の土台になる言語。
    文字や画像は、この言語で表示されます。

  • CSS    

    サイトの様々な部分の大きさ、
    色、余白などが変更できる言語。
    デザインのビジュアルを装飾していくもの。

グラフィック(ビジュアル)デザインだけなら
HTMLやCSSは基本的に必要ありませんが、

Webデザインとなるとサイト制作全体の
デザインに深く関わってくるもなので、
サイト構築や公開にHTMLやCSSが必要に。

Webサイトのデザイン職専門に就くとしても
プログラミングやコードの基本の部分は、
Webデザイナーとして押さえておきたいです。

スポンサーリンク

④ JavaScript・jQuery

  • JavaScript      

    動きがあるものをデザインできる言語。
    ページの再読み込みや動画でないものは、
    大体この言語で表現されます。

  • jQuery    

    JavaScriptの一部を容易に
    扱えるようにした技術 (ライブラリ)。

今の時代、Webサイトを見たら何かしら
動きのあるデザインがあると思いますが、
そういたものにjavaSccriptは使われます。

なので、実践的に使えるWebデザインの
学ぶならJavaScriptは必要なスキルですね。

ですが、jQueryを使うことによって、
初心者でも思っているよりも簡単に
作りたい動きのあるデザインが可能です。

つまり、理解したい大切なことは、
jQueryを使ったサイト作りになります。

⑤ レスポンシブデザイン

パソコン、タブレット、スマートフォンの
どの媒体で閲覧したとしても最適化された
Webサイトであるようにするためには、
レスポンシブデザインであることは大切。

今ではインターネットを見ている人の
半数以上がスマートフォンを通して、
Webサイトを閲覧している現状です。

なので、パソコンサイトのWebデザインのみ
勉強すれば良いという訳では全くありません。

スマートフォンサイトも意識するのは
今の時代のWebデザイン制作おいて、
必須と言っても過言ではないでしょう。

最後に

繰り返しになりますが、Webデザインで
実践的に必要なってくる最低限のスキルは
今回挙げた以下のようなものになります。

「Webの基本」「レスポンシブデザイン」
「Adobeツール(Illustrator/Photoshop)」
「HTML・CSS」「JavaScript・jQuery」

この中のどれかが全く分からないと、
Webデザインで何かしらの障害になる
可能性は大いにあるのできちんと学んで
知識やスキルを身につけていきましょう。

もし、どこかスクールに通うという人も
これらをコースやプランでチェックして、
決めたりするといいかもしれませんね。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする