基本なのに意外に学ばないデザインの基本原則

スポンサーリンク
lgf01a201406150000 - 基本なのに意外に学ばないデザインの基本原則

こんにちは、美大卒・元アパレル店員の
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は 「デザインの根本的な話」を
あなたにしたいと思います。

デザインの核

デザインのセンスがないと
思っているあなたは、

「デザインは生まれつきの才能や
 感性だとどこかで思っていませんか。」

そんなことは決してありません。

デザインの多くは
原理原則や法則上に成り立っています。

なので、それを知ることは
何かを作る上でとても大切なんです。

これを知っていると
知らないでは大きく違います。

知っているだけで、センス云々の前に
簡単なデザインはできてしまいます。

逆に知らないで、デザインしていると
ちょっとした違和感を相手に抱かせたり
簡単なミスをするかもしれません。

美術大学に通っていたぼくでさえ
基本すぎて授業で学びませんでした。

聞けばそんなことかと
当たり前だと思うかもしれませんが
実はこれがデザインの核です。

関連記事

no translate detected 1150 95 100x100 - 基本なのに意外に学ばないデザインの基本原則

スポンサーリンク

基本原則

デザインには「4つの基本原則」があり、
これこそが、基本の中の基本なんです。

  1. 近接 ( Proximity )

  2. 整列 ( Alignment )

  3. 反復 ( Repetition )

  4. コントラスト ( Contrast )

この4つの要素になります。

1つずつ解説していきますね。

① 近接

情報のグループ化をすることです。

情報をまとめることで
意味ある余白をつくり視線の流れをよくし
読んでもらいやすいデザインになります。

② 整列

透明の線をつくることです。

意識的に配置することで
視覚的つながりを持ち一体感ができて
洗練された格調的な表現ができます。

③ 反復

デザイン上のある特徴を繰り返すことです。

必ずしも同じものを繰り返す必要はなく
変化のある一体性を意識。

作品に統一感が生まれます。

④ コントラスト

2つの要素が異なる場合に
見た目をはっきり変えることです。

デザインにメリハリをもたせ、
自然に目を引き込ませます。

ビジネスでも役立つ

この原則限らず、デザインは
ビジネスでも何かと役に立ちますね。

センスあるものに近づく。

さて、今回はデザインの
4つの基本原則を紹介しました。

4つのうちの1つだけでなく、
全ての基本原則を上手く交えながら
デザインをしていきましょう。

そうすることでセンスある
デザインにまた一歩近づきます。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする