DTPオペレーターからデザイナーを目指す「可能性と転職方法・手順」

layout-paper

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、DTPオペレーターから
デザイナーへの転職記事になります。

スポンサーリンク

DTPオペレーターの転職の質問と回答

Q.「DTPオペレーターをしているのですが、
デザイナー職への転職は可能でしょうか?
もし可能なら、どんな方法がありますか?
転職活動の方法・手順等も教えて下さい。」

A.「結論から言うと、転職可能であり、
努力次第で十分な可能性があります。
方法としては次の3つのステップが必要。」

  • デザイナーとしての方向性を決める。
  • 転職活動の準備を始める。

  • デザインの知識・技術を身に付ける。

まずは、グラフィックデザイナーなのか
Webデザイナーなのか等、自分の目指す
デザイナーとして方向性を定めましょう。

その後、転職活動の準備で情報収集を始め、
そして、情報をもとして必要なデザインの
学習をスタートする形になります。

以下で、もっと具体的に回答していくので
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

DTPオペレーターから
デザイナー職への転職が可能な理由

DTPオペレーターとして働いてるなら
Adobe社のIllustratorとPhotoshop、
または、InDesign等のデザイン関連の
ツール(ソフト)の操作はできるはずです。

また、デザイン入稿等の印刷関連知識も
もちろん身に付いてるはずなわけで、
これらは全くの未経験からデザイナーを
目指す人に比べて大きなアドバンテージ。

つまり、あとは自分がやりたい分野の
デザインのスキルを磨けば良いだけです。

また、デザインのスキルは才能が必要だと
思われがちですが、理論的な部分が大きく、
センスは最後の隠し味的部分が大きいです。

最近はオンラインスクール等を使って、
デザインを学ぶ環境も整えられていますし、
グラフィックデザインやWebデザインなら
関連のデザイン書籍も豊富にありますね。

なので、既にDTPデザイナーで働いてるなら
デザインツールの操作を学ばなくて良い分、
デザイナーへの転職は意外に近い道のりです。

つまり、転職は十分に可能なのです。

デザイナーとしての方向性を決める。

DTPオペレーターからデザイナーになるのに
まず最初にすべきことはデザイナーとしての
方向性を決めることです。

一口にデザイナーと言っても以下の記事で
説明してる通り本当に沢山職種があります。

その中で自分が目指したい仕事は何なのか
まずは、具体的に考えていってみましょう。

ちなみにこれまでDTPをしていたのであれば、
一番身近なのはグラフィクデザイン関係です。

広告・ポスターなのかパッケージなのか
そブランデイングなのかは分かりませんが、
自分がやりたい仕事ではないでしょうか。

また、今需要があり働き方の多様性からも
おすすめしたのはWebデザイナーです。
少し頑張りプログラミングも身につければ、
年収ベースでも高い転職先を探すことも可能。

以下の記事が参考になると思います。

もちろん、グラフィックデザインや
Webデザイン以外の分野でも構いません。
まずは方向性をしっかりと考えましょう。

転職活動の情報収集・準備をする。

自分の中で理想のデザイナー像の
目星がある程度ついてきたならば、
転職に向け情報収集を始めましょう。

なぜデザインスキルの勉強を始める前に
転職の情報収集を始めるのかと言うと、
自分の目指すデザイナーとして世の中に
需要があるのかを主に調べるためです。

また、自分では想像していなかったような
理想の求人を見つけることもあるからです。

デザインの仕事は、デザイン事務所や
デザイン制作会社のようなところだけが
求人の応募をしている訳ではありません。

一般企業の広告・宣伝部や、店舗展開する
飲食店等も社内に販促ツールを作るために
デザイナーを設置している会社も多いです。

当然、求められるスキルは千差万別であり
これまでDTPオペレーターをしていたなら、
デザインは未経験でも自分で学びながら
デザインがメインの仕事ができる環境を
手に入れる可能性も少なからずあります。

転職活動の情報収集のステップについては
下の記事で詳しく解説しているので参考に。

デザインの知識・技術を身に付ける。

次に並行して必要なデザイン知識や
スキルを身に付けていきましょう。

DTPオペレーターをしていたならば
基本は身に付いてるかもしれませんが、
例えば、グラフィックデザインならば
デザイン書籍等での学習も可能ですね。

また、Webデザイナーならオンラインの
スクールも効率的に学べておすすめです。
下記事でもWebデザインスクールを紹介。

これからのオンラインスクールでは、
プログラミング知識も同時に学習できる
講座・コースもかなりどこも豊富なので
長い目で見ても勉強する価値は有ります。

まずはデザイナーへの一歩を。

さてこの記事では、DTPオペレーターから、
デザイナーになれる可能性や目指すために
必要なステップについて書いてきました。

結論としては、DTPオペレーターから
デザイナーをこれから目指していくなら
既に持っているスキル踏まえて考えても、
そう難しいことでは決してありませんね。

まずは一歩踏み出すことが一番大切なので
今すぐ無料で簡単に始めることができる
「転職に関する情報収集」を始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする