ブランディング・ブランド作りの基本が学べる書籍・本まとめ

plant-money-up

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、ブランディングの基本を
学べる本をまとめた記事になります。

スポンサーリンク

ブランディング・ブランド作りの書籍

デザイナーとして仕事をしていると、
クライアントのイメージや魅せ方などの
ブランディングをトータルで手伝いする
機会をもらうこともあると思います。

しかしブランディングという領域の中で
「デザイン」はあくまで1つの手段です。

そこで、デザイナーとして
ブランディングに関わる場合に役立つ
ブランディングの全体像を理解し易い
おすすめの書籍をご紹介していきます。

下の記事でも説明していますが、
デザイナーは美しい見た目をデザインする
「狭義のデザイン」だけでは決してなく、
コンセプトやビジョンの戦略から関わる
「広義のデザイン」ができることが大切。

このような意味でもビジネスの観点から
「ブランディング」を理解できる書籍は、
役に立ってくるはずです。

スポンサーリンク

ブランディングの本・書籍まとめ

「ブランディングの書籍の一覧」

 系統  書籍名
 ブランディング
 ブランド作りの本
 社員を本気にさせる
 ブランド構築法
 ブランドのはじめかた
 ブランドのそだてかた
 小さな会社のはじめての
 ブランドの教科書
 ブランディング
 7つの原則 [実践編]

① 社員を本気にさせるブランド構築法

ブランドの構築が学べる書籍の一冊。

 特徴 ・「ブランド・マネージャー」を
 養成する専門機関である一般財団法人
 ブランド・マネージャー認定協会の本。
・ブランドの目的と定義から始まり、
 チームとしてブランディングを進める方法が
 ステップ順に分かり易く解説されている。
・まず始めにブランディングの全体像を
 理解するのに読んでおきたい書籍。
 おすすめの人 ・ブランディングを学びたい人
 その他  

② ブランドのはじめかた

ブランディングの考え方が学べる書籍。

 特徴 ・ブランディングデザイナーとして有名な
 エイトブランディングデザイン 西澤明洋氏と
 老舗をブランド化したことで有名な中川政七
 商店の中川淳氏の共著。
・様々な事例と共にエイトブランディングの
 提唱するフォーカスRPCDというステップに
 よるブランディングの考え方を学べる。
 おすすめの人 ・ブランディングを学びたい人
 その他  

③ ブランドのそだてかた

上記で紹介した「ブランドのはじめかた」の
続編となる書籍になります。

 特徴 ・「ブランドのはじめかた」がブランドを
 作る手法の本であることに対して、
「ブランドを育てる」にフォーカスして
 事例と共に学べる本。
 おすすめの人 ・ブランディングを学びたい人
 その他  

④ 小さな会社のはじめての
ブランドの教科書

小さな会社のブランド作りが学べる本。

 特徴 ・お金をできるだけかけずに小さな会社が
 ブランディングする手法を事例と共に解説。
・マーケティング的な観点から小さい会社の
 ブランディングの基本を学ぶ時に非常に
 分かり易い書籍。
 おすすめの人 ・ブランディングを学びたい人
 その他  

⑤ ブランディング 7つの原則 [実践編]

ブランディングの実践ノウハウが学べる本。

 特徴 ・大企業から中堅企業、製造業から小売り、
 飲食、エンターテインメントまで、
 10のブランディングストーリーを紹介。
・経営課題の解決にブランディングが
 どのように貢献しているかが分かる一冊。
 おすすめの人 ・ブランディングの実践ノウハウを
 学びたい人
 その他  

ブランディング戦略を
デザイナーとしてのブランドに。

この記事で紹介したブランディングに
関わる本の内容は、クライアントに対し
ブランディングデザインを提案する際や
デザイナーとしてのブランディングにも
役立ってきます。

これらの本の中で共通し訴えられてるのは
実は「フォーカスして差別化」すること。

当サイトdesignatureの次の記事の中でも
その重要性を書いています。

特にステップ ①「デザイナーとしての
専門分野を決める」という記事では、
その差別化の手法の1つを解説しています。

なお、その他のビジネス関連の書籍は、
下の記事に一通りまとめています。

スポンサーリンク

シェアする